飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン一覧

  • 【イベントニュース】 【先着20名】デリバリー導入を検討中の飲食店オーナー必聴! 4月22日…

    アイドルタイムの売上アップや、近隣に住むファミリー、高齢者など店舗のターゲットとは異なる客層への訴求に使えると注目が集っているのが、飲食店によるデリバリー(出前)。興味はあっても、始め方がわからず運営方法などに不安があるという方も多いのではないだろうか? 来る4月22日(月)、日本最大級のデリバリー...
  • 【ニューオープン】 ダイニングバーで一時代を築いてきた大手外食ダイナックの新機軸 2月2…

    サントリーグループの外食部門として数多くの実績を残すダイナック(東京都新宿区、代表取締役社長:若杉和正氏)の、野菜ダイニング「畑の厨」が梅田E-ma内にオープンした。同店は、東京・新宿店、大宮店に続く3号店目。大阪進出は既存店の好調に加え、ダイナックが得意としてきた「ダイニングバー」からの脱却として...
  • 【話題店チェック】 全国50種以上を揃える地酒専門店の新顔が本町に登場 酒肴は、銘柄豚や鴨…

    居酒屋でもなく角打ちでもなく、こだわりの酒と酒肴を揃える単価2000円~4000円程の酒場のオープンが目立っている。特に全国の地酒の打ち出す店が相次ぎ、15坪以内、オーナーが20代~30代と若手であることも特徴的だ。本サイトでも、これまで本町の「燗の美穂」、天満「にこ」、難波「丑寅」などを取り上げて...
  • 【ニューオープン】 元エンテック専務取締役のオーナーが心酔する「黒豚の腹あぶら」に注目 2…

    そばめしやぼっかけといったB級グルメの聖地、神戸・長田。「神戸長田焼き 曾根崎鉄板食堂 はなたれ」は、長田独自のお好み焼きを中心に、鶏、魚介、和牛、産直野菜を使った創作鉄板料理、ワインで構成する。場所は、梅田の東の曾根崎エリア。ラブホテルが集中する夜の街で、朝4時まで営業する。「長田焼き」は、「豚玉...
  • 【話題店チェック】 中華料理の名脇役「粥」を、ハレの日のメニューに昇華し好調! 街場発、う…

    2012年秋、うめだ阪急本店がリニューアルし12階、13階に話題店が多数オープンした。両階の飲食店全29店舗のうち売上げの上位に位置する好調な店舗の一つが、「幸福粥店(ハッピーコンジ―)」だ。関西では珍しい中国粥の専門店として、2002年、本町に1号店がオープンし、うめだ阪急本店は2号店となる。運営...
  • 【ニューオープン】 12月17日、神戸・六甲道に「洋風酒場 デリランテ」オープン!繁華街か…

    神戸の六甲エリアと聞くと、住宅地というイメージがすぐに思い浮かぶ。六甲山から海に向かって街が末広がりに開発され、下に行くほど賑やかだ。12月17日にオープンした「洋風酒場 デリランテ」(シナジーカフェ 神戸市中央区代表取締役:春名良則氏)は、ちょうどその中間地点に位置する。JR六甲道駅から徒歩3分と...
  • Exif_JPEG_PICTURE

    【話題店チェック】 博多発の有名もつ鍋店「一慶(いっけい)」を展開するなか尾が大阪進出 大…

    福岡・博多で約30年にわたりもつ鍋店を経営するなか尾(福岡市中央区西中州、代表取締役社長:中尾慎一郎氏)。博多では中州や春吉でもつ鍋、水炊き業態を8店舗、東京ではもつ鍋、餃子、ホルモン焼など5店舗を展開している。2012年9月には、満を持して大阪へ初進出。島之内に「サムギョプサルともつ鍋 IKKEI...
  • 【ニューオープン】 11月12日、中崎町に牡蠣専門店「牡蠣にくエキス ガレッジパワー」がオ…

    外食激戦区天満に隣接しながらも、長屋カフェや雑貨店が集まりのんびりとした下町感を残す中崎町。街行くほっこり系女子も思わず二度見する、パンチのある一軒が登場した。その名も「牡蠣にくエキス ガレッジパワー」。産直で仕入れる国産牡蠣と肉料理、コストパフォーマンスの高いワインを豊富に揃え、単価は3500円~...
  • 【ニューオープン】 11月22日、RETOWNの新店が天王寺Mioプラザ館にオープン!酒販…

    本サイトでもおなじみ、RETOWN(大阪市浪速区、代表取締役・松本篤氏)が天王寺でワインバルをオープンした。同社といえば、焼鳥「ちんどん」「かしわ舎」の直営・FC展開をはじめ、近年は岡山県の千屋牛を使った焼肉店「犇屋(ひしめきや)」、パティスリーやグロッサリー、カフェ、レストランが一体となった千里の...
  • 【話題店チェック】 「焼肉ホルモン 龍の巣」心斎橋本店が移転リニューアルし、原点回帰 油…

    大阪でホルモン系焼肉業態を一気にメジャーにした「焼肉ホルモン 龍の巣」(龍ノ巣、大阪市淀川区、代表取締役:畑 博貴氏)。心斎橋本店は2001年に三ツ寺筋でオープンし、現在梅田に2軒、奈良1軒を展開している。2012年9月3日には心斎橋本店が移転リニューアル。場所は同じく三ツ寺筋で、西へ100mほど移...
  • 【ニューオープン】 「神戸にんにくや」「神戸パスタ」のエンテックがついに街場の路面に進出!…

    三宮と元町のほぼ中間に位置する路面に、一軒家メキシコ料理&バー「エルサルサ」(エンテック 大阪市北区堂島浜 代表・島田誠二氏)がオープンした。これまで「神戸にんにくや」「神戸パスタ」「プラチナム」など資金力を活かした大箱スペースでの業態を展開し、業界をリードしてきたエンテックが、ついに街場に進出する...
  • 【ニューオープン】 11月15日、豊中に「蕎麦 鴨地鶏料理店 鼓道(こどう)」がオープン!…

    一般的に、夜のニーズが伸びにくいといわれる麺業態。特に蕎麦に関しては、酒とセットの文化が根付いている東京とは違い、大阪では「昼ごはん」以上でも以下でもないのが現状だ。そんな蕎麦業界に新たな風を持ち込もうとする一軒が、大阪府豊中市に登場した。「蕎麦 鴨地鶏料理 鼓道(こどう)」を運営するのは、M・Y ...
  • じゅうじろう一覧用

    【話題店チェック】 乾杯はスパークリングワイン!の人気酒場「淀屋橋じゅうじろう」 フレンチ…

    2012年9月にオープンした淀屋橋の酒場の新顔、「淀屋橋じゅうじろう(以下じゅうじろう)」が好調だ。単価は2500円~3000円。鮮魚の造りや豊富なアテにかくれて、フォアグラや馬肉のタルタル、ココットなどフレンチの片鱗がチラリ。さらにドリンクメニューのトップを飾るのは、「スパークリングワイン」(48...
  • 【ニューオープン】 自社開発琉球島和牛とアグー豚を使った直挽きハンバーグの量り売りのバル …

    ジュージューと音をたてて肉が焼ける音と玉ねぎが焦げる甘い匂い。大根おろしと和風ソースをかけたハンバーグに箸を入れるとジュワッと肉汁がこぼれる……。11月27日、三宮にオープンした「沖縄鉄板バル ミートチョッパー」(ワールド・ワン 神戸市・中央区 代表取締役:河野圭一氏)で...
  • 【ニューオープン】 フード原価60~80%!立ち飲みスタイルで楽しむ5坪のフレンチ 11月…

    最近、ミナミの新店情報が続く、本コーナー。天満や福島の外食バブルが若干落ち着きを見せているせいか、「あえてミナミど真ん中で」的な勢いのある店舗が目につく。11月4日にオープンした、「立ち喰いフレンチ ミッテラン」もそんな一軒だ。運営は、尼崎で200席規模の日本料理・寿司専門店「暫(しばらく)」、ワイ...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.