飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

参加者230名が芋焼酎でホロ酔いに!? 若手経営者4名、老舗焼酎メーカー代表が登壇した第3回エフロクレポート

エフロク幹事顧問を務める、鳥貴族・大倉忠司氏。
左から、フードスタジアム関西・今富信至、RETOWN松本氏、萬野屋・萬野氏、五つのな白柳氏、ぽちり澤原氏、リジカーレン大橋氏、シナジーカフェ春名氏。
「多くのメーカーは商品を飲んでくれる人をお客様ではなく“消費者”と言う。そこがもう我々の業界の間違いだと思う」と、西酒造の西氏(写真左)。
現在40歳の西氏。好きなことは「設備投資。金があれば、高級車を買うより立派な蔵を作りたい」。
第3部は交流会。「ゆめ八」のガーデンコーナーでは、各種宝山がふるまわれた。

去る1月23日、関西飲食店のオーナー・外食関係者交流会「FLAT6」ことエフロクが、道頓堀「ゆめ八」で開催されました。今回で3回目となるエフロク。過去には、マスコミ業界から突如野菜生産・仕入れルートを開拓、野菜に特化した飲食店経営をスタートし、話題となっている国立ファームの高橋がなり氏、東京を中心に100店舗100業態を達成したダイヤモンドダイニングの松村厚久氏など、関西圏にとらわれない飲食業界の注目人物が登壇し、回を追うごとに参加者数や会場の熱気が増している交流会です。今回はいつも以上の熱気と共に、「刺激になった」「感動した」という声が多数聞かれた有意義な4時間となりました。第一部は、若手経営者のトークセッションと題し、いま関西で勢いのあるオーナー4名が登壇しました。難波、心斎橋界隈でエンタテインメント性溢れる串カツ店「串カツ えびす」を展開する白柳好章氏(五つのな)、関西の代表的食材・ふぐに心酔し、その価値や新しい食べ方を提案する、「大阪とらふぐの会」澤原将人氏(ぽちり)、ふんわりとした衣と食べやすいポーション、ワインとの組み合わせで女性を中心に支持を得る串カツ店「串カツ酒場」を引っさげる大橋孝朗氏(リジカーレン)、外食不況と言われて久しい神戸で、着実に集客・売上を伸ばす焼鳥店「にはとりや」を展開する春名良則氏(シナジーカフェ)。司会はRETOWN代表取締役の松本篤氏、萬野屋代表取締役の萬野和成氏。全員、飲食店経営を知り尽くした6人だけあって、質疑応答の内容は現場感溢れる非常にリアルなものとなりました。話題は開店資金の調達法やその金額、苦労話のほか、各人の給料の話に発展。人材育成、販促を含むメディア戦略、展望なども余すところなく本音を語っていただきました。印象的だったのは、4人に共通する「従業員がやりがいや夢を持てる店でありたい」という思い。若手が明るい将来を描ける業界に--。自ら現場でビールを注ぎ、調理し、1日中接客をしてきた(今なお現場に立つ方も)からこそ思うオーナーならではの考え方に、胸が熱くなった参加者は多かったはず。そして、さらに会場が熱気に包まれることになったのが、第二部。全国で人気を博す芋焼酎「宝山」のメーカーである西酒造株式会社より、代表取締役・西陽一郎氏が登壇。インタビュアーは鳥貴族の大倉忠司氏という、まさにエフロクだけの贅沢なコラボーレーションとなりました。外食経営者が集まる機会に、なぜ焼酎メーカーの社長が登壇するのか。それは西氏の焼酎作りや焼酎を通じた外食業発展への熱意に共感した大倉氏、ユウ・フードコーポレーションの谷祐一郎氏の発案から実現したもの。会場では、参加者全員でその思いを少しでも共有してもらいたいと、吉兆宝山、富乃宝山がふるまわれるという趣向を凝らした時間となりました。西氏は同社の8代目ながら、古い慣例に捉われない焼酎作りやブランドに縛られない柔軟な販路開拓の考え方などを披露。「プレミアがついているか知らんが焼酎1杯1000円とかアホかと思う」と、昨今の焼酎の高級化に苦言を呈し、「飲食店のプロの料理、空間、サービス、それらをさらに引き立てる存在として、“宝山”があるようにしたい。料理や空間がしっかりした飲食店で出してもらえるなら1杯280円でもかまわない」など人気ブランドの代表からは意外とも思えるような本音に、参加者の集中力はマックスに。西氏は「飲食店の経営者さんたちがこんなに大勢集まり、本音で語り合う場があるとは素晴らしい」とも語り、会場は大きな拍手に包まれました。次回は春頃の開催を予定。関西でも外食業界の交流会やセミナーは数あれど、より経営者の熱い思いがわかり、明日の糧となり、関西外食業界全体の活性に導く--。エフロクはそんな会でありたいと考えています。次回もぜひご期待ください。関西サードG 幹事会社経営者の皆様】幹事顧問●株式会社鳥貴族 代表取締役 大倉忠司氏幹事長●株式会社ワイズクルー・コーポレーション 代表取締役 山川博史氏副幹事長●株式会社未知インターナショナル 代表取締役 水本弥知秀氏 副幹事長●トラオム株式会社 代表取締役 堀江新一氏主な参加者 順不同:株式会社ワールドエイト 代表取締役 加藤由香氏/株式会社RETOWN 代表取締役 松本篤氏/株式会社ブルーコーポレーション 代表取締役 長谷川泰三氏/株式会社カームデザイン 代表取締役 金澤拓也氏/株式会社オベーションプラス 代表取締役 梅村雄士氏/有限会社蒲公英 藤田順也氏 等【事務局企業】株式会社ルートアンドアクティベーション フードスタジアム関西編集部/株式会社イー・フードビジネス・サポート/株式会社クレドール/株式会社ツナグ・ソリューションズ/株式会社be love company/株式会社フォーオール  

(取材=編集部)

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.