飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

8月17日、福島路地裏に「肉食酒場 Pero(ペロ)」がオープン! 和牛メニュー原価率80%以上というCPで混戦する肉バル業態に参入

-thumb-2048x1356-1916.jpg
福島の昼の街並。戦前からの建物が並ぶ、どこか懐かしいレトロな雰囲気。夜には30代~40代のビジネスマンやOLを惹きつける飲食激戦区となる。
-thumb-720x480-1919.jpg
赤と黄色を基調としたスペインの国旗をイメージさせる外観。
-thumb-720x480-1921.jpg
1階はカウンターとテーブル合わせて20席。2階は貸し切りスペースとなっている。
-thumb-341x512-1923.jpg
店で一押しの「サーロイン200g」(1280円)、「パエリア」(580円)。
-thumb-1356x2048-1925.jpg
代表の岡 秀樹氏。現在までに「福島金魚」、「産直農場酒場 てるや」「イタリア炭焼酒場 ペシェドーロ」を展開。「肉バルは今キテます。だから先陣切って広げていきたい。まずは福島でもう1軒出したいですね」

8月17日、福島の裏路地にCube dining(キューブ・ダイニング 大阪市福島区 代表・岡 秀樹氏)が展開する「肉食酒場 Pero(ペロ)」がオープンした。同じ路地には同社がプロデュースする「福島金魚」、「産直農場酒場 てるや」が並んでいる。なぜ、今“肉バル”なのか?町屋を改装したという店内は、古い梁や天井に合わせて木の温かみのある素材を使い、バルの醍醐味であるカウンターと仲間内でワイワイと楽しめるテーブル席の合計20席。さらに2階は20席の貸し切りスペースとなっていて、宴会シーズンなどには重宝しそうだ。メインのお肉は和牛を使用。鉄板で焼くステーキスタイルで提供される。「カルビ200g」(1180円)「サーロイン200g」(1280円)「フィレ200g」(1380円)と驚くほど安い。「『顧客満足度』を重視した結果、スーパーで買う肉の値段と同じ価格帯で出そうと思ったんです」と、代表・岡氏は語る。それには産地を限定せず、信頼できる肉の流通ルートを押さえる、という手法が用いられている。確かに産地を限定すれば一つのブランドにはなりうるが、その分リスクも高い。リスクを分散し、安定して商品を供給するというのは合理的だ。とはいえ、この価格帯を維持するために、時には原価率100%を超えるなどという数字に陥ったこともあるという。「課題はありますが、お客さんの反応を見ていると確かな手応えはあります」と岡氏。ドリンクはワイン(ボトル2500円~3500円)を中心に生ビール(450円)、カクテル各種(480円)、とこれまた低価格だ。中でも力を入れている「サングリア」(480円)は甘さを抑えたすっきりとした飲み口で、肉の脂をさらりと流してくれる1杯だ。メニューは、スペインバルというスタイルが貫かれていて、鉄板でアツアツに熱せられた「アヒージョ」(580円)や「トルティージャ(スペイン風オムレツ)」(380円)、「パエリア」(580円)など。特にパエリアは「最後にお茶漬けを食べる感覚で食べて欲しい」と同氏が語る通り、一人で食べ切れるサイズで提供される。魚介、肉、野菜と具材を選べるのも嬉しい。肉とともに店の看板メニューになりそうだ。福島バブルと言われ、多くの店が次々と出店し、そして消えていく中、3軒目を出すきっかけとなったのは、たまたま、系列店の「福島金魚」「てるや」と同じ路地で格安の物件に出会ったことにあった。「何をやる予定もなかったんですが、他の誰かにお店をやられたくない気持ちだけで、とりあえず即契約をしてしまった」とか。ひとまず、系列店のバール「ペシェドーロ」が好調だったこともあり同じくバール業態を予定していたが、昨今のバル・バールブームは一般に行き渡った感があり、普通にやるのでは面白くない。「次に来るのは素材に特化したスタイルしかない」という確信が、肉バルという新ジャンルに挑戦させた。「バルで肉を扱っているような店を何軒も食べ歩いてみました。でも正直いい店がなかったんですよ、大阪には。だったら僕がやろうじゃないかって思ったんですね」。しかしここは激戦区福島。いったいどこまでその勢いを伸ばしていくことができるだろうか。「いずれはFC展開も視野に入れて、独立したブランドとしてこの『Pero』を大事に育てていきたい」。飄々とした語り口ながら、岡氏の視線は次のフィールドも見据えているようだった。 

(取材=下川由樹子)

店舗データ

店名 肉食酒場 Pero(ペロ)
住所 大阪市福島区福島5-10-14
アクセス JR環状線「福島駅」、JR東西線「新福島駅」から徒歩3分
電話 06-7501-7898
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜(祝日は営業)
坪数客数 20坪・40席
客単価 2500円
運営会社 キューブ・ダイニング
関連リンク Cube dining
関連リンク (食べログ)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.