飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

あの『オオサカチャオメン』が梅田の人気エリア”ウラサン”に2店舗目を出店!

オオサカチャオメンへの熱い思いが変わらない上甲さんとスタッフさんたち
酒のアテにもぴったりなチャオメンが日本の食文化になる日が楽しみ!
ウラサンで湯気と「チャオメン」の文字を探してみて!

2019年10月、1店舗目となる『酒と肴とせいろ蒸し オオサカチャオメン』をオープンさせた上甲博司氏。当初から人気店との呼び声が高く、わずか半年である程度のカタチができたという同店。2021年4月10日に2店舗目を、お初天神裏参道にオープン。変わらず「チャオメン」への熱意を持ち、独立当時から思い描いた夢への軌跡が始まった。

チャオメンが人気エリアお初天神裏参道にやってくる!

お初天神裏参道(ウラサン)の人気店『活海老バル orb 裏参道』に12年勤めていた上甲氏。1店舗目出店の際にも、ウラサンへの出店のお誘いをいただいていたという。「1店舗目は以前のお店と別エリアで考えていたので、肥後橋にオープンしました。2店舗目を考えていた時に、最高のタイミングでお誘いを受けて出店を決めました」。しかし、人は多いものの、やはりコロナの影響はウラサンにもあったようだ。「全盛期のウラサンを知っているので、やっぱり人が少ないなと。早く以前のような活気を取り戻したいですね」。

ウラサンのターゲット層に合わせた新しいツールとは

2店舗目となる同店も、チャオメンやせいろ蒸しといったメニューは基本的には変わらない。ただウラサンに足を運ぶ客層に合わせて外観などを考え、さらにオーダーやメニューの方法も新しくツールを導入したという。「今回フェイスオーダーシステムを新しく導入しました。各テーブルにタブレットを置いて、呼び出しするとスタッフと画面越しにやり取りできるんです。非接触だからコロナ禍にもぴったりで、スタッフがテーブルまでオーダーを取りに行くという手間も省けるから、一石二鳥ですね。また、テーブルにメニュー表は置かず、LINEで見てもらうようにします。スマホで各自がメニューを見ることができて便利だし、メニューを見るためにLINE公式アカウントで友達登録してもらえるので、これも一石二鳥なんです」。ウラサンに来る客層を考えた時に、スマホを活用しない手はないと思ったのだとか。「ウラサンの店は店舗が2階と3階だから、各階にスタッフが必要になりますが、このオーダー方法ならスタッフの手間も軽減できます。LINEのメニュー表は、他のお店にもおすすめしたいくらいです」。

チャオメンが好きすぎて。一番の目標はチャオメン専門店!

チャオメンが好きすぎる上甲氏の独立当初からの目標は、チャオメン専門店を開くこと。そのために、まずはチャオメンを広めていかなければいけないという。「カリっとした麺のチャオメンは、〆ではなく酒のアテとして食べてほしいんです。僕の最終目標はチャオメンがもっと全国的に広まって、チャオメン専門店をオープンすること。そこからさらに浸透して『今日の夕飯はチャーハンやで』みたいなノリで『今日の夕飯はチャオメンやで』というのが当たり前なくらいに、日本の食文化になってほしい。そこに至るまでに100店舗必要なら100店舗でもやる覚悟です」。上甲氏の大きな夢への軌跡は、ここから始まる。

 

※文中の価格はすべて税込み

(取材=佐藤 裕子)

店舗データ

店名 肉汁シウマイとせいろ蒸し オオサカチャオメン お初天神裏参道(にくじゅうしうまいとせいろむし おおさかちゃおめん おはつてんじんうらさんどう)
住所 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目10-8 2階
アクセス OsakaMetro御堂筋線梅田駅、JR大阪駅から徒歩約5分、谷町線東梅田駅から徒歩約2分
電話 06-6940-0094
営業時間 17:00~0:00(変更になる可能性あり)
定休日 なし
坪数客数 15坪、30席(2階・3階含む)
客単価 3500円
オープン日 2021年4月10日
関連リンク HP
関連ページ 和食×中華の新たな居酒屋『酒と肴とせいろ蒸し オオサカチャオメン』が肥後橋にオープン!

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.