飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

5月11日、北新地で人気バールを展開するA-PROJECTの新店がオープン!シャブリワイン片手に、骨付き肉をしゃぶる!「シャブリベイベー」

120607_shaburi-babe_01_street-thumb-214x285-1674.jpg
通り抜けができるビル1階の横丁“長屋通り”。10坪に満たない個性ある店舗が増えてきている。同社の人気バール「ハモンベイベー」もこの並び。
120607_shaburi-babe_02_nameplate-thumb-214x175-1675.jpg
さりげなく貼られている2階への表札。「肉匠 小林」として展開している(現在は紹介予約制)。
120607_shaburi-babe_03_pork-rib-thumb-214x285-1676.jpg
2階限定メニュー、国産豚の骨付きカルビ(350g1500円)。仕入れ先を探すのには苦労したとか。
120607_shaburi-babe_04_foods-thumb-214x255-1677.jpg
手前が「スペアリブ」(1本350円)。自家製味噌で漬け、コショウでスパイシーに仕上げ。奥の「チューリップ」(1本200円)はグリーンカレーベースのソースを添えて。
120607_shaburi-babe_05_mr-kobayashi-thumb-214x161-1678.jpg
代表の小林氏。1店舗目は2000年、北新地で雑居ビル3F・10坪、5000円均一で飲めるラウンジ。キャバクラブーム以前のことで、周囲から猛反対にあうも大ヒット。北新地の常識を覆してきた。

北新地で「Cafe&bar living」「ウヰスキーbar A COUNTER」「ワ井ン酒場 ハモンベイベー」など6店舗を展開するA-PROJECT(大阪市北区、代表取締役・小林晃氏)の新店舗「肉バル シャブリベイベー」がオープンした。今回も、場所はもちろん北新地。上通りと船大工通をつなぐビル1Fの横丁、長屋通りと呼ばれる通りで、すでに人気店となっている「ハモンベイベー」から10mほど南側の場所。辛口ワインの代名詞シャブリと、“しゃぶり”ついて食べる骨付き肉とを合わせたユニークな業態だ。代表の小林氏はこう話す。「ワインと肉の掛け合わせは自分自身も好きな業態。さらに気取らずにワイワイと食を楽しめる店をイメージしたところ、“しゃぶりつく”というキーワードがピッタリとはまるのではないかと。0軒目遣いでも最後のシメにも寄れる店を目指します」 「シャブリベイベー」は10人も入れば満員御礼の立ち飲みスタイル。「スペアリブ」(1本350円)、「チューリップ」(1本200円)ほか、その日の素材を使った肉料理、たとえば「牛タンのオイル煮」「砂ズリのアラビアータ」「ヤゲン軟骨のエスカベッシュ」などが揃う。シャブリは「アンリ・ド・ブルソー・シャブリ」(800円)「ブロカール・シャブリ」(700円)。ほか、赤も含め8種のグラスワインを提供する。 それだけでは終わらない。物件は二階建てで、店内の片隅には階段があり、「肉 小林」の表札がさりげなく張られている。2Fにはロースターテーブル席を配置。料理、ワインをガラリと変え、現在は紹介予約のみ。珍しい国産豚の骨付きカルビ、牛骨付きカルビを中心に、部位を厳選して提供するのが特徴だ。ワインはビオワインを中心に、フルボトルのみ2000円代から~30000円まで豊富に揃う。「2Fはいろんな部位が食べられる焼肉店ではなく、あくまで“しゃぶる”にこだわり厳選した部位とワインを楽しんでいただくスペースです。豚肉は関西ではあまり食べられないようですが、私の出身地である石川ではポピュラー。さらに骨付きカルビという珍しい部位を楽しんでもらいたく、仕入先探しに奔走しました。接待のように肩肘張らず、プライベートな仲間と“肉をしゃぶりに行こう!”と思っていただけるとうれしいですね」。豚の骨付きカルビはなじみが薄いが、脂のしつこさはなく骨まわりの旨味が味わえるとあって、客の反応は上々。小林氏も手応えを感じているという。 今回で、北新地での飲食店6業態を手掛けてきた小林氏。一坪4万円の一等地で爆発的な人気を呼んだ店もあれば、一坪のみのテイクアウトカフェまで幅広く経験している。その中で、「シャブリベイベー」はどのような位置づけなのか。「場所に関してはたまたま空いた物件でしたが、自分自身の原点である“一等地ではなくてもできる”を信じ、常識にとらわれずやろうと思いました。ハモンで改めてわかったのですが、新地はお客様がカッコいい。狭くて混雑する店でのマナーを心得ている方が多く、粋に飲める方が多いんです。自分もそうでありたいし、そのような方々が楽しめる場所にしていきたいですね」。 地元石川県の豚カルビにワイン、北新地の一角と、自身好みのスペックを凝縮した同店。今後も同路線、“ベイベーシリーズ”で展開するのか?「いや、これからは自分のエゴを押し出すよりも、業態そのものに力のある店も考えていきたいです。見た目だけのカッコつけた店は嫌。店舗数にもこだわらないし、北新地を出ることもあるかもしれない。ただ、“小林がまたオモロイことやってるぞ”と言われていたいですね」。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 肉バル シャブリベイベー
住所 大阪市北区堂島1-3-28 堂島センター1F
アクセス 地下鉄御堂筋線「梅田駅」から徒歩5分
電話 06-6347-1558
営業時間 18:00~翌2:00
定休日 日曜・祝日
坪数客数 20坪(2階建)・1階10席、2階20席
客単価 2000円
関連リンク シャブリベイベー(食べログ)
関連ページ ハモンベイベー

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.