飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ニュースフラッシュ一覧

  • 生タピオカ専門店 モッチャム

    タピオカブームをけん引する『生タピオカ専門店 モッチャム』が、6月8日に5号店を京都・河原町三条にオープン

    日本初の手ごね『生タピオカ専門店 モッチャム 』を運営する株式会社 オペレーションファクトリー(大阪:大阪市北区、東京:東京都渋谷区、代表取締役:笠島明裕)は6月8日(土)11時、難波2店舗、原宿店、福岡店に続き5号店を京都 河原町三条にオープンする。

     

    モッチャムとは100%という意味のベトナム語。出来立ての生タピオカにこだわり、タピオカ本来の美味しさを100%楽しむことができるタピオカドリンクを提供する。

     

    『はんなり宇治抹茶ミルク(620円)』や、『はんなりほうじ茶ラテ(650円)』といった河原町三条店限定のドリンクを用意。連日完売必至の同店に、新たなブームが加わる。

     

    【店舗情報】

    名称:生タピオカ専門店 モッチャム  河原町三条店

    住所:京都府京都市中京区大国町33番地 (河原町三条下ル)

    mail:100_sanjyo@opefac.com

    営業時間:11時~19時 (テイクアウトのみ、生タピオカ売切れ次第終了)

    HP:https://mottram100.com/

     

     

     

  • ヨドバシ梅田タワー

    大阪駅前の複合商業施設『ヨドバシ梅田タワー』が2019年秋に新たなランドマークとして開業

    株式会社ヨドバシホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役:藤沢昭和)は、大阪駅北口に現在建設中の複合商業施設の名称を『ヨドバシ梅田タワー』に決定した。

     

    『ヨドバシ梅田タワー』は既存のヨドバシカメラマルチメディア梅田に、約200店舗を集積する商業施設、約1000室のホテルを併設した大阪・梅田の新しいランドマークとして、2019年秋に開業を迎える。

     

    地下2階から地上8階の商業エリアには、アパレルや雑貨、飲食店など約200店舗が出店。ショッピングエリアやファミリー向けの大型キッズエリアをはじめ、コワーキングスペース、飲食店街とスーパーマーケットが一体となった大型の食のエンターテイメントエリアなど新しいライフスタイルを実現。

     

    大阪駅、大阪ステーションシティ、グランフロント大阪への周辺施設を繋ぐペデストリアンデッキの整備も進んでおり、アクセスも便利になる。またバスターミナルも導入し、観光の拠点としても国内のみならず海外からの観光客も訪れるエリアになりそうだ。

     

    【事業概要】

    名称:ヨドバシ梅田タワー

    階数:地下4階、地上35階

    主な用途:商業・ホテルなど

    延床面積:約110,100㎡

    施設構成(予定):

    商業部分(地下1階~地上8階) 約53,200㎡

    ホテル部分(地上9階~35階) 約41,500㎡

    駐車場部分(地下4階~地下2階) 車約400台

    HP:https://www.yodobashi.com/ec/support/news/190603326750/index.html

     

     

     

  • 韓式茶寮 九

    大阪初!韓国宮廷料理『韓式茶寮 九』が北新地に6月30日オープン

    株式会社QRAUD(本社:大阪市中央区、代表取締役:寺田幸宏)は2019年6月10日(月)、大阪・北新地に韓国宮廷料理店「韓式茶寮 九(いちじく)」をオープンする。

     

    同店は朝鮮時代に韓国の高貴な人のみが口にしていた「宮廷料理」を提供。陰陽五行思想に基づいた五味(甘・辛・酸・苦・塩)、五色(赤・緑・黄・白・黒)、五法(焼く・煮る・蒸す・炒める・生)をバランスよく取り入れたメニューが特徴だ。

    有名韓国料理店出身の関川シェフによるコース料理は、1万3000円、1万8000円(1人前、税別)の2種類。「毛蟹のケジャン」や「うにキムチ」、徳島県産黒鮑(くろあわび)とコンフィーした朝鮮人参のリゾットを合わせた「鮑のリゾット」、蒸しあげた毛蟹の餡をたっぷりとかけた「毛蟹のフカヒレステーキ」など、日本の高級食材をふんだんに使用し、素材を最大限に生かしている。

     

    完全予約制でビジネスでの接待や大切な人との記念日、デートなどさまざまなシーンでの利用が期待される。

     

    【店舗情報】

    名称:韓式茶寮 九(かんしきさりょう いちじく)

    住所:大阪府大阪市北区堂島浜1-4-4 1F 

    電話:06-6453-6070

    営業時間:18時~23時

    店舗面積:35坪

    席数:22席(個室1室含む)

    定休日:不定休

    HP:http://www.qraud.com/

     

     

     

  • OSAKA バンザイ酒蔵

    大阪・梅田に老舗酒蔵と人気居酒屋がタッグを組んだ『OSAKA バンザイ酒蔵』がオープン

    大阪・高槻にある寿酒造株式会社(高槻市富田町、代表取締役社長:橋本憲治)と、大阪駅前第2ビルの人気店『大衆酒場カミヤ』が、大阪の日本酒が堪能できる『OSAKA バンザイ酒蔵』をオープンした。

     

    寿酒造は創醸1822年の老舗酒蔵。『大衆酒場カミヤ』は梅田の大阪駅前第2ビルで人気を博した居酒屋。両社がタッグを組み、作り手から呑み手までをしっかりと橋渡しするフラッグショップをコンセプトに、ブームとしての日本酒から文化としての日本酒への第一歩を踏み出してもらえるお店を目指す。

     

    寿酒造の國乃長とは別にセレクト蔵を月替わりでご用意し、國乃長の蔵人、セレクト蔵の蔵人がお店で丁寧に説明してくれる日もある。フードメニューでは『大衆酒場カミヤ』名物の「ウニとイクラのこぼれ寿司」も堪能できる。日替わりのおばんざいは毎日来ても飽きさせないメニューを提供。一品280円からと、ひとり飲み使いにも便利だ。

     

    【店舗情報】

    店名:OSAKA バンザイ酒蔵

    住所:大阪市北区梅田1−2−2 大阪駅前第2ビル地下1階

    電話:06-6341-8855

    営業時間:月〜土:16時~23時20分(LO23時)、日:14時~21時(LO20時30分)

    店舗面積:10坪

    席数:カウンター11席、テーブル1席

    定休日:不定休

    HP:https://www.instagram.com/banzai_sakagura/

     

     

     

  • ふくまる通り57イメージ

    福島に新たな新名所『ふくまる通り57 』が2019年5月15日にオープン!

    阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:秦雅夫)と西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:来島達夫)が実施する「福島5丁目・7丁目共同開発計画」において、ホテルと商業施設が入居する複合ビルが2019年4月15日(月)に竣工し、5月15日(水)に開業した。

     

    12階建ての複合ビルとJR大阪環状線の間の新たな通りを、たくさんの「福」があふれる通りとしてにぎわうようにという思いを込めて『ふくまる通り57 』と命名。ホテル阪神大阪の別館である「ホテル阪神アネックス大阪」および「阪急オアシス 福島ふくまる通り57店」が出店する。

     

    ビルとJR高架下店舗が一体となった通りづくりを行うことで、周辺地域により一層のにぎわいをもたらす。

     

    【店舗情報】

    名称:ふくまる通り57

    住所:大阪市福島区福島5丁目18-25

    階数:地上1階~12 階

    HP:https://www.hanshin.co.jp/fukumarudori57/

     

    【テナント情報】

    店名:ホテル阪神アネックス大阪

    客室数:254 室

     

    店名:蕎麦酒房 ふくまる

    定休日:日・祝・年末年始 他

    営業時間:昼ランチ:11時~14時(LO13時45分)、ディナー: 17時30分~22時30分(LO22時)

     

    店名:阪急オアシス 福島ふくまる通り 57 店

    営業時間:10時~23時

  • BLT STEAK OSAKA

    NY発の人気ステーキ店『BLT STEAK OSAKA』が2019年6月に関西初上陸!

    株式会社平城苑(本社:東京都足立区、代表取締役:鏑木順之)は、六本木店、銀座店に続き日本3店舗目、世界16店舗目となる『BLT STEAK』を大阪・梅田のハービスPLAZA1階に2019年6月21日(金)にオープンする。

     

    ニューヨークタイムズ2つ星、ニューヨークポスト3つ星を受賞するなど、高い評価を得ている『BLT STEAK』。世界に15店舗を展開する人気ステーキ店が、関西に初上陸する。

    USDA(アメリカ農務省)認定の格付け最高位のプライムグレードの牛肉を使用し、じっくり自然熟成させた柔らかく香り高いステーキが自慢の一品。そのほか、フレッシュシーフードやサイドディッシュ、季節の食材を使ったブラックボードメニューも提供している。

    広々とした店内には、本格的バーやダイニング、個室があり、全120席のキャパシティ。東京の2店舗とは趣を変え、モダン&クラシックを共存させエレガントさを兼ね備えたこだわりの店舗になっている。

     

    【店舗情報】

    店名:BLT STEAK OSAKA

    住所:大阪府大阪市北区梅田2丁目5-25 ハービスPLAZA 1階

    電話番号:03-3573-1129 ※大阪店のお問い合わせは銀座店まで

    営業時間:ランチ:11時~15時 (LO14時30分)、ディナー:17時~23時 (LO22時) 

    店舗HP:https://bltsteak.jp/osaka

     

  • 大阪城下町

    大阪城公園に和モダンな仲見世『大阪城下町』が5月30日にオープン

    株式会社デジサーフ(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:高橋佳伸)は大阪城公園にある複合施設「JO-TERRACE OSAKA」内に日本初となる大阪・関西のうまいもん、ええもんを取りそろえた和のサードプレイス『大阪城下町』を5月30日(木)にオープンする。

    「JO-TERRACE OSAKA」内の約270坪の敷地を活用したスペースには、和のサードプレイスをコンセプトに全国各地の人気店を集めた「ラーメン小路」、各地のお酒を利き酒できるSAKEバーと和牛鉄板ステーキ「WAHAKU」、忍術を体験できる「VR NINJA」が楽しめる。

     

    「ラーメン小路」

    地元・関西の味はもちろん、日本全国から6店舗の味が集う。大阪初上陸の店舗もあり、。全てを堪能するための”とくべつ”な食べ比べプランも提供する。

     

    「和珀WAHAKU」

    関西を中心に日本各地から集めた日本酒と、サーロインやヘレなど上質な和肉がコラボした贅沢な空間。部位に合う日本酒のセットも提供。

     

    「忍者VR弥助」

    VR技術を駆使して現実さながらの忍術体験が楽しめるVR体験型施設。弥助のお店「忍者茶屋」では、抹茶と和菓子、忍者ソフトや忍者おにぎりも楽しめる。

     

    【店舗情報】

    店名:大阪城下町

    住所:大阪市中央区大阪城3-1 大阪城公園内 JO-TERRACE OSAKAE TERRACE 2F

    営業時間:11時~21時

    店舗HP:http://emarche.co.jp/osaka/

  • ダイワエクシード3店舗

    2019年5月、大阪・梅田に大人のダイニング3店舗が連続オープン!

    全国に会員制レストラン「エスカイヤクラブ」をはじめとした飲食店32店舗を展開する、株式会社ダイワエクシード(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:竹下 喜一郎)は、5月15日(水)『ステーキ&ワイン グリアンテ』、 5月21日(火)『TRAD BAR ESPRIT(トラッドバーエスプリ)』、 5月30日(木)『鮮魚×おでん×炭火焼き ごだいご』の3店舗を連続オープンする。

    『ステーキ&ワイン グリアンテ梅田』

    “厚切のステーキと至極のワインがお愉しみいただける大人のダイニング”をコンセプトに、じっくり時間を掛けて焼き上げる厚切のステーキは、「ニュージーランド産牧草牛サーロイン」(100g 1480円)をはじめ、厳選した品種および部位の中から好みの肉を選ぶことができる。ワインはお手軽価格から高級なものまで幅広い品揃えがあり、ワインバーとしても楽しめる。

    【店舗情報】

    住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目3-1 ギャザ阪急2F

    電話番号:06-6147-8615

    営業時間:ランチ:11時半~15時(LO14時)、ディナー:月~土17時~翌1時、日祝17時~24時

    定休日:偶数月(12月は除く)の第3日曜日、12月31日~1月2日

    店舗HP:http://www.daiwa-j.com/shop/griante/gyazahankyu/

    『TRAD BAR ESPRIT ギャザ阪急店』

    “食事も楽しめるBARで、JAZZと共に小粋なひとときを”をコンセプトにJAZZとお酒が楽しめる大人の社交場。「一世風靡のハイボール」(600円)や「山崎プレミアムハイボール」(1000円)をはじめ、カクテルやワインなど70種類以上を提供。ドリンクに加えて「プレミアムカツサンド」(1200円)や「The フィッシュ&チップス」(700円)など30種類以上のフードメニューが楽しめる。

    【店舗情報】

    住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目3-1 ギャザ阪急1F

    電話番号:06-6147-4110

    営業時間:日~木・祝日:17時~翌1時、金・土・祝前日:17時~翌2時

    定休日:偶数月(12月は除く)の第3日曜日、12月31日~1月2日

    店舗HP:http://www.daiwa-j.com/shop/esprit/gyazahankyu/

    『鮮魚×おでん×炭火焼き 梅田ごだいご』

    “鮮魚×京風おでん×備長炭炭火焼き3拍子揃ったお料理と美酒数々”をコンセプトに、新鮮な旬の魚介類が楽しめる「鮮魚三種盛り合わせ」(1280円)や、素材の味を活かした出汁が特徴の京風「おでん」(単品150円~)、こだわりの備長炭「炭火焼き」(串単品180円~)などの郷土料理や創作料理を提供。和食に合う日本酒・焼酎も豊富で、白木調の落ち着いた雰囲気のお店で食事やお酒が堪能できる。

    【店舗情報】

    住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目3-1 ギャザ阪急5F

    電話番号:06-6147-8682

    営業時間:月~木・土日祝:17時~24時、金・祝前日:17時~翌1時

    定休日:偶数月(12月は除く)の第3日曜日、12月31日~1月2日

    店舗HP:http://www.daiwa-j.com/shop/godaigo/gyazahankyu/

  • メルカパセオ_ピンチョス

    福島・高架下に、“スペイン横丁”『merca PASEO(メルカパセオ)』が5/15(水)オープン!

    阪神電気鉄道株式会社と西日本旅客鉄道株式会社が共同開発した新スポット「ふくまる通り57」のキッチン&マーケット第2弾として、株式会社KICHIRI(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:平田哲士)がスペインの「バル」と日本の「横丁」が融合した『merca PASEO(メルカパセオ)』をオープンする。


    「パエリア」「ピッツァ」「ハム&チーズ」「タパス&ピンチョス」「ローストミート」の5エリアを展開。それぞれのエリアで購入したフードを、店内や屋外のテントエリアで自由に飲食できる。


    目玉となるのは、チョリソーソーセージやチキンカツなどの肉系から、ニシンやアンチョビなど魚介系まで20種類以上の本格ピンチョス(すべて1本150円)。さらに当たりが出れば自分たち以外のグループへピンチョスかオリジナルドリンクをプレゼントできる「アミーゴピンチョス」も楽しめる。100種類以上のスペインワインや自家製サングリア、スペインビールなど、アルコールも充実している。


    【店舗情報】

    店名:merca PASEO(メルカパセオ)

    住所:大阪府大阪市福島区福島5丁目18-25

    電話番号:080-9425-7474

    営業時間:10時~23時

    定休日:年中無休

    店舗面積:87平方メートル

    席数:50席(店内、屋外含む)

  • 株式会社萬野屋が「やきにく萬野本店」を4月27日(土)に移転リニューアルオープン。新店舗は精肉工場と小売店を併設。

    株式会社萬野屋(本社:大阪府大阪市天王寺区 代表取締役:萬野和成)は、4月27日(土)「やきにく萬野本店」を移転リニューアルオープンする。

    1999年にオープンし、近隣住民に愛されてきた「やきにく萬野本店」は、6月に開店20周年を迎える節目となり、へと移転リニューアルする。

    総工費は2億円を超え、焼肉店に併設された精肉工場を見学することも可能となる。工場見学の目玉は、天井から吊るされた高さ約2メートルの枝肉。店舗では工場で捌いたばかりの新鮮な肉を焼肉で楽しむことができる。

    目玉メニューに「赤身肉盛り」(270g 3,200円、450g 5,300円、900g 10,500円)や、「肉寿司」(4貫 1,400円)のほか「囲炉裏焼き」など、特色あるメニューを提供する。

    小売店では卸値価格で購入できる和牛・ホルモンをはじめ、加工品も取り揃える。

     

    【店舗情報】

    店名:やきにく萬野本店

    住所:大阪府大阪市天王寺区国分町21-40

    電話番号:06-6775-1100

    営業時間:17時~23時30分

    定休日:不定休

    店舗面積:約130平方メートル

    席数:53席(カウンター15席、テーブル38席)

    客単価:5,500円

    公式HP:http://www.mannoya.com/

  • 第0回トンガリフェスを平成から令和に変わる4月30日に緊急開催決定!ダークサイドな街と呼ばれる梅田兎我野町のトンガッた飲食店が団結しカウントダウンを盛り上げる!

    第0回トンガリフェスを平成から令和に変わる4月30日に緊急開催決定!ダークサイドな街と呼ばれる梅田兎我野町のトンガッた飲食店が団結しカウントダウンを盛り上げる!

    夏にトンガリタウン(大阪梅田兎我野町)の飲食店オーナー達が集まってトンガリフェスをしようと計画していましたが、 平成から令和に変わる記念すべき日に街をアピールしたい!一致団結してカウントダウン乾杯をしたい!と思い、 緊急開催する事になりました。 昔は華やかな街でしたが、今ではダークサイドな街と呼ばれてしまい、せっかくトンガッたメニューとトンガッたお店とそこで働くトンガッたスタッフが一致団結して街を盛り上げたいと思っています! 当日限定の美味しいトンガッたメニューやサービスだけでなく、 SHOW GiG( https://showgig.fan )参加アーティストの突撃ライブも行います! ダークサイドなんて呼ばれたくない!元号が変わるタイミングで日の光を浴びたいなという想いを込めて開催します。 お客様の参加料は無料です。参加飲食店のお店で食べて飲んで踊って楽しむだけです。




    トンガリタウンとは・・・

    大阪市キタエリア(梅田駅周辺)に兎我野町というエリア。
    昔は、町内に関西テレビ(8チャンネル)があり、
    また、すぐ近くに読売新聞の本社があり、
    仕事帰りのサラリーマンで賑わって老舗のお店が多いグルメエリアでした。

    しかし、最近では呼び込み的な夜や性的なお店やラブホテルが中心の街のイメージになっています。

    でも、徐々にですが、古い物件を改装して、
    尖った飲食店が多くなってきており、
    カップルや若い方々がこぞって食事をするエリアになりつつあります。

    「そこで町の飲食店の店主達とちょっとイメージ変えたいなー。」
    「”裏なんば”みたいにわかりやすくて、裏ってついてない名前にしたいなー。」

    と話していて、思いついたネーミングが
    『トンガリタウン』なのです。

    兎我野(とがの)町 ⇒ とがの ⇒ とがってる ⇒ 尖ってるお店が増えている ⇒ トンガリタウン

    となりました。

    新しいグルメエリアになれたらと思ってます!

    第0回トンガリフェスを平成から令和に変わる4月30日に緊急開催決定!ダークサイドな街と呼ばれる梅田兎我野町のトンガッた飲食店が団結しカウントダウンを盛り上げる!

  • ワールド・ワンが3/21 神戸三宮に新業態「熊本火の国ワールド」をオープン

    株式会社ワールド・ワン(兵庫県神戸市中央区 代表取締役社長 河野 圭一)が、3月21日神戸三宮に新業態「熊本火の国ワールド」をオープンする。

    同業態は、熊本県と連携協定を締結し全面バックアップのもと、熊本郷土の味・雰囲気を体感できる業態として開発された。

    馬肉、あか牛、地鶏の天草大王、天草の地だこに太刀魚など地元食材を活かした料理100種類以上をラインナップし、米焼酎ブランド「球磨(くま)焼酎」も全28蔵分取り揃えるなど、熊本の名産を前面に押し出した地域振興型飲食店となる。

     

    【基本情報】
    ■住所:〒658-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目5-1 ニュー光陽ビル1階
    ■TEL:078-958-7155
    ■営業時間:17:00~24:00 (L.O.23:30)
    ■交通アクセス:JR神戸線三ノ宮駅 西口徒歩1分/ 阪急神戸線 神戸三宮駅徒歩1分/ 神戸市営地下鉄西神・山手線 三宮駅 東出口6より徒歩1分
    ■定休日:
    ■客単価想定:3,500円(通常)/ 4,000円(宴会)
    ■席数:110席(個室あり)
    ■会社HP:http://www.world-one-group.co.jp/

  • おかげさまで 4 周年 3 月 20 日大阪梅田 お初天神裏参道 感謝祭 2019 開催

    【おかげさまで 4 周年】 3 月 20 日大阪梅田・お初天神裏参道 感謝祭 2019 開催

    雲雀ヶ丘土地株式会社がプロデュースする【お初天神裏参道】は、2015 年の 12 店舗同時オープンからはじまりその年の秋に 4 店舗オープンし現在 16 店舗で運営しておりますが、お初天神裏参道は 3 月 20 日をもって 4 周年を迎える。

    日頃の感謝を込めて、今年も【お初天神裏参道感謝祭 2019】を開催する。

    今年の【道呑み】はスパークリングカクテルの【ウラサンミモザ】が登場お初天神裏参道内の特設スペースにて 10 枚綴りのドリンクチケットを 1,000 円で販売し、チケット1枚につき、ウラサンミモザ1杯と交換でき、お初天神裏参道で道呑みすることができる。

    新たな試みとして、オンラインサロンで話題沸騰中のクリエイティブ集団【前田デザイン室】とのコラボも決定し、今回のポスターデザインや T シャツデザインを担当、お初天神裏参道感謝祭が昨年にも増して一体で盛り上がるイベントとなる。

    また、感謝祭当日にはポスターなどに記載されているQRコードを読み込むと、今年お初天神裏参道に関する【梅田を賑わすビックニュース】の発表を見ることができる。

    ※詳細は3月20日に、発表サイト(https://urasan.maeda-design-room.net/)でも確認できる。


    概要
    ♦場所 お初天神裏参道内(大阪市北区曾根崎2-10-10)
    ♦アクセス 東梅田駅から143m、JR大阪駅徒歩10分
    ♦日時 2019年 3月 20日 18時~
    ♦入場料 無料 ※但し、店舗飲食、特設スペースで販売する10枚綴りのドリンクチケット(1,000円)は別途必要

    ◆お問合せ先
    【お問い合わせ先】
    雲雀ヶ丘土地株式会社 吉本草彦
    〒530-0057 大阪市北区曾根崎 2-10-10 あーけるびる 4 階
    TEL:090-2044-3305
    MAIL:ohatsuurasan@gmail.com

  • 梅田高架下・茶屋町エリアに新しい飲食街が誕生!3月28日(木)に「茶屋町あるこ」がオープン

    阪急電鉄、阪急阪神不動産、ならびに阪急阪神ビルマネジメントは、阪急梅田駅北側の高架下に新たな飲食街「茶屋町あるこ」を3月28日(木)にオープンする。

    歩道沿いに路面型の7店舗を新たに配置し、梅田・茶屋町エリアの“まち歩き”を促す。業態は「ベーカリーカフェ」、「串揚げ」、「イタリアン」、「ステーキ」、「スペイン料理」、「日本酒バル」、「中華」といったバラエティ豊かな7店舗。客が用途や時間帯に応じて利用できる。

    「茶屋町あるこ」の名称は、阪急梅田駅から北に伸びる高架の線形が弓状になっていることから、イタリア語で弦楽器の“弓”を意味する“arco(あるこ)”を使用。歩道が整備されて快適になった梅田・茶屋町エリアを楽しく“歩こう”というメッセージを込められているという。



    【施設概要】
    ■施設名称 茶屋町あるこ
    ■HP https://arco.hankyu.co.jp/
    ■所在地 大阪市北区芝田一丁目6番2号
    ※旧「阪急古書のまち」跡(高架下1階部分)
    ■開業年月日 2019年3月28日(木)
    ■店舗面積 約620平米
    ■店舗数 7店舗(業態は以下の通り)
    (1)THE CITY BAKERY(ザ シティ ベーカリー)
    (2)串揚げキッチン だん
    (3)TORERO TAKEUCHI(トレーロ タケウチ)
    (4)CarneSio west(カルネジーオ ウエスト)
    (5)Maspi(マスピ)
    (6)茶屋町Marry(チャヤマチマリー)
    (7)SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋(シビレヌードルズ ロウソクヤ)

  • 1月11日鮨船「楼船 さえ㐂」が水都大阪に誕生!予約が取れない名店・元北新地の「鮨 さえ㐂」が手掛ける

    株式会社Osaka Riverside Resort(大阪市浪速区湊町1-4-1 6F、代表取締役:倉岡 まどか、松本 篤)は、2019年1月11日(金)にカウンターで鮨が楽しめる船「楼船 さえ㐂」をオープンする。プロデュースは、2018年6月に惜しまれつつも閉店した北新地の名店「鮨 さえ㐂(き)」。船内にカウンターを設ける鮨船は日本初という。大阪の景観を眺めながら、一流の鮨職人が目の前で握る鮨とアテを楽しめる。

    定員は全8名で、カウンター席のみ。メニューは「鮨 さえ㐂」の大将を務めた佐伯裕史(さえき ひろし)氏がプロデュースしたお任せコース(税込2万1,600円、※<佐伯>の日は、税込3万2,400円)のみで、内容は月ごとに替わるという。※飲み物は別途

    周遊時間は約2時間30分。中央卸売市場前港を発着地とし、海遊館の観覧車、みなと大橋、天保山大橋など、大阪ベイエリアの景色を一流鮨職人の鮨とともに楽しめる。天保山岸壁に停泊している旅客船や外国船を見られることもあるという。

    ※潮位や天候により、ルートを変更する場合あり。

     

    ◇鮨船「楼船 さえ㐂」 店舗情報◇
    【店  名】楼船 さえ㐂(ロウセン サエキ)
    【乗船住所】大阪府大阪市福島区野田1丁目 (安治川右岸)
    【営業時間】ランチ=12:00開始、ディナー=17:30開始
    【料  金】お任せコース=2万円(税込2万1,600円)
          《佐伯》お任せコース=3万円(税込3万2,400円)
          ※別途、飲み物代を頂戴いたします
    【乗船時間】150分
    【席  数】全8席(カウンター席のみ)
    【定 休 日】不定休
    【予約方法】https://www.tablecheck.com./shops/rousen-saeki/reserve

3 / 1112345...10...最後 »
Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.