飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

6月6日、胡麻料理専門店「ごま屋ちゅう兵衛」天神橋店がオープン 味と価格に厳しいエリア、天神橋筋商店街で好発進!

居抜きで契約しても立地や導線を考えてほとんど作り変えるため、趣は各店舗によって変化。天神橋筋店は店内の様子がわかるよう外観を格子状に。
「料理はちゃんと味を決めてお出ししているのだから、醤油やソースは置きたくない」と、テーブルの調味料は胡麻のみ。
代表メニュー「こだわりの金胡麻豆腐」(480円)。旬の新しょうがを入れた「新しょうが胡麻豆腐」(480円)もある。
人気の「自家製ごまチーズ」(550円)。ニンニク、パセリ、金胡麻を合わせたクリームチーズがワインにも合う。
飲食業一筋の代表取締役、梅川福寿氏。胡麻以外にも京ねぎを使った居酒屋「葱八」も展開。

胡麻をふんだんに使った創作和食料理と焼酎をウリにした“ごまちゅう”こと、「ごま屋ちゅう兵衛」(チャレンジャー、大阪市福島区、代表取締役:梅川福寿氏)の天神橋店がオープンした。同業態はライセンス店を含め8店舗目。北新地や京橋、福島、千里などで展開し、健康志向の強い女性を中心に安定した集客と人気をキープしている。胡麻に特化した業態を開発したのは代表取締役の梅川福寿氏。10代から日本料理、ビアレストラン、お好み焼き、炉端などを経て、30歳で天神橋筋4丁目に居酒屋をオープンした。胡麻に注目したのが2002年ごろ。身内が病に倒れたことをきっかけに、改めて「食の大切さ」を見直したという。「居酒屋のメニューは酒に合わせると濃い味になりがち。果たしてカラダにいいのだろうかと悩み、自分の方向性を考え直しました」と梅川氏。そしてヘルシーな食材を探したところ、胡麻に肝機能の改善や脂肪酸の代謝、コレステロールや血圧の低下などが期待できることに着目。当時、豆腐やにんにく料理専門店などが増えてきたことも後押ししとなり、1号店を西中島に出店した。はじめこそ不調が続いたが、メディアに登場したことで一気に認知度がアップし、2年後には北新地店をオープンするに至った。看板メニューの「金胡麻豆腐」などにも使われている金胡麻は、宝塚にある「金ごま本舗」のものを使用。金胡麻とは、胡麻をじっくりと焙煎することで、はっきりとした味の輪郭と豊かな香りを引き出した逸品。市場価格は350g1200円ほどする高級品でもある。ちなみに、当初、金ごま本舗との取引は簡単にいかなかったそうで、仕入れを断られた逸話も。「でも他の胡麻を使うのは嫌で、普通にデパートで商品を購入していました。そうしたら金ごま本舗の方が、店に食べにきてくれて。料理に太鼓判を押してくれたことで取引できるようになったんです」胡麻メーカーも認めた料理は、和食をベースにした創作色豊かなアイデアメニュー。名物は「こだわりの金胡麻豆腐」(480円)。付けダレは、わさび醤油、生姜みそ、みたらしあんから選ぶことができる。豆腐は葛をふだんに使った、ふるふると柔らかな食感が特長で胡麻の風味が後を引く。人気メニューは手作り生地の「ガーリック黒ゴマピザ」(880円)、胡麻とハーブ風味のクリームチーズにクラッカーを添えた「自家製ごまチーズ」(550円)など。ほか、「摘みたて野菜のごま屋サラダ」(780円)、「アボカドとネギトロの香りのタルタル」(680円)など和洋折衷のバリエーションだ。焼酎は芋、麦はもちろん、胡麻焼酎の「紅乙女」(380円)「黒胡宝」(420円)など4種もスタンバイ。フードは系列店同士で6割を統一し、残りは各店の料理長が開発。梅川氏は各料理長とこまめにミーティングをもうけ、メニュー開発、人材教育、販促について指導している。「料理長といえども、接客や店長業務ができて当然。調理以外の仕事を任せることでヤル気やモチベーションを高められる環境にしたいとも考えていますし、どこでも通用するスタッフに育ってほしいと思います」今回の天神橋店はオープン後、月間売上500万円台も見込める好発進を切った。お客の6割は女性で、カラダに良いものを摂りたいという目的客が多いという。「もともとは、飲み屋で濃い酒のアテばかり注文するおじさん向けに作った業態だったんですが(苦笑)。お客さんって、ちゃんと店を見て選んでいるんだなと改めて実感しています」今後は、8、9月には女性スタッフだけで固めた同業態を出店予定。また、「大阪以外でもチャレンジしたいし、海外もありうるかも」と意欲的だ。「いずれにせよ、『食』に主点に置いたスタイルを貫いていきます」

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 胡麻料理 ごま屋ちゅう兵衛 天神橋筋店
住所 大阪市北区天神橋3-2-24
アクセス 地下鉄谷町線「南森町駅」、JR東西線「大阪天満宮駅」から 徒歩3分
電話 06-6948-8383
営業時間 ランチ月~金11:30~14:00(L.O.13:30)、ランチ土・日・祝11:30~15:00(L.O.14:30)、ディナー月~金17:00~23:30(L.O.23:00)、土・日・祝16:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 無休
坪数客数 17坪・33席
客単価 3200円
関連リンク 株式会社チャレンジャー

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.