飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

アパレル出身の若手オーナー、加藤雅彦氏が立ち上げた難波の創作バール「tamburo(タンブロ)」。20代向けのイベント企画と接客力で人気店に成長中!

tambrogaikantate-thumb-480x640-2684.jpg
府立体育館から近い、御堂筋沿い。駅近とは言い難いが、会社帰りの20代女子が次々と来店。満席になる店内の活気が、通りに漏れる。
tambrofood-thumb-640x480-2686.jpg
一般的なイタリアンから、居酒屋の一品メニュー、加藤氏の出身の「名古屋名物のあんかけパスタ」など種類が豊富。写真は「前菜5種盛」(1080円)。
tambrotennai-thumb-640x480-2688.jpg
高いテーブルとスツールで、立飲み感覚でも飲める店内。モニターでのサッカー観戦やハロウィンなどイベントの開催時には最高で50人集客できる。
tambrostaff-thumb-640x480-2690.jpg
シェフの塩路氏(写真左)、オーナーの加藤氏。以前の働いていた店の同僚で、調理経験豊富な塩路氏を、加藤氏が誘った。36席を2人で回す。

【飲食オーナー 20代の萌芽】20代の若手オーナーを探し、独立経緯や資金調達についてインタビューする新コンテンツ。第一回目は、難波の創作バール「tamburo(タンブロ)」のオーナー、加藤雅彦氏が登場する。現在28歳で、36席の店内は20代の女性を中心に連日満席という人気店だ。加藤氏は名古屋出身で、家族の引っ越しにともない23歳のときに大阪へ。もともとはアパレル畑で、人気ブランドのショップスタッフや、ブランドの立ち上げ、全国規模の営業を経験。堀江の某人気デニムブランド店で、ミシンを触っていたこともあるとか。転機は27歳の時。ファッション業界では収入がままならないことや大失恋を経て、「イチからやり直そう」と選んだのが、飲食業界だった。知人から、何度も飲食業に向いているとアドバイスを受けていたこともキッカケの一つ。そして、2012年4月、東心斎橋のバールにアルバイトで入り、いきなり才覚を発揮。販促のため、周辺ショップや同業者に挨拶をし、手書きポップを配りまくり、友人知人にも声をかけた。右肩下がりだった売上が2カ月後には回復し、その後、店長に抜擢されたとか。この時の経験が大きな糧となっている。「30歳までに独立したかった。理由は稼ぎたかったから」と率直に語る加藤氏。当時、キッチンとして店に入っていた塩路崇之氏(現タンブロシェフ)を誘い、独立を決意。11月にはバールを退職し、開店準備をスタートする。業態は経験のあるバールに決め、開店資金は知人から借りた500万円のみ。今の駅から歩いて5~10分ほど離れた立地は、「わざわざ行きたくなるような店にしたい」と選んだ。物件は元喫茶店の居抜きで、入り口を変え、ガラス張りに。開放感あるバールのスタイルに変更した。店内のキーカラーは加藤氏が好きだという真紅の赤を採用。小ぶりのシャンデリアを提げ、女子好みの空間に。店名「タンブロ」とは、スペイン語で太鼓という意味。名古屋でバンドをやっていた時代、ドラム担当だったことや、スタッフが店内でリズムを奏でるイメージを表現したとか。そうして退職から約3カ月後、2013年1月5日に「タンブロ」をオープンした。現在、お客の8割は女性で、口コミやリピートが多数。加藤氏が接客しやすいという20代をターゲットに決め、単価は2000円と若い世代も出しやすい設定だ。フードはタパスからメインの肉料理、フリット、パスタなど60種ほど(280円~)。シェフの塩路氏が和食経験者のため、中には「だし巻き玉子」「豚とキノコのポン酢ソテー」という安心の居酒屋メニューもスタンバイしている。ワインはグラス300円~、ボトル2000円~。オープンして約10か月、当初の集客は合コン企画などをしていたが、現在は口コミ効果もあり合コンは減少気味に。代わりに、クラブ風イベントやサッカー観戦イベント、2980円で飲み放題120分とフード7品が付く女子会向けコースなどが、大きな集客コンテンツとなっている。加藤氏が飲食業に携わってわずか9カ月後の独立。スピード感と決断力は半端がない。「失敗を恐れていたら前にいけないと思って」(同氏)。確かにそうだが、加藤氏の背中を押したのは、豊富な人脈にあったようだ。飲食業界を勧めてくれた友人、開店資金を工面してくれた知人、アパレル時代に出会った多くの人間関係に支えられているという。大事にしていることは、「取引先には腰低く。同業者の方が来てくれたら、自分も必ず行って挨拶を欠かさない」。やんちゃな見た目とは裏腹に、古風な一面が印象的だ。東心斎橋に中華バール「タンブロ」も出店中。リスクヘッジもあるが、信頼のおける知人に一軒店を任せたいという思いから。次の出店も、「出すとすれば、シェフの塩路さんが好きなようにできる店にしたい」と話す加藤氏。ミナミで見つけた「20代の萌芽」は情に厚い。 

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 創作バール tamburo(タンブロ)
住所 大阪市浪速区難波中1-13-18 ( ホテルグランパス1F )
アクセス 南海難波駅・御堂筋なんば駅より徒歩5分
電話 06-6632-8787
営業時間 7:00~11:00、月〜木 17:00~翌2:00 金・土 16:00~翌3:00 日 16:00~翌2:00
定休日 無休
坪数客数 17坪・36席
客単価 2000円
関連リンク タンブロ
関連リンク フェイスブック
関連リンク 食べログ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.