飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

未知インターナショナルプロデュースのきのこ料理専門店 2月18日、北堀江に「きのこの道」がオープン

カウンターの鉄板では焼きたてのお好み焼きが楽しめる。鍋を目当てに、女子会の利用も多いとか。
店内に置かれた「きのこセラー」。きのこ狩りは、魔法鍋のコース(2480円~)や魔法鉄板鍋の単品、コースで楽しめる。
話題の「きのことトリュフの魔法鍋」。コースのみの取り扱いで手ごねつくねや麦トロごはんなどがセット。鶏もも肉や豚バラ、トマトなどと食べる鉄板鍋バージョンもある(1人前780円、2人前から)。
キャベツ不使用でふわふわの食感「きのこと豆腐のお好み焼き」(4種500円~)。ほか、きのこのワイン蒸しやグラタン、シチューなど一品も充実。
「尖った業態は3年で飽きられるかもしれない。でも、だからこそ3年ごとに新しいものを生み出す感性が磨かれる」と水本氏。

糖質や脂肪の代謝を促進し、繊維質やビタミンが豊富で低カロリー。おまけに花粉症やガン細胞の抑制作用まで!? そんな健康維持と美容に欠かせない食材・きのこをふんだんに使ったメニューが揃う専門店が「きのこの道」だ。同店は、2010年1月に南船場にオープンした「きのこの里」船場本店、屋根裏堀江店の姉妹店。今回の「きのこの道」は、もともと鉄板焼き店だった居抜き物件を活かし、きのこと豆腐のお好み焼きなど既存店にはなかったメニューをプラス。北堀江きっての個性派店舗としてオープンした。“きのこ料理専門店”という、これまでありそうでなかった業態を仕掛けたのは、未知インターナショナル代表取締役の水本弥知秀氏。ホテルのレストラン部門で接客サービスを身につけ、1997年25歳のときに、アメリカ村路地裏に今でいうところのバール「ヴァンド キッチン」をオープン。以来、「地鶏と豆冨料理 がっちり」、アジアンダイニング「KUUROO」、ラーメン店「味冨久」、「豚しゃぶとお菜料理 わだ家」など、多種多様の業態開発に取り組み、その鋭い感性と販促力で手がける店舗を次々とヒットさせてきた。そんなアイデアの宝庫のような同氏が今回、きのこ料理に注目した理由とは?「2年前の夏にダイエット効果のある料理で何かできないかなと漠然と考えていた時、偶然テレビ番組でタレントが1日200gのきのこを食べ続けて痩せたというのを観たんですよ。きのこの種類や調理法はなんでもよく、試しに会社の女子スタッフに“きのこ手当て”を渡して1ヶ月実践してもらったんです。じゃあ、みんな本当に4kgくらい痩せて。これは面白い!となったのがキッカケですね」始まりは偶然かもしれないが、ここからが水本流。メニューは一般的なきのこ料理の羅列ではなく、「やるならFC化できるようなメガブランドを目指す」と、インパクトのあるメインコンテンツを思考錯誤。そこで生まれたのが高級きのこであるトリュフを使った鍋料理「きのことトリュフの魔法鍋」だ。鍋にはトマトやキャベツなどのアンチエイジング素材もたっぷり加え、さらにコラーゲンボールを投入。おまけにワインセラーならぬ“きのこセラー”を導入し、菌床についたままのきのこを切り取って鍋に入れるという「きのこ狩り」のサービスもプラス。素材の味や風味がそのまま活かされているのはもちろん、エンターテインメント性に富み、各店ともに人気ナンバーワンメニューとなっている。きのこセラーは北堀江にある同社のビルで栽培し、成長させてから各店舗の専用室で保存。少し前、銀座で養蜂してつくる銀座ハチミツが話題となったが、こちらは言わば“北堀江産きのこ”だ。「きのこ料理やきのこセラーで、『なんか最近北堀江で“きのこ”がきてるぞ』みたいなイメージが生まれれば面白いなと。船場や堀江界隈はファッションの街。高感度で自分の個性をしっかり持っている人が多く、そんな街で飲食店をやろうと思うと尖ったコンセプトでないと無理なわけです。大盛や激辛というだけでは今は普通ですしね」と語る。トリュフやコラーゲン、きのこセラーといったキャッチーな素材を巧みに取り入れ、既存店はマスコミやネット上で話題となり、美容に関心の高い女性が集う店舗に成長した。同様のコンセプトを持つ新店「きのこの道」のブレイクも時間の問題だろう。出店計画は今年中に2~3店舗。立地よりも居抜き物件の内容次第で出店を決めるスタンスだ。最後に、いま進行中の計画を教えてもらった。「いろいろと面白い計画はありますが、1つはイタリアン系のお店を考えています。たぶんこれまで誰も見たこともないような業態になると思いますよ」

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 きのこ料理専門店 きのこの道
住所 大阪府大阪市西区北堀江1-4-14 ( H2OビルB1F )
アクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅から徒歩5分、地下鉄四つ橋線四ツ橋駅から徒歩1分、地下鉄長堀鶴見緑地線西大橋駅から徒歩5分
電話 06-6537-4346
営業時間 17:00~23:45 ( L.O.23:00 )
定休日 不定休
坪数客数 19席
客単価 3000円
運営会社 株式会社未知インターナショナル
関連リンク きのこの道(ぐるなび)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.