飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

メキシカン業態をバルスタイルにブラッシュアップ!日本初コロナリータを打ち出した「リ・メキシカンバル メヒカナリア」が南船場に5月29日オープン!

mehikanaria_gaikann-thumb-600x480-2905.jpg
アパレル店舗が多い南船場4丁目。手前にはテラス席があり、夏場はここでも飲めるように計画中。
mehikanaria_food-thumb-600x480-2906.jpg
名物は「炎のファヒータ」。肉と野菜のグリル料理で、テキーラをふりかけて炎を上げるパフォーマンスがインパクト大。客単価は2800円。
mehikararia_drink-thumb-600x750-2907.jpg
代表の篠原氏は、「コロナリータ」をキッカケに新しいメキシカン業態のヒントを得たのだとか。マルガリータが入った大ぶりのグラスはたっぷり600ml入る。
mehikanariarogo-thumb-640x480-2893.jpg
ロゴにもなっている店舗キャラクター「メヒカナちゃん」も、篠原氏が発案。「服屋さんっぽいデザインを意識して、飲食店とのギャップを感じてもらえるように考えました」。
mehianariasinoharashi-thumb-960x720-2895.jpg
店舗開発の経験が豊富な代表の篠原蔵磨氏。独立前はオベーション・プラスで勤務し、新店の店長として結果を残してきた。

南船場にバルスタイルのメキシコ料理店「リ・メキシカンバル メヒカナリア」(以下、メヒカナリア)がオープンした。代表・篠原蔵磨氏は以前、オベーション・プラス(神戸市灘区・梅村雄士氏)などで勤務。弁天町の人気イタリアンバール「バンビーノ」(大阪市港区)に続き、2店舗目の展開となる。頭に“リ・メキシカン”と付いているのは、それまでにない新しいメキシカン業態を作りたいという思いから。タコスやエンチラーダ、ブリトーなどに代表される形式どおりのメキシコ料理専門店の枠を外し、日常使いのできるバルスタイルを目指している。メインの一皿は、タコスではなく「炎のファヒータ」(1380円~)だ。ファヒータとは肉のグリル料理で、トルティーヤで巻いて食べる。同店では、それらを熱した鉄板に乗せテキーラをふりかけて炎を上げるパフォーマンスが売り。ボリュームもたっぷりで、メキシコ料理=タコスというイメージを変えるには十分なごちそうメニューだ。その他、アテ系の小皿料理やサラダ、ケサディージャ、串焼き、シメのごはん物、デザートなど、約40種をスタンバイ。中には、「タコライス」といったメニューも。「メキシコでもなんでもなく、沖縄やんっていうね(笑)。メニューの中にはアメリカンテイストもまぎれていて、あえて“メキシコ”に縛られないようにしています。メキシカンをもっと気楽にカッコよく楽しんでもらいたいんです」(代表・篠原氏)。自慢の創作料理は、スペイン料理のアヒージョとメキシカンチレ(唐辛子)を合わせた「チリージョ」(580円~)。これもリ・メキシカンな自由な表現の一つだ。もう一つのキラーコンテンツが、カクテル「コロナリータ」(980円~)。コロナリータとは、テキーラベースのフローズンマルガリータにコロナの小瓶・コロナリータを挿して楽しむインパクト大なドリンクだ。マンゴーのマルガリータとメキシコのソルビールを合わせた「メキシカンデルソル」、ピーチマルガリータとサリトスビールを合わせた「ゴールデンピーチボーイ」、モカマルガリータとデイオブザデッドを合わせた「ビーツスカル」なども。1杯1000円を超えるが、新規客は100%オーダーするとか。「カクテルの量自体は全体で1L近くなりますし、原価を考えると実はお得。店側としては写メを撮りたくなる見た目のインパクトも欲しくて導入しました」(同氏)。代表の篠原氏は、現在34歳。19歳の時にホテルのベルボーイとして働いて以降は飲食店のサービススタッフ一筋で、その経験は多彩だ。街場の個人フレンチレストランから今では大手となった東西外食企業の黎明期に、店舗開発や立ち上げに携わった経験もある。内装の図面のラフも書いてしまうとか。今回も店舗デザイン、インテリアのアイデアなども特にデザイナーを入れることなく自身で手掛けた。外食ニーズが高いとはいえない南船場で40坪という大バコを満席にするのは楽ではないようだが、ホームページに動画を組み込む、テラス席を使ったビアガーデンプランの作成などで対策を打つ。篠原氏は、「あと、うちの強みはギャップ。メニュー構成、空間と客単価、飲食業では珍しいロゴデザイン…、従来のメキシカンのイメージをいい意味で壊すあらゆるギャップを楽しんでもらえるはず」と自信を見せる。目標は3年で7店舗出店。一つの業態にこだわらず、つねに新しい飲食業の可能性を追求していく。 

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 リ・メキシカンバル メヒカナリア
住所 大阪市中央区南船場4-10-19
アクセス 地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩10分
電話 06-6282-7939
営業時間 11:30~16:00(LO15:00)、18:00~24:00(LO23:30)*日曜日はランチ休み。月曜が祝日の場合は月曜日が休み。日曜日は営業
定休日 不定休
坪数客数 約40坪、75席
客単価 2800円
関連リンク 食べログ
関連リンク ぐるなび

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.