飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

3月28日、イベント設営などを手がけるムーヴが、船場センタービルに「サカホン酒場」をオープン!歴史あるビルに新風を起こし、活性化の起爆剤となるか

船場センタービル3号館・ジョイ船場50に誕生した「サカホン酒場」。老舗立ち並ぶ界隈に、新風を巻き起こすことが期待されている。
各業態のブースが並び、オーダーは各席でOK。お祭り的な雰囲気と気さくなサービスで、月商800万円を目指す。
自慢メニューは、「選べるそうざい」。カウンターで好きなだけ好きな物をどうぞ。
3~4名でシェアできるボリューム大の「からあげ盛り合わせ」(880円)。フードメニューは80種以上。
ユニークな性格で周囲に笑いをもたらす代表の江戸氏(左)と25歳の店長・伊東氏(右)。「人を楽しませる」ことは江戸氏の本分とするところだ。周りの飲食店ともコミュニケーションを取り、船場センタービル全体へ相乗効果をねらう。

1970年に誕生した、船場センタービル。地下鉄本町駅から堺筋本町駅を越え、1キロにもわたって約800店の繊維・ファッション・グルメの店やオフィスが立ち並ぶ。飲食街には、大阪ならではの「安い・早い・うまい」店が林立し、創業40年近く営業している店も少なくない。繊維業だけでなく、食においても大阪で昭和の昔からから栄える場所である。そんな船場センタービル3号館の飲食街「ジョイ船場50」に、ムーヴ(大阪市浪速区、代表取締役社長・江戸 勇雄氏)が、3月28日、「サカホン酒場」をオープンした。もともとイベント事業や広告代理業、業務請負業などを手がけ、全国11事業所を展開する同社。登録スタッフとして常時600~1000人を稼働させている。飲食事業に乗り出したのは5年前。普段、裏方の仕事が多くお客様と直接接する機会が少ないスタッフが飲食サービス業を経験することで、さらなるレベルアップを図ろうという思惑からだ。1号店として、大阪・なんばの本社1階で「カフェ&バー agio(アージョ)」を運営。そして今回、2号店となる「サカホン酒場」の出店経緯などについて代表取締役の江戸氏に話を伺った。「お祭り要素たっぷりの、イベント酒場をやりたい。お客様が、店を訪れたことをついつい誰かに喋りたくなるような、『人を楽しませる』という発想に基づいた飲食店ができれば―――」。そう同氏が語るように、イベント業的発想と飲食のノウハウを組み合せて生まれたのが、「サカホン酒場」である。コンセプトは、「人を元気に、街を元気に」。「人を楽しませる」ことにこだわるだけあって、サービスにお祭り要素やイベント性を盛り込む。たとえば、お客のバースデーでは、来店客全員に事前にクラッカーを渡しておき、一斉に「おめでとう!」と鳴らすサプライズ演出を。目指すは、「ここに来たら元気をもらえる、ワクワクする・・・」そんな想いを抱いてもらえる店。これまで、「ジョイ船場50」にて取り込めていなかった船場・本町界隈のビジネスパーソンやOLなどの集客をねらう。お祭り屋台をイメージした店内は、開放感たっぷり。フードコート形式をとり、全6業態を用意した。その全貌は、魚専門店の「せとうち播磨水産」、唐揚げ・串カツの「あげもんや」、お好み焼など鉄板料理の「やき蔵」、野菜メニューを扱う「イサオ農園」、もつ鍋やホルモン料理の「もつ心」、ドリンクメニューを提供する「駅前酒場」といった6業態。来店客に選ぶ楽しさを提供している。「ジョイ船場50の飲食店はどこもかなり安い。メニューはあえてスタンダードにして、リーズナブルな価格で提供することにこだわった」と、同氏が言う通り、「刺身盛り合わせ」(880円)、「串カツ」(1串100円~)、「ねぎ焼き」(580円)、「もつ鍋の赤鍋」(1人前880円)など、定番居酒屋メニューが充実。「生ビール」(290円)、「駅前ハイボール(290円)」、「かちわりワイン」(ジョッキ・350円)も、“センバ価格”に合わせた。もう一つの自慢メニューが、「選べるそうざい」(380円、大盛り880円)。付き出しの代わりに、お客はカウンターにて決められたお皿で好きな惣菜を好きなだけ盛ることができる。フード80種類以上、ドリンク50種類以上と、メニュー数の多さも特徴的だ。また今回の出店には、こんな思惑も。「ジョイ船場50」には、船場センタービルの創業時からある飲食店が数多く、よくもわるくも、古くからのスタイルがずっと続いてきた。この場所に新規オープンするにあたり、船場センタービルの方には、閉鎖的な商店街に新しい風を吹き込んでほしいとご期待いただいていますね。サカホン酒場ならではの、お客様を楽しませるサービスも他店へ広げられたら・・・。当社は、ビル全体のイベント企画なども任されており、相乗効果で商店街全体を盛り上げていきたいですね」。今後の飲食事業については、「まずはサカホン酒場を軌道に乗せ、飲食のノウハウを社内にもっと蓄積していきたい。商店街そのものを元気にできるような飲食店の事例を作っていければ――」。商店街の復興という役目も担う、サカホン酒場。ここから新たな飲食店の可能性が広がっていくことを期待したい。

(取材=箱部佐知)

店舗データ

店名 サカホン酒場
住所 大阪市中央区船場中央1-4-3 ( 船場センタービル3号館B2 ジョイ船場50 )
アクセス 地下鉄堺筋線堺筋本町駅より徒歩1分
電話 06-6282-7654
営業時間 11:00~23:00
定休日 日・祝 ( 館内営業日に順ずる )
坪数客数 66坪・132席
客単価 ランチ850円、ディナー1500~3500円
運営会社 株式会社ムーヴ
関連リンク サカホン酒場(ぐるなび)
関連リンク 株式会社ムーヴ(表示の際、音がでます)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.