飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

丸ごとオマールなどで人気のミナミの行列立ち食いフレンチが、さらなる進化を遂げて5月12日、梅田・富国生命ビルB2にオープン!

mitterannomarebi-thumb-778x519-2847.jpg
数量限定の「活けオマール海老丸ごと一匹」(1480円)は、新店でも限定メニューとして登場。
mitterannkarupaccho-thumb-1556x1037-2849.jpg
系列に寿司店があるため、カツオや鯛のカルパッチョなど、鮮度のよい魚介で作るメニューも豊富。
mitteranndrink-thumb-692x1037-2851.jpg
オープン時300本限定の「モエ・エ・シャンドン」はボトルで3800円。以降は価格を変更して提供。
mitteranntennnai-thumb-1037x692-2853.jpg
海外のパブやバルのように、天井が高いので満員になっても圧迫感がなく、開放的。
mitterannogawashi-thumb-1037x692-2855.jpg
代表の小川唀躍氏。「自由な発想の原点はバックパッカーとしての経験かもしれない」 と語る。

「尼崎ワイン食堂 while」などを展開する暫(しばらく、兵庫県尼崎市、代表取締役・小川唀躍氏)が運営するのが「立ち喰いフレンチ ミッテラン」 。CPの高いシャンパンやワインと、数量限定の「活けオマール海老丸ごと一匹」(1480円)や「牛フィレ肉のロッシーニ」(1280円)などの価格破壊メニューで2012年11月にオープンするなり大ブレイクした 。予約不可で、5坪、20名ほどしか入れない立ち飲み店とあってオープン1年程は、連日行列が途切れないような状況で、現在でも週末は行列必至の状態だ。 この「ミッテラン」が、大阪ミナミの三津寺筋を飛び出し、5月12日にキタに2号店を出店した。場所は富国生命ビルB2。富国生命ビルのB2といえば2010年のオープン当初から、今でも行列人気の「酒場 やまと」のあるフロア。「出店場所に選んだ理由のひとつが、『酒場 やまと』さんがあったからです」とオーナーの小川氏が語るように2号店では、12時開店で盛況な「酒場 やまと」に合わせ、11時30分に開店し昼飲みニーズに力を入れるという。まだまだ、飲食店街としての印象が薄い富国生命ビルのB2フロアを「あそこに行けば昼過ぎからおいしく安く飲める」というイメージにし、認知度をトータルであげていくというのが小川氏の構想。和食系の「酒場 やまと」とは、うまく棲み分けができそうだ。 今回の店舗はスタート時点では、立ち喰いフレンチ ミッテランのスタイルを踏襲。赤・白のワインを各5〜6種、280〜580円で提供する予定だ。また、本店で人気の破格値の高級シャンパンやスパークリングも用意する。現在のところ「『うめだ阪急』の販売価格+1000円くらいで高級シャンパンをボトル出したい。そのほうがわかりやすいでしょ」と小川氏。料理も本店同様のフレンチスタイルのメニューを中心にする。限定キラーコンテンツメニューである「活けオマール海老丸ごと一匹」や「牛フィレ肉のロッシーニ」などももちろん提供。 ただし、メニューや店のスタイルに関しては、「客のニーズに合わせて自由に変えていきたいんです」と小川氏。現状の想定では、1品ごとにボリュームがあるので、2人で2〜3品注文し2杯ほど程飲んでもらって帰るイメージだそう。原価率も本店同様、食材で60〜80%とかなり高い。キタのお客さんのイメージは、「ミナミほど、ホールや調理スタッフに濃密な関係性を求めない」と分析。その分、滞在時間が短くなり、回転率が重要になるという考えだ。客単価も本店緒3000円より、500円低い2500円を想定する。 開店時のシェフは2人。元ホテルシェフ、星付き店での修業経験のあるメンバーを揃えたそうだ。人材発掘の秘密は「働きやすい環境と作りたいものを作れる場所を作ること」と小川氏。「特別な探し方をしなくても、働きたくなる場所を作れば見つかりますよ」と語る。「そろそろ“俺のフレンチ”スタイルも卒業した方がいいかな」とも語る小川氏。この店も客の反応を見て、シェフの判断を尊重しメニュー内容を変えていく予定だ。 この店のチャレンジとしては、ほぼ同時期に尼崎の塚口で稼働し始めたベーカーリーのパンの提供。「チーズ、パン、ワインでさっと飲んで帰れるスタイルを目指してみたい」と語る。面白いところでは、“喫煙ルーム”がわりの利用も狙っている。富国生命ビルは地上28階のオフィスビル。アルコールだけでなく280円で本格的なコーヒーを提供し、ビル内や周囲のサラリーマンが喫煙ルーム代わりに利用してもらうことを期待しているのだとか。「今後も自由な発想で、いろいろ試してみたい」と小川氏は語る。 ミナミの路面店のスタイルをキタのオフィスビルの地下にそのまま持ってくるというチャレンジ。市中心部の新規オフィスビルでの飲食店の新スタイルとなるかもしれない。

(取材=高田強)

店舗データ

店名 立ち喰いフレンチ ミッテランⅡ世
住所 大阪市北区小松原町2-4 ( 大阪富国生命ビルフコクフォレストスクエアB2 )
アクセス 阪急各線「梅田」駅から徒歩2分
電話 未定
営業時間 11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 無休
坪数客数 19坪・立ち飲み約50人 
客単価 2500円
運営会社 有限会社 暫
関連リンク
関連リンク ぐるなび

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.