飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン一覧

  • rakokko chikin

    【ニューオープン】 佐賀産銘柄鶏のロティサリーチキンをメインにしたメキシカンバル 6月13…

    本サイトでナンバーワンの氏名登場率となる店舗デザイナーの金澤拓也氏(カームデザイン、大阪市中央区)。同氏は全国の店舗デザインを400軒近く手掛けるかたわらで、飲食店オーナーとしても独特の存在感を見せる。南船場の飲食シーンを再び活気づけた「センバキッチン」、ハイクオリティのジビエ料理を手軽に楽しめる「...
  • 【ニューオープン】 お初天神南側に「肉’s Kitchen Pero」がオープン!人気アイ…

    昨今のヘルシー志向により馬肉が話題にのぼることが多くなっている。馬肉は高たんぱく低カロリーの代表格。また癖のない味の良さから幅広い層から支持を受けている。特筆すべきは近年「生肉」がどんどん外食メニューから消えていく中、馬肉は「生肉」として提供できるという点だ。6月15日にお初天神南側にオープンした「...
  • sakadachi gaikann-thumb-108xauto-2468

    【ニューオープン】 安くて美味いではなく、美味いものが安い『立ち喰い』酒場 5月29日、新…

    神戸~阪神間で居酒屋、寿司、お好み焼きを展開する万(西宮市、代表取締役・坂本州正氏)の新店舗「立ち喰い酒場 酒達(さかだち)」がオープンした。場所は、阪神新在家駅高架下で、地域活性プロジェクト「ソダッテ阪神沿線」を利用しての出店となった。「ソダッテ阪神沿線」とは、支援者から小口ファンドを募り、高架下...
  • 西山さん 一覧用

    【ニューオープン】 牛角 創業者、ダイニングイノベーション代表、西山知義氏が登壇!【大阪開…

    代表幹事に今関西最注目の経営者、ブルーコーポレーションの長谷川泰三氏を迎えリスタートした、関西外食経営者交流会「FLAT6(エフロク)」。5月に行われた第13回講演では、ゲストに関西ラーメン界の雄・松原龍司氏やテンポスバスターズ会長、森下篤史氏を迎え、約200名の飲食業界関係者に参加いただきました。...
  • 【ニューオープン】 5月18日、新在家駅に窯焼きピッツァ&生パスタ「iL CONAMON」…

    大阪から神戸まで48.9㎞を結ぶ阪神電車。マラソンにも比較される距離の短さだが、関西らしい私鉄沿線だ。そして阪神・淡路大震災の影響が最も大きかった沿線でもある。「ソダッテ阪神沿線」とは阪神電鉄が立ち上げた地域活性化プロジェクトで、震災の影響が大きく今なお復興が進まない高架下の空き区画を活用し、かつて...
  • 【イベントニュース】 7月1日、外食産業分煙対策勉強会「グランフロント大阪が担う大阪の明日」…

    “外食産業に携わる、業界人必見のセミナー”として毎回好評を得ている外食産業分煙対策勉強会プレゼンツの外食トップセミナー。7月1日(月)には、「グランフロント大阪が担う大阪の明日」をテーマに、大阪の“今”を牽引するバルニバービグループ代表取締役CEO佐藤...
  • 【ニューオープン】 フランス各地の郷土料理、日本初上陸のシードルを提供 アクアプランネット…

    三重県に本社を置くアクアプランネット(三重県松阪市、代表取締役:福政惠子氏)の新店がグランフロント大阪南館にオープンした。同社といえば、東西の最新スポットの顔となるレストランを次々と出店し、大阪ではルクア「イタリアン&ドルチェ アラマンティ」、うめだ阪急「イル デジデリオ・オルタッジョ」、中之島フェ...
  • 【イベントニュース】 森下氏「新卒には配属先、働き方を自分で決めさせる」独自の人材育成論が噴…

    去る5月13日、第13回関西外食経営者交流会「F6(エフロク)」が開催されました。今回から、よりフラットで闊達な運営を目指しスタッフが一新。代表幹事にはブルーコーポレーション代表の長谷川泰三氏、幹事にユウ・コーポ―レーション代表の谷祐一郎氏、味楽園代表の康虎哲氏、オベーションプラス代表の梅村雄士氏が...
  • 【ニューオープン】 大阪の飲食店情報、旬の食材情報を網羅し、コンシェルジュも常駐。ぐるなび…

    4月26日、グランフロント大阪の玄関口となるうめきた広場に、ぐるなび初となる直営の「食」情報ラウンジ「SHUN*SHOKU LOUNGE」「ぐるなび」がオープンした。グランフロント大阪はGWですでに500万人を超える来場者を数え、話題沸騰中。ぐるなびは今回、国内外から同施設を訪れるお客に対し、大阪の...
  • 【イベントニュース】 新メニュー PB商品開発のチャンスに!全国の食品メーカー51社が出展 …

    いまや“産地直送”は、飲食業界であたりまえのキーワード。魚、野菜、果物、加工品と、さまざまな地方の食材や特産品が注目され、飲食店の新しい付加価値として提供されているなか、北は秋田、南は鹿児島の生産者、メーカー51社が展示・出展し、バイヤー、外食企業などが一堂に会す食の商談会が...
  • gosuke gaikan yoko-thumb-240x180-2379

    【ニューオープン】 曾根崎の空に黄金色のファサードが光る!SASAYA新店はキャッシュオン…

    店主の個性を活かした業態開発でヒット店を次々と生み出しているSASAYA(大阪市中央区)。代表の細井克司氏は「路面店のファンタジスタ」との呼び声もあり、関西外食シーンの注目経営者だ。2012年には上海に焼鳥店を出店し、現在は15店舗を展開中。そして、3月21日には同社初のキャッシュオンスタイルのビア...
  • 【イベントニュース】 龍旗信代表・松原氏、テンポス代表・森下氏が登壇  関西外食経営者交流会…

    毎回、業態業種、サプライヤー、プレイヤーの枠を超え、さまざまな外食関係者が登壇する「エフロク(FLAT6)」(主催:エフロク運営事務局、フードスタジアム関西)。第13回目を迎える今回も、エフロク独自の観点で注目する2名に登壇いただきます。インタビュアーにはエフロク顧問である鳥貴族代表・大倉氏を迎え、...
  • 【ニューオープン】 オマール海老専門業態の火付け役、BIPの最新店 2月4日、「鉄板Bis…

    高級素材のオマール海老をバールスタイルで楽しめる業態が増えメディアを賑わせているが、先駆け的存在はBIP(神戸市中央区、代表取締役:吉森賢二氏)の「Omar’s ~オマール~」だろう。現在、三宮、京橋、梅田に各1店舗を展開し、2月に4店舗目となる西宮北口店をオープンした。カナダ産の厳選オ...
  • 【ニューオープン】 3月11日、西宮神社前に「ABURI café aqua(あぶりカフェ…

    「カフェ」と「Japanese Special Chiken」と「Korean BBQ」が融合した、ウエストコーストにあるようなカフェダイナー、と聞いても、一体どんな店なのかまったく想像できないだろう。カフェ?焼鳥?焼肉?だが、その謎は店を訪れればすぐに解消できる。「ABURI café...
  • 【話題店チェック】 昼3時から、元町駅近の角打ちで本格マリアージュ! 店主独自の仕入れによ…

    JR元町駅から鯉川筋を上がり徒歩5分ほど。白壁が美しい和風の建物がある。一見、何の店かわかりにくい「酒商 熊澤」は、1階が国産ワインと日本酒を200種揃える販売店、2Fが貝専門和食「熊澤上ル ボンゴレ」。そして、知る人ぞ知る隠れた立ち飲み店として人気を博すのが、1Fの酒販に併設されたスペース「酒商 ...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.