飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

唯一無二!新感覚もんじゃ焼きを大阪に。コロナ禍で新業態を開拓したダイナックの挑戦!


粉もん文化の大阪の、それもイマドキグルメが軒並み連なる裏天満にもんじゃ焼きを仕掛ける株式会社ダイナックとはどんな会社なのだろうか。

ダイナックは、1958年に飲食経営事業の株式会社新宿東京会館として創業したのが始まりで、現在は「食の楽しさをダイナミックにクリエイトする」を企業理念に掲げ、バーレストランを中心に様々な業態に挑戦を続けている。
そのノウハウを活かして取り組んだ事業は、パーティ・ケータリングサービスの企画・運営・進行、劇場や音楽ホールなどの文化施設内レストラン・ドリンクコーナーの受託運営、EC事業に至るまで拡大している。
主軸となっているバーレストラン事業は、東京・大阪をメインに高単価和食業態の「Dynamic Kitchen & Bar 響」など約50種もの多彩なブランドを展開。(2022年11月25日現在)
コロナ禍でダメージを受けている飲食店が多い中、世の中の生活の変化にも対応し「純けい焼鳥 ニドサンド」「焼鳥 ハレツバメ」「釣宿酒場 マヅメ」「&BEEF」「Asian Night Market ニューハノイ」などのブランドを今春より立ち上げ、絶妙なターゲティングで常に攻め続けている。
中でも「純けい焼鳥 ニドサンド」は若年層向けに新業態として展開した結果、予約必須のお洒落な「ネオ大衆居酒屋」となり大きな成功を収めた。
オフィス街に出店しサラリーマンの宴会・社用使いに対応した居酒屋ビジネスから転換を図り、ビジネス需要からプライベート需要へ切替え、ターゲットもミレニアル世代にしたネオ酒場や郊外駅前・商業施設でのファミリー向けの食業態など新たなポートフォリオを拡充している。
粉もん文化の根強いここ大阪で、客席81席と大型店舗でもんじゃで真っ向勝負を挑めるのは、コロナ禍でも新しいターゲットを開拓してきたダイナックならではと言える。


店舗データ

店名 元祖海老出汁 もんじゃのえびせん
住所 大阪府大阪市北区池田町6-6
電話 06-6867-7760
営業時間 平日16:00-24:00 土日祝12:00-24:00(L.O.フード23:00、ドリンク23:30)
定休日 なし
坪数客数 店内78席、テラス3席 計81席/43坪
オープン日 2022年11月30日
関連リンク Instagram

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.