飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

昼は玉造の人気ラーメン店「メン太ジスタ」、夜は手包みの本格餃子を提供する二毛作!2月26日「船場餃子工房ドドンパ酒場」が博労町にオープン

1階はカウンターとテーブル席。シンプルでメリハリの利いたインパクトのあるデザインは、フースタ関西でもおなじみ、カームデザイン金澤氏によるもの。
赤いファサード思い切りのいい文字のレイアウトが目印。界隈は企業や小さい商店が並ぶ静かなオフィス街でひときわ目立つ。2階建て、全50席。
国産食材と手包みにこだわるクラフト餃子(3個270円~)は、食べごたえアリの大きめサイズ。パクチーやトマトチーズなど変わり餡も。
数量限定の極旨ドドンパ坦々麺(950円)。無類のラーメン好きの松山氏が、鳥ガラと醤油、魚介をブレンドしたオリジナルスープがベース。本店でも人気の、「どろそば濃厚鶏白湯」(950円)、「メン太そば」(800円)など全10種。ランチは食券で購入する。
代表の松山勝氏。大学までサッカーをしていたこともあり、選手生命の短いサッカー選手のセカンドキャリアの場としても飲食店を活用したいと構想中だ。

東心斎橋の「和ばぁる魁」「ワイン食堂ファンタジスタ」、女性店主が話題の「麺喰い メン太ジスタ」、などを展開しているマツコーポレーション(大阪市天王寺区、代表取締役・松山勝氏)の新店「船場餃子工房ドドンパ酒場」がオープンした。「麺喰い メン太ジスタ」はラーメンブロガーの間から火がついた人気店。ランチではその味を提供し、定番の「中華そば」(700円)、和え麺「だにえるパンチ」(900円)、イチ押し「極旨ドドンパ坦々麺」(950円)など10種をラインアップしている。ディナータイムは、ラーメン店の様相をガラリと変え、オリジナルの「クラフト餃子」で勝負。国産小麦と全粒粉の皮、国産食材のみを使用した餡、職人による手包みにこだわった餃子(3個270円~)をメインに、一品料理も充実。昼はラーメンファンをがっちり掴み、夜は界隈で働くビジネスマンのサク飲みや宴会ニーズも取り込める二毛作業態となっている。今回、夜に餃子をもってきた理由を、代表の松山氏はこう語る。「これまで当社がやってきた店はどこもお客様との距離が近いことが魅力の一つでしたが、フード比率は3割、ドリンク7割という飲みが主体。次の店ではフード比率を高め、飲食店としての価値をより上げられるよう、フードとお酒が両方出る業態を考えていたところ、ラーメン店では脇役であった餃子を主役とした酒場がイメージできたんです」。餃子メニューの一番人気は「ドドンパおすすめ餃子盛り」(10個980円)。全粒粉100%の餃子、カレーやトマトチーズ味などが入り食べ比べができる。ベジタブル、えび、パクチー、スープ餃子など、変わり餃子もあり、女性人気を呼びそうな構成だ。「まずは定番のクラフト餃子を何もつけない“素食べ”で楽しんでほしい」と松山氏。店内手作りの味に自信を見せる。また、餃子を食べるときは誰しもビールや泡モノを飲みたくなる。そこに着目し、「ドドンパ酒場」ではスパークリングワインをグラス500円、フルボトル1500~3000円とリーズナブルに提供している。ハイボールは、角をはじめ、白州、山崎、柚子味、ジンジャーなど8種。ワインはもちろん、紹興酒も人気があり、3年380円からと破格だ。その他カクテルやサワーも揃い、「餃子屋」というより居酒屋遣いができる内容だ。オープン後、ランチタイムはすぐに人気を博し、3~4回転中。夜は一人客も多いというが概ね好調で、「今後は貸切をウリに宴会ニーズをつかみに行きたい」」と松山氏。松山氏は以前大手インフラ企業の会社員で、「年間350日は飲み歩いていた」という飲食好きが高じ、在職中から飲食店経営を始め、すぐに「和ばぁる魁」をヒットさせた。人気店に成長させるまでのセオリーやストーリー作りは得意なようで、今後の出店イメージも明確だ。「『メン太ジスタ』は女性店主を打ち出し、ブロガーさんから注目を集めヒットすることができました。今回はそのメン太ジスタを引っ提げてオフィス街に進出し、父親世代への訴求を狙っています。次の出店場所はロードサイド。『あそこのお店、うちのお父さんの会社の近所にあるわ』とファミリー層に親近感を持っていただき利用機会につなげてもらうイメージです。そのためには、あと1軒はオフィス街でやって成功させたいですね」。店の経営や人育ても直感で動くタイプ。「特別なことはない」と語るが、全国の街場で飲み歩いてきた経験の成せる業であることは言うまでもない。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 船場餃子工房ドドンパ酒場&大阪玉造メン太ジスタ参番手
住所 大阪市中央区博労町2-6-13
アクセス 地下鉄鶴見緑地線「長堀橋」駅から徒歩約5分
電話 06-4708-4375
営業時間 11:00~18:00(大阪玉造メン太ジスタ参番手)、16:00~24:00、金・土・祝前日翌2:00(船場餃子工房ドドンパ酒場)
定休日 日曜休み
坪数客数 20坪(2階建て)、50席
客単価 ランチ850円、ディナー2500~3000円
運営会社 株式会社マツコーポレーション
関連リンク (食べログ)
関連リンク (ぐるなび)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.