飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

約100名の飲食店経営者、外食関係者が参加!第5回関西サードG主催・経営者交流会レポート

新年にふさわしく難波神社内の会議室で開催。真剣に聞きいる参加者の皆様。
左からフードスタジアム関西編集長・今富、ワイズクルーコーポーレーションの山川氏、鳥貴族より大倉氏。
左から、BIP吉森氏、レストランバンク林氏、A-PROJECT小林氏。会場でしか聞けない暴露(!?)話も飛び出した。
会議のラストは、ビール片手のラフな雰囲気の懇親会。業態やキャリアなど関係なく交流できる時間。

去る1月26日、大阪・本町にある難波神社会議場にて、関西サードG主催による「第5回関西飲食ベンチャー経営者交流会」が開催されました。関西サードGとは、創業間もないアーリーステージに立つ経営者やキラーコンテンツをもつスタートアップ企業の育成を目的とした経営者クラブで、2009年よりワイズクルー・コーポレーション(東日本オフィス・東京都港区)の代表取締役・山川博史氏が幹事長となり運営されています。5回目となった今回には、約100名の業界関係者の皆様が来場されました。今回のコンテンツの目玉は、鳥貴族(大阪市浪速区)代表取締役社長の大倉忠司氏による講演。山川氏とフードスタジアム関西編集長・今富がインタビュアーとなり、大倉氏が飲食業界を目指したきっかけ、鳥貴族創業時の秘話、均一店舗となった背景など、大変貴重な鳥貴族ヒストリーをお話いただきました。なかには、実は居酒屋業態をしていた時期があったという秘話も。「(居酒屋を始めたのが)私の長い経験のなかで唯一“ブレた”ところですね(苦笑)」との飾らない言葉に、会場からは親しみや共感が交じった笑いが沸き起こりました。会場の空気がぐっと和んだところで、質疑応答へ。参加者から「信頼できるパートナーの見つけ方、育て方は?」「売上が伸び悩む店舗を建て直すには?」「一つの業態を続けていく秘訣は?」「200店舗を同じ方向に向けるには?」などの質問が飛び出しました。一つひとつ丁寧に回答される大倉氏の言葉のなかで目立ったのが、「情熱」「志」といったキーワード。鳥貴族の発展の背景には、自分自身が情熱を持ち続け、スタッフに思いを伝え、組織全体で志を共にするという決してブレない軸があり、今後もそれを持ち続けていきたいという大倉氏。全国200店舗を越える大チェーンとなった今もなお、飲食業と真摯に向きあう同氏のお話に、参加者全員が聞き入っていました。続いては、30代若手飲食店経営者3名によるディスカッション。今回は、神戸と大阪を中心に和食居酒屋、オマールエビを主体とする創作料理店など7店舗を展開するBIP(神戸市中央区)の代表取締役・吉森賢二氏、塚口や尼崎、天満などで、イタリアンと炉端店を展開するレストランバンク(兵庫県塚口市)代表取締役・林秀光氏、北新地でラウンジやバー、ネイルサロンなど6店舗経営するA-PROJECT(大阪市北区)代表の小林晃氏が登場。山川氏が司会となり、創業の経緯や出店立地へのこだわり、現在出店しているエリアで感じているマーケットの動向などをテーマに、それぞれの考え方やエピソードが語られました。現在、各社長とも好調に店舗展開をされていますが、共通したのが独立時~開業して間もない時期の資金面での苦労。吉森氏は当時日々の支払いが難しく消費者金融に頼ったことがあること、林氏は銀行から信用されず開店資金の融資を受けられなかったこと、小林氏は店舗に泥棒が入り資金を盗まれたことなど、紆余曲折の道のりをお話いただきました。今後の展開は、この不況化にあっても三者とも攻めの姿勢。吉森氏は、「2011年中に大阪で3店舗目を出店し、合計10店舗を目指す。10店舗までは出店の立地などは自分の感覚に合うかどうかや人との縁を基準にしたい」、林氏は「さらに本物を追求。イタリアンでは魚介料理やピッツァにより力を入れ、2011年中にはドルチェ専門店をオープンしたい」と元パティシエの経験を活かした業態を準備中。炉端店は20店舗展開を念頭に、地盤固めをしていきたいというお話でした。一方、「バーにいっても何を飲んでいいかわからないという若い男性がいるなど、酒文化が若い世代からなくなってきているような気がする。若いお客様をお店に呼べる仕掛けを考えていきたい」と話すのは小林氏。景気や時代の影響を受けやすい北新地で店舗を育てる同氏ならではの発言でした。例年にも増して、飲食店経営者だからこその悩みや本音が飛び交い、同時に笑い声も耐えなかった第5回関西サードG交流会。次回の開催は4月17日を予定しています。フードスタジアム関西では、今後も関西サードGの活動やイベントを随時レポートしていきます。ご期待ください。【関西サードG 幹事会社経営者の皆様】幹事顧問●株式会社鳥貴族 代表取締役 大倉忠司氏幹事長●株式会社ワイズクルー・コーポレーション 代表取締役 山川博史氏副幹事長●株式会社未知インターナショナル 代表取締役 水本弥知秀氏主な参加者 順不同:トラオム株式会社 代表取締役 堀江新一氏/株式会社ワールドエイト 代表取締役 加藤由香氏/株式会社RETOWN 代表取締役 松本篤氏/株式会社ブルーコーポレーション 代表取締役 長谷川泰三氏/株式会社カームデザイン 代表取締役 金澤拓也氏/株式会社オベーションプラス 代表取締役 梅村雄士氏/有限会社蒲公英 藤田順也氏 等【事務局企業】株式会社ルートアンドアクティベーション フードスタジアム関西編集部/株式会社イー・フードビジネス・サポート/株式会社クレドール/株式会社ツナグ・ソリューションズ/株式会社be love company/株式会社フォーオール

(取材=編集部)

店舗データ

店名 関西サードG主催 関西飲食ベンチャー経営者交流会
関連リンク 関西サードG

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.