飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

4月5日、OCAT内に「Green café(グリーンカフェ)」がオープン!施設再生の期待がかかる店舗の仕掛け人は、RETOWN松本氏

OCATの1F。カフェと野菜職場所を横並びに作り、間口をたっぷりとった店舗は開放感抜群。
「ポテトとベーコンのバーニャカウダサンド」(480円)。テイクアウトもできる。コーヒーや280円とリーズナブル。フードはすべて店内手作り。
パスタは「季節のトマトソーススパゲッティ」(700円)ほか、ぺペロンチーノやクリームソースもスタンバイ。追加料金で好きな野菜をトッピングもできる。
天満市場にある「ぷらら天満」内の青果店と提携した野菜直売所を併設。
天満市場からの仕入れだけに、野菜は一般的なスーパーよりも格安。

湊川にある「OCATモール」周辺が、最近賑やかだ。同施設は1996年にJR難波駅再開発の象徴としてオープンし、関西空港へ直行する電車と(現在は廃止)高速バスの出発口が作られた。しかし、年々利用者は減少。テナントの撤退も相次ぎ、近年は大阪市による他の三セクよろしく“閑散”というイメージが定着していた。しかしここへきて、OCAT周辺にタワーマンションの建設、大型ホームセンターや大手スーパー、ビジネスホテルのオープンなどが続き、それに伴い新しい飲食店の出店が目立ってきている。「Green café」もその一つ。約50坪の店舗に、新鮮野菜の直売所と野菜をふんだんに使った手作りのフードがそろうカフェとを併設し、ビジネスマンのランチや近隣住民のふだん使いの場所として人気を獲得しつつあるようだ。手掛けるのは、本サイトでもおなじみのRETOWN代表取締役・松本篤氏。20代の頃から、FC本部運営や業態開発に携わり、焼鳥「ちんどん」、岡山・千屋牛の焼肉店「犇屋」、勝浦直送のまぐろを提供する「ほんまや」などを経営、関西の業態開発の雄として注目されている人物。そんな同氏が今回「野菜」を扱うことになったのは、千屋牛や勝浦のまぐろと同じく、生産者の立場になった業態開発がきっかけ。従来の、複雑がゆえの生産者に利益をもたらさない流通のしくみを変えたいという思いが根底にある。「野菜の価格は農協や市場を通すことで常に不安定になりがちです。しかし、私が直接市場から野菜を仕入れて飲食店で提供することで、価格を安定させられるメリットがあると考えました。調理してお出しするなら多少形がよくないものでも使うこともできますから」。かねてから野菜をメインにした業態開発を思案していた松本氏が、知人に持ちかけられたのが「なんばOCAT」出店の話だった。同施設もテナントの撤退に苦しみ、松本氏の手腕を聞きつけ、施設再生の期待をかけたわけだ。4月5日のオープン以降、店舗の賑わいは松本氏も店長・吉田氏も予想以上のようだ。「お客様の4~5割は常連さんで、1日2、3回リピートする方もいらっしゃいます。近隣に住んでいる方のカフェ使い、会社員など、年齢層は本当に幅広いですね」と吉田氏。店内はコンセントや無線LANを設置しているため、パソコンを広げるビジネスマンの姿もめずらしくない。これまで同施設のテナントには少なかった光景だろう。メインのメニューはオリジナルサンドイッチ(3種460円~)やモチモチとした食感の生パスタ(700円~)。フードはどれも店内手作りで、特に「白身魚フライトオリーブソースのサンド」(460円)にはリピートも多い。ほか、店頭で絞る「フレッシュジュース」(3種380円)や、しょうがとスパイスをじっくりと煮出した「自家製ジンジャーエール」(380円)、サングリアやカクテルなども揃う。併設の野菜直売所は天満市場にある「ぷらら天満」内の青果店と提携。日常使いの格安な野菜がズラリと並び、商品が搬入される夕方には主婦層が大勢訪れる。「ぷらら天満」さながらの活気だ。吉田氏曰く「野菜を買ってからお茶をしにカフェを利用する方や、その逆のパターンもあります。OCATに入っている飲食店の方が買いにくることもありますよ。明らかに(OCATの)人の流れが変わったのではないでしょうか」取材時にも女性客やビジネスマンの一人客、旅行者らしき年配の集団客とさまざまな客層で賑わっていた同店。ここが、「なんばOCAT」の中だということを忘れそうになる。「施設再生」という期待を背負っての船出は好調なスタートを切ったが、次なるRETOWNの展開、松本氏の頭の中にあるものとは。「2つあって、まずは、鳥取や島根の酒蔵再生の一助になるような、立ち飲み業態の開発。もう一つは、野菜の直売所を併設したファミレスのようなポピュラーな業態。安くても良い食材を使ったメニューが並ぶお店です」。また、同氏から新鮮なキーワードを聞くことができた。今後も意外性のある立地と業態とで、関西の飲食シーンを活気づけてくれそうだ。 

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 Green café
住所 大阪市浪速区湊町1-4-1 ( OCATモール1F )
アクセス JR難波駅直結
電話 06-6534-8091
営業時間 8:00~21:00(20:30L.O)
定休日 無休
坪数客数 野菜直売所19.2坪、カフェ29.5坪、60席
客単価 600円
運営会社 株式会社RETOWN、株式会社RETOWN HUMAN
関連リンク RETOWN

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.