飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

曾根崎の空に黄金色のファサードが光る!SASAYA新店はキャッシュオン 3月21日、380円からピッツアが楽しめる「Beer&Pizza GO_SUKE」オープン!

店は、タレントによる飲食店が立ち並ぶ曾根崎の店舗ビル3・4階。元は事務所が入っておりスケルトンからの工事となった。立飲み感覚で使えるテーブル席、ソファ席、カウンターもある。
4階は、巨大テーブルが1台鎮座。プロジェクターやピアノを備え、パーティやミーティングにも使える。テーブルは、向こう側に座っている女性の顔をチラ見しやすい、絶妙なサイズだ。「そんな使い方ももちろんありです!」と細井氏。
ピッツァはハーフ(約20cm)380円~10種。キャッシュオンの手軽さで、365日朝5時までピッツァとクラフトビール、ビオワインを楽しめる。
手作りの薪釜。「大きさやデザインを自由に決められるし、経費の安さもメリットです」。ビル3階ながらダクト問題もクリア。
写真左から、店主のゴースケこと浅田剛介氏、SASAYA代表の細井克司氏。「まずは顔を覚えてもらいたい」と浅田氏。60坪の店舗で、ピッツァ担当、接客、挨拶、見送りとフル回転!

店主の個性を活かした業態開発でヒット店を次々と生み出しているSASAYA(大阪市中央区)。代表の細井克司氏は「路面店のファンタジスタ」との呼び声もあり、関西外食シーンの注目経営者だ。2012年には上海に焼鳥店を出店し、現在は15店舗を展開中。そして、3月21日には同社初のキャッシュオンスタイルのビアバー「Beer&Pizza GO_SUKE(以下ゴースケ)」をオープンした。店主に入社2年目の浅田剛介氏を迎え、2階建て60坪、最高で200名集客可能という同社では珍しい大バコとなる。ウリはハーフ(約20㎝)380円から注文できるピッツァ。生地から手作りし、高温の薪釜で一気に焼き上げることで本格的な味を提供する。メニューは生ハムとルッコラ、サラミが乗ったピリ辛ディアボラ、蘭王卵のビスマルク(半熟玉子乗せ)など約10種。レギュラーサイズは約28㎝で680円から。キャッシュオンと合わせて、より手軽に楽しめるサイズと価格設定だ。その他アテは、ソーセージのフリット、ピクルス、4種の味から選べるフレンチフライなど480円から揃う。ピッツァと並行して今回力を入れたのがビオワイン。ボトル(3200円~)を50種揃え、グラスワインは500円からスタンバイ。ほか、常連客にはウイスキーのボトルキープを、女性や飲み疲れたお客のためにはソフトドリンクを、オーダーの度に財布を取り出すのが面倒というお客向けには3000円分のドリンクチケットを用意。さまざまな使い方、客層にマッチする商品を揃えているのが特徴だ。ゴースケこと店主の浅田氏は現在31歳。以前は飲食とは関係のない会社員だったが、「人が集まり、ワイワイ過ごせる空間を作りたい」と、2012年1月にSASAYAに入社。同社が得意とする独立支援に惹かれたという。入社後、2号店の焼鳥店「笹屋」へ配属され、今回大抜擢となった。ちなみにメインのフードをピッツァにと考えたのは浅田氏。さらに理想を形にするべく、待ち合わせの0軒目使いから2次会、3次会はもちろん、貸切パーティまで対応でき、お客がつねに流動する業態を作った。「男女の出会いの場になったらいいなと思います。それには女性が喜ぶメニューも必要ですし、イベントを開催したり、外国人のお客様を増やしたりとか、いろいろ考えて行きたいですね」(浅田氏)。浅田氏こだわりの手作りピッツァは薪釜で焼き上げるわけだが、なんと釜そのものが手作り品。左官工に依頼し1カ月ほどで完成、経費は約40万と輸入品に比べると破格だ。また、今回はスケルトンからの工事となったがデザイナーは入れず、施工会社と直接やりとりし、100年前の古木をふんだんに使った自由で温かみとワイルドさのある内装を作り上げた。会社設立から6年が経ち、15店舗中現在までにクローズした店はゼロ。店主の名前を掲げ、本人のキャラクターを押し出した業態が多いが店主の退社も未だない。各店主とは歩合制で契約し、その他大きなモチベーションになっているのが、新店開発に参加した場合は権利収入が発生すること。細井氏は、「スタッフはそれぞれビジネスパートナー。働いたぶんだけきっちり残るものがあり、その後独立でも何でも考えられるような成功の道筋を作っていきたい」と語る。「リスクもあるし反対される方も多いと思いますが(苦笑)、この形もアリなんだと思ってもらえるよう成功例を増やしていくしかないですね」。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 Beer&Pizza GO_SUKE
住所 大阪市北区曽根崎2-5-24
アクセス 地下鉄「東梅田」駅から徒歩3分
電話 06-6312-3387
営業時間 18:00~翌5:00(翌4:30LO)
定休日 無休
坪数客数 60坪・最大約200名集客可能
運営会社 株式会社SASAYA
関連リンク ぐるなび
関連リンク 食べログ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.