飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

梅田・お初天神、昭和から愛される個人店が並ぶ路地裏に、2月2日、SASAYAグループの新たな一手「炭屋キッチン やまや」がオープン!

梅田のお初天神(露天神社)の東南側一帯。細い路地に数坪の個店が軒を連ねる。
手打ちしたばかり、炭の香りまで練りこまれたパスタ。炭火焼きの素材と合うものをスタンバイ。
左下は、つきだしの「聖護院大根のピクルス」。ピクルスが苦手な人でもとっつきやすいよう、米酢で漬けこみ酸味をおさえた。炭火焼きの「アボカド」(左上)、「河内鴨ロース炙り~すりおろしりんご・バルサミコで」(右)。
もともと、30年続いたカラオケスナックだった物件。路地沿いの壁をとっぱらい、全面ガラス張りにしたことで5坪ながら閉塞感がない。
代表の細井氏(右)と店長の山下氏(左)。二人の信頼関係が、ブランド力の高いお店づくりを後押しする。

ミナミとキタで炭火焼鳥店・パスタ専門店など6店舗を展開。これまでフードスタジアム関西でも数回とりあげてきたSASAYAグループ(大阪市中央区、代表取締役・細井克司)が、梅田・お初天神に、2011年2月2日「炭火キッチン やまや」をオープンした。「店長の個性やアイデアを全面に出し、個人店を増やす感覚で出店したい」という細井氏の考えは、これまでのヘッドラインで紹介してきた通り。今回の「炭屋キッチン やまや」では、もちろん店長の山下氏が中心となって、立地選びからメニュー開発、内装の考案など全てを進めてきた。店長の山下氏は料理人出身の31歳。イタリアン・フレンチ・和食・焼鳥など多彩な業態での経験を活かし、「メニューは全て自分でアイデアを出し、カタチにしていった」という。まずは、もはや同グループのお家芸である、ツムラ本店の河内鴨とフランス原産の黒い地鶏、プレノアールの炭火焼。そこに店長のエッセンスが加わり、「河内鴨ロース炙り~すりおろしりんご・バルサミコで」(1000円)といった、組合せの妙といえる逸品が生まれた。野菜の炭火焼もユニークだ。「アボカド」(380円)は、四等分したアボカドを皮付きのまま豪快に炭火焼き。レコッタチーズをたっぷりのせ、はちみつの甘みとナッツの香ばしさと共に食す・・・アボカドのイメージを覆す、あっさりスイーツのような一皿に。気づけばすでに、若い女性だけでなく、中年の男性もオーダー必須の定番商品になっているそうだ。さらに、8種類の手打ちパスタメニューあり。ミナミで同社が運営するパスタ専門店「bamboo」と同じパスタを使っているのだろう・・・とは、安易な考え。やまやの店内で、竹炭茶を練りこみ手打ち麺を作るこだわりようだ。具材も炭火で炙り、「蘭王卵と生ベーコンの炭焼き職人風」(980円)など、炭の香りをまとった新感覚のパスタを提案。ドリンクは、「カールスバーグビール」(500円)、「乳酸菌コラーゲンチューハイ」(480円)など、店長チョイスの顔ぶれが並ぶ。SASAYAグループの中で独自路線をゆく「炭屋キッチン やまや」があるのは、梅田・お初天神裏。細い路地に、20年、30年と支持される個人店や、店主が1人で切り盛りする唯一無二の老舗がひしめく、梅田屈指のディープエリアだ。両氏は立地選定について、「路地を行く人は、口の肥えたお客様が多い。そんな場所で勝負してみようと思った」と、経緯を語る。一見して「一元さんお断り」かのような閉鎖的店構えが多い中で、「炭屋キッチン やまや」は異色だ。路地側が全面ガラス張り。明るい店長の人柄を象徴するごとく、「いつでも来てやー」と言わんばかりに解放感たっぷり。通いなれた食通も路地ビギナーも、ふと足を止めてしまう攻勢になっている。すでに、同社の「備長炭やきとり 笹屋」はミナミの横町に20代~30代を呼びこむことに成功しているが、「炭屋キッチン やまや」が梅田の古き良き路地裏の新時代を拓くのも、時間の問題だろう。「店の完成度には120%満足している。ただ、ここからは自分次第。どんどん進化していって、周辺の個人店のように10年、20年と続く店にしたい」と語る山下店長。目標月商400万円、1日3回転以上に向けて、さらに創意工夫を凝らしていく構えだ。今後の展開について、代表の細井氏が話してくれた。「今年4月、千日前で惣菜などを提供する和食店をオープンします。広さは20坪ほどで、グループとしては最大規模かな。女性2人が中心となって準備を進めていて、野菜の販売スペースを設けたり、店内中央をキッチンにしたり・・・かなりユニークな店になると思いますよ(笑)。10店舗、20店舗と、店長の個性が発揮されたお店を作りつづけていきたいですね」。

(取材=箱部佐知)

店舗データ

店名 炭屋キッチン やまや
住所 大阪市北区曽根崎2-5-37
アクセス 地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩8分、地下鉄谷町線東梅田駅より徒歩5分、(お初天神より徒歩7秒)
電話 06-6315-0338
営業時間 18:00~翌5:00(L.O.翌4:30)
定休日 無休
坪数客数 5坪・16席
客単価 3000円
運営会社 株式会社SASAYA

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.