飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

梅田北ヤードの新商業施設「LUCUA(ルクア)」が5月グランドオープン 「今の梅田に足りないもの」を詰め込み、希少性で勝負

5月4日にグランドオープンする新商業施設「ルクア」。トレンドに敏感な女性がメインターゲット。
10Fの飲食ゾーン「ルクアダイニング」。全国初出店6店、関西初出店2店を含む全16店が出店。

JR西日本SC開発株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:中山健俊)が26日、大阪駅北地区に5月4日にグランドオープンするファッションビル「LUCUA(ルクア)」の概要を発表した。関西再生プロジェクトで生まれ変わるJR大阪駅周辺。ルクアは大阪ステーションシティの北側、ノースゲートビルディングに位置し、同時期オープン予定の「JR大阪三越伊勢丹」に隣接する。既に大手百貨店の激戦区だが、同施設は社員自ら“今の梅田に足りないもの”を徹底リサーチ。メインターゲットとなる20〜30代女性に希少性でアピールする。「我々は、ゼロベースからのスタートです」と語る中山社長。「お隣の三越さん伊勢丹さんなら、誰もが知っている。誰もが想像できる。でも、(ルクアは)誰も知らない、ゼロベースなんです」。他のスポットとの差別化のため“梅田に足りないもの”を探した結果、「ゆっくりできるおしゃれなカフェ」に注目。レストランフロア以外に三省堂とスターバックスコーヒーが初めてコラボする「ブックス&カフェ」(9階)を含むカフェ4店舗を設置。慌ただしい梅田のイメージを覆す。加えて「話題性」で女性の興味を引く。出店198店舗のうち全国初出店が24店、関西初上陸が40店。「ここにしかない価値」のコンセプトを全面的に打ち出す。飲食フロアでは、まず地下鉄駅と直結する地下1階のスイーツ・フード・コスメのフロアに関西初出店となるジェラート店「グロム」、ベーカリーカフェ「ドミニク・サブロン マルシェ・エ・カフェ」、「スープストックトーキョー」を含むフードショップが12店。営業時間を午前7時〜午後11時まで広げ、出勤前から残業後までの時間帯で顧客確保を狙う。更に10階のレストラン街「ルクアダイニング」は16店舗のうち6店が全国初、2店が関西初出店だ。たとえば東京・銀座の超人気店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフ監修のパスタ店「ヴィヴィ ヴェルデ」が全国初の出店、著名人にファンが多い東京・六本木発の焼肉「叙々苑」が関西初上陸。また大阪イタリアンの名店「ポンテベッキオ」は、窯焼きピザ中心のピッツェリア・トラットリアを新展開。価格帯はカジュアル層を意識し、昼が1000円前後、夜が3000円後と低めの設定だ。今後は10階で直結する三越伊勢丹と共同で、両施設の飲食店を1冊のレストランガイドにまとめるなど、協力姿勢でエリアを盛り上げる。梅田北ヤード開発完了まであと2年。一足早く誕生する流行発信地に期待が高まる。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 LUCUA(ルクア)
住所 大阪市北区梅田3-1-3
関連リンク ルクア(プレサイト)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.