飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

行列必至の人気店『タイ屋台料理999』が大阪初出店!屋台へのこだわりとは?

心理学の知識を活かし、経営や店舗運営を行う新井さん。その手腕はメニューやインテリアにも!
『ムーガタ』(1人前1980円~)は大人数でワイワイ楽しむのが醍醐味!3階の開放的なスペースで味わって!
世界的に有名なお店で修業してきたシェフによる『カオマンガイ』(980円)は、オーダーが入ってから一つひとつ丁寧に作っている。
タイ料理にはタイのビール『シンハー生ビール』(690円)。生で飲めるお店は少ないのでぜひ!
内装やインテリアもタイの屋台を再現。お店に一歩入ればタイに来たみたい?!
風を感じて楽しむ『ムーガタ』は、ここ3階でしか食べられない。都心とは思えない開放感!
アクセスも便利なお初天神裏参道にあるお店。カラフルな飾りやタイ語が遠くからでも目立つ。

東京でタイ屋台料理屋を展開する株式会社カオカオカオが、満を持して関西初となる店舗を9月28日にオープンした。学生時代は心理学を専攻していた代表取締役の新井勇佑氏は、これまで飲食業界になかったビジネスモデルを展開。タイ屋台料理の店をオープンするまでの経緯や、こだわりなどについて話を伺った。

タイ屋台料理とタイ料理は別モノ?!本場のタイ屋台をとことん追求!

学生時代は心理学の研究に携わっていた新井氏。心理学の道へ進まず、あえて別の業界でその知識を発揮したいと飲食業界へ。たまたま立ち寄ったタイ料理の店でその可能性を見出し、3年修行した後、独立。以前から考えていたビジネスモデルで自ら飲食の運営に挑戦した。「飲食店の経営は、美味しい食事と接客だけでは成り立ちません。もっと論理的に考えて、計画的に実行できるビジネスモデルが必要だと思っていました。そこで私は物件や人材、財務などをすべて外部のプロにお任せし、組織経営という形を導入しています」と新井氏。また、リサーチを重ねてタイ料理でも日本にあまりないタイ屋台料理に特化し、タイ料理×居酒屋という新しい業態での店舗展開を確立した。「日本の多くのタイ料理と言えば、実はタイの高級料理。しかしそれはタイを訪れる観光客や富裕層が食べる料理で、タイの一般的な人たちが食べる屋台料理とは別物なんです。タイ料理は西洋の文化が入っているので味の決め手はソース。奥行きや甘み、塩気を感じるのが特徴です。これに対してタイ屋台料理は素材を足して味を作っていくから味が薄めです。この本場のタイ屋台料理を日本で広く知ってもらいたいという思いから、調味料や店内の装飾などもタイの屋台にこだわっているんです」。

焼肉×鍋×薬膳の『ムーガタ』を全店舗に先駆けてスタート!

同店の目玉となるメニューは、鍋と焼肉が同時に楽しめる『ムーガタ』(1人前1980円~)は、全店舗に先駆けて梅田店で導入されるタイの名物料理だ。『ムーガタ』はジンギスカン鍋で肉を焼きながら鍋の淵では野菜も楽しめるお得な料理。鶏から出汁を取り、さらに薬膳を煮込んでいるから美味しくかつヘルシーな一品となっている。同店では本場タイと同様に野菜が食べ放題のバイキング形式で、大人数で賑やかに鍋を囲むと、より一層美味しくなると新井氏。「タイ料理は、タイでの認知度が日本での認知度につながっています。でもこの『ムーガタ』は例外で、タイで認知されているのに日本ではあまり知られていません。当社のミッションとして、本場のタイ屋台料理を広めていく上では、この『ムーガタ』をやっていかなければと思っていました。『ムーガタ』の最後の調味料は“風”だと思っています。この梅田店の開放的な3階で、風を感じながら楽しんでほしいですね」。同店のフードに合わせてオススメなのが、生ではなかなか置いていないタイのビール、『シンハー生ビール』(690円)やビールに氷を入れて飲む『アイスドラフト』(550円)、『スイカビール』(590円)など、タイ料理に合うタイならではのお酒が堪能できる。

美味しいだけではダメ?!タイ屋台へのこだわり

メニューはもちろん、調味料などもタイ産にこだわっている同店。中には日本人の口には合わないものもあるという。「当店の味を美味しいと思ってくれる人もいれば、美味しくないと感じる人もいます。でもそれがタイ屋台料理の味。タイが好きな人や、タイに駐在していた人からは懐かしいと言っていただいています。メニュー開発も、ただ美味しいだけではダメ。それがタイの味でなければ、美味しくてもメニューにはなりません。逆に少しまずくても、それがタイの味なら採用することもあります」と新井氏。あくまでも本場のタイ屋台にこだわり続けている。「今後も日本にないタイの味を伝えていくために、今あるメニューをさらに磨いていきたいと思っています」。大阪でも行列必至の人気店で、本場タイ屋台の味と雰囲気を楽しんでみたい。

※文中の価格はすべて税抜き

(取材=佐藤 裕子)

店舗データ

店名 タイ屋台料理999梅田店(たいやたいりょうり かおかおかお うめだてん)
住所 大阪府大阪市北区曾根崎9 2-9-17
アクセス OsakaMetro谷町線 東梅田駅より徒歩2分、御堂筋線 梅田駅より徒歩5分
電話 06-7220-9082
営業時間 月~木17:00~24:00(L.O.フード23:00、ドリンク23:30)、金17:00~翌5:00(L.O.フード4:00、ドリンク4:30)、土祝前日16:00~翌5:00(L.O.フード4:00、ドリンク4:30)、日16:00~24:00(L.O.フード23:00、ドリンク23:30)
定休日 なし
坪数客数 36坪、60席
客単価 3000円~4000円
運営会社 株式会社カオカオカオ
オープン日 2019年9月28日
関連リンク HP

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.