飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

チャレンジャーが「とり然」「ごま屋ちゅう兵衛」を一気にオープン!84000通りのアレンジができるセレクト野菜サラダ、鍋料理を武器に天六を攻める

人気ナンバー1の「金胡麻豆腐」(540円)。金胡麻と吉野葛を使った無添加のメニュー。みたらし、生姜醤油、ゆず出汁など、5種のタレがついてくる。
鶏つくねをれんこんで挟んで揚げた「ヘルシーつくねの利休焼き」(714円)。黒ゴマたっぷり
3階は「ごま屋ちゅう兵衛」の宴会スペース。10名程度の個室から、仕切りを外せば50人が集客できる仕様。天満、天六は大箱が少ないだけに、冬は会社系の宴会ニーズで爆発しそうな気配。
1階の「とり然」。丹波の「黒どり」を毎日一羽ずつ丸ごと仕入れ店内でさばき、鮮度抜群。「黒ビールの売り上げは関西トップクラス」と梅川氏。
代表取締役の梅川福寿氏。元々料理人で、身内の病気をきっかけに健康志向の業態を開発した。

ごま料理専門店「ごま屋ちゅう兵衛」、“黒”をテーマに丹波地鶏や黒ビール、黒土野菜を提供する「燈屋とり然」、九条ネギをふんだんに使う「葱八」などを展開するチャレンジャー(福島区、代表取締役・梅川福寿氏)。ごま、黒、ネギと、一貫してヘルシー素材にこだわり、職人による和食創作系のメニューが好評を得ている。7月5日には、天神橋筋六丁目駅から徒歩1分の立地に「とり然」「ごま屋ちゅう兵衛」の2業態を一度にオープン。オフィスビルの1~3階を大胆に使い、合計70坪、104席という規模でのスタートだ。代表の梅川氏は「正直言うと3フロアもいらなかった(笑)」と振り返る。どちらの業態も好調な同社。特に「ごま屋ちゅう兵衛」は知名度も上がっており、さらなる展開を見据え、空中や通りがかりの一見客が見込みにくい立地での実績がほしいと考えていた。物件を探していたところ、偶然見つけたのが今回のビル。「3フロア丸ごとの契約。通常の営業フロアと、50人集客できる宴会仕様の構成も面白いかなと思いました。とはいえ規模的に1業態では厳しく、1階にとり然をもってきたというわけです」(梅川氏)。想定以上の規模に人材採用には苦労したそうで、内装にもこだわった結果、元居酒屋の居抜きとは感じさせない洗練された空間に。梅川氏は「予算を150%オーバーしました」と苦笑い。ちなみに、市内で一戸建てがゆうに買える金額だ。メニューは両店ともに簡素化。「ごま屋ちゅう兵衛」では、ごまだれで食べる「和豚もちぶたしゃぶしゃぶ」(一人前1980円、食べ放題コース2480円)、30品目が入った「金ごまちゃんこなべ」(一人前2500円~)といった鍋料理を全面に押し出し、ウリを明確にしている。注目は、「ジャストセレクトサラダ」(880円)。レタス、水菜、レッドオニオンなどのベースの野菜に、23種類のトッピングから好きなものを8種類、ドレッシングを1種セレクト。スタッフがテーブルでたっぷりの胡麻とともに混ぜ合わせるメニューで、なんと84000通りのオリジナルサラダができるとか。トッピングは、「できるだけたくさんの色の食材を摂ってほしい」というコンセプトから、赤=鴨ロース、パプリカ、トマト、白=豆腐、雑穀、フライドごぼう、黄色=トウモロコシ、湯葉、緑=アボカド、小松菜、黒=ワカメ、ヒジキと、色分けしているのがポイントだ。今城焼きの迫力ある器に食材を乗せる見た目もインパクト大で、女性を中心に人気メニューになっている。ビオワインや日本酒も、予想以上の人気。先の「予算オーバー」も、オープン後1カ月でカバーできる数字を残している。天神橋筋六丁目の駅前はタワーマンションが完成間近で、阪急系スーパーや名古屋の「やまちゃん」などのオープンが続いている。今よりさらに人が集まる感はあるが、梅川氏はそこに頼らない。「まだマンションができていないのでわかりませんが、今のところ天六は商業、住宅、中小企業が入り混じる場所。天満からは少し歩きますし、今回の店前交通量は少なく、目的客しか見込めません。ここで結果を残すことができたら、次の大きなステップになるはず」(梅川氏)。秋にはキタに1店舗出店予定で、その後は同社初のミナミ進出を計画中だ。「集客しやすい人気エリアと今回のように難しいエリアでの出店。両輪でやっていくことで会社の新たな展開が考えられる力が付くと思います」。ミナミでやるとすれば、周防町や三ツ寺をイメージ。猛者がひしめく街での戦略も、追って注目していきたい。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 燈屋 とり然 /ごま屋ちゅう兵衛 天六店
住所 大阪市北区天神橋6-3-20 上川ビル1F~3F
アクセス 各線「天神橋筋六丁目」から徒歩1分、JR環状線「天満駅」から徒歩5分
電話 06-4801-7177(とり然)06-4801-7155(ごま屋ちゅう兵衛)
定休日 無休
坪数客数 約70坪・とり然36席、ごまやちゅう兵衛68席
客単価 とり然3000円、ごま屋ちゅう兵衛3400円
運営会社 株式会社チャレンジャー
関連リンク ごま屋ちゅう兵衛
関連リンク 燈屋 とり然(ぐるなび)
関連リンク チャレンジジャー

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.