飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

ハワイ人気カフェが世界に先駆け日本に出店で話題の「MORNING GLASS COFFEE」Night Version始動!

ハワイ本店で実際に研修を受け、大阪店を任されることになった若き店長。出店に際してはオーナーの来日にも対応した。「日本にもハワイのような“朝食文化”を根付かせたい」と笑顔で語る。
辻本さんに「おすすめは?」と聞くと、「すべてです。あえて、好きなものを答えるとしたら、2か月間の現地研修で食べて惚れ込んだモーニングファーストブリトー」。
MGCを特長づけるのがこの抽出器具。オーダーしてから完成まで4分。大量消費に適した“ファスト”ではなく、あくまで“スロー”スタイル。「1杯1杯丁寧に」というオーナーの“こだわり”をかたくななまでに忠実に守っている。
カウンターいっぱいに並べられたカップ&ドリッパー。オートマチックではない手仕事の抽出風景は、見ているのも楽しい。
レギュラーに加えてスペシャルバーガーも味わえるイベント「バーガーナイト」もスタート。今後もマンスリー開催予定!

 ハワイで絶大な支持を誇るのはもちろんのこと、世界中のハワイ通にも愛されているお店、MORNING GLASS COFFEE(以下MGC)。その日本1号店が2016年9月に、いや厳密に言えば、世界中においても初となる出店がニューヨークでもなければ東京でもない、大阪の本町に誕生したのは驚きだ。当時も「ハワイの大人気カフェが日本に上陸」ということで随分話題になったが、今回、営業時間が見直され、夜メニューも拡充されたと聞き、MGC Osaka Managerである辻本優貴さんに話をうかがった。

 MORNING GLASS COFFEEのオーナーであるエリック・ローズさんが、スタバ創業メンバーの1人であることは周知の事実。お金儲けではない、おいしい一杯にこだわり続けた彼はシカゴ出身でありながら、サーファーであったことからも大好きだったハワイへと移住。2011年ついに理想を実現したのである。場所は、ワイキキなどのように観光客で賑わうオアフの中心地ではなく、あえてマノア。自身も住むこのまちで、住民に愛される一軒であると同時に、遠くからわざわざ足を運んででも来たくなるカフェをめざしてのことだった。辻本氏は「クオリティに一切妥協しない、エリックは頑固オヤジ(笑)」と愛情をたっぷり込めて氏を評する。そんな彼の念願の一軒はまたたく間に評判となり、アメリカのベストコーヒーショップにも選ばれたほど。のどかなマノアにあっても、MGCにはいつも長蛇の列だと言う。

 エリック・ローズの「おいしい一杯」にこだわる姿勢と、MORNING GLASSスピリッツに惚れ込んだメンバーが日本への出店、とくに大阪を切望したのは「商人のまちで、エリックの哲学を広めたい」想いからだという。マノアとは180度環境が違うと言っても過言ではないビジネスの中心地に誕生したのは、そんな彼らの情熱にオーナーの心が動いた結果だ。当然、MGC本店と同じく、ここ大阪店でも【Good Coffee & Good Food】をコンセプトに、「自分たちが本当においしと思えるものだけを提供するから、採算度外視(笑)。できる限り、食材も本店と同じものを調達。もちろんオーガニックと自家製にこだわる姿勢は本店同様です。エリックは本物志向で、フェイクや既製品を嫌うのです」と辻本氏。

 MORNING GLASSでぜひ味わいたいのは、やはりコーヒーである。夜にはアルコール類も充実し、選ぶドリンクには事欠かないが、それでもコーヒーを飲まずに帰っては後悔する。好きな豆をボードから選んで、ドリップしてもらう。定番はサンフランシスコの「FOUR BARREL」、TAKAMURA COFFEE ROASTERS、ハワイアンコーヒー。MGCではハンドドリップではなくあえてフレンチプレスとの中間的な抽出法を採用している。ハンドドリップはどうしてもスタッフ個々の力量によって味や風味に若干の差、ブレが生じてしまう。誰が淹れてもおいしく、こだわりの1杯を再現するための抽出法なのである。オーダーしてから最短でも4分はかかるのでお客様を少し待たせてしまうのだが、だれも文句は言わない。この時間を長く感じるのはファストフードに慣れ親しんでしまった現代人の悪癖かもしれない。

 2016年9月のオープン当時はハワイ本店(7:00〜16:00)に近い朝型の営業スタイルだったが、ビジネス街の中心地ということで当初から夜の展開(Night Version)は視野に入れていたという。MGCは全国各地からの“目的来店”が多いため、同地にしては珍しく土日の朝からグローバルなお客様が来訪され、終日混み合ってきた。しかし、この地域を拠点として平日活動するビジネスマンや近隣住民に愛されるお店をめざしていくには、ビジネスアワーの延長は欠かせない。徐々にお酒の種類も増やし、最初はフレンチフライ、キムチパンケーキなど数種だった酒に合うフード類もどんどん拡充。オープンから1年が経過したのを機に、いよいよNight Versionが始動した。それにより客単価もアップしているという。ハワイ本店では味わえないNight Versionを楽しめるのは現時点ではまさに大阪店のみ。辻本氏は「初めての試みで、まだまだ手探り。ハワイの朝の賑わいにはまだまだ遠く及びませんが、大阪でもMGCが朝から夜まで、お客様の生活の一部になればうれしい」と意欲を見せた。今後に乞うご期待、だ。

(取材=文・撮影/西村由起子)

店舗データ

店名 モーニンググラスコーヒー プラスカフェ
住所 大阪府大阪市中央区安土町3-2-14
アクセス 大阪市営地下鉄・各線「本町駅」徒歩3分
大阪市営地下鉄・堺筋線「堺筋本町駅」徒歩3分
営業時間 【月〜土】 7:30〜23:00(L.O22:00) 【日祝】 8:00〜17:00(L.O.16:30)
定休日 不定休
坪数客数 50席

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.