飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

9月19日、「洋食Katsui」が2号店となる「御堂筋ロッヂ」をオープン!45歳以上をターゲットに、ゆったりと “食”を楽しむ文化を提案

-thumb-292x220-1193.jpg
店名は、スキー好きの勝井氏がよくロッジを使っていたことに由来。長野県・白馬で年間100日ほど滑っていたとか。
-thumb-365x274-1195.jpg
古きよき洋食レストランを思わせるクラシックな店内。
-thumb-365x274-1197.jpg
名物は「御堂筋ロッヂ 前菜の盛り合わせ」(2800円)。鶏レバーのペースト、穴子のフリット、鴨ロースの塩漬け、シラサ海老などが入り、2~3名でシェアできるボリューム。
-thumb-365x274-1199.jpg
もともと蕎麦店だった空間を活かしたジャパニーズモダンな個室は、勝井氏のアイデアで改装。洋食とのギャップがおもしろい。
-thumb-365x274-1201.jpg
店長の松下幸一郎氏(左から2番目)、キッチンを取り仕切る手嶋弘二氏(右から2番目)ほか、全員「洋食Katsui」からの異動。

古めかしさがアジな“洋食屋”ではなく、広々としたスタイリッシュな空間で洋食が楽しめるレストラン「洋食Katsui」(大阪市中央区、代表・勝井景介氏)。山形牛のハンバーグステーキや網焼き、魚介のフライ、ロールキャベツなどを一品1000円代で提供し、コストパフォーマンスの高さや接客力に定評がある。スタッフは全員料理人でありながらホールも担当することで店内が活性され、ディナータイムには酒場のようなライブ感があることも人気の理由だ。そんな「洋食Katsui」が“動”とすれば、今回の新店「御堂筋ロッヂ」は、“静”。御堂筋沿いの築50年のオフィスビル地下1階にあり、周囲はスタンドカレー店、喫茶店、理容室などがあり、時間が止まったような雰囲気だ。その地下1階からさらに階段を降りた“地下1.5階”と呼びたくなるようなフロアの最も奥まったところに、木造の外観が現れる。重厚な木の扉を開けると、店内には絨毯が敷きつめられ、真っ白なクロスが掛けられたテーブルがゆったりとした間隔で配置されている。メインターゲットは45歳以上。「食の楽しみを理解できる年齢層」だととらえ、Katsuiブランドをさらに深化させた店作りだ。メニューは、「洋食Katsui」から厳選した自信作をコースや定食で提供。アラカルトもあるが、中高年~高齢者がメニューに迷うことなく、おまかせで注文できることを重視する。「ロッヂ特選 夜の定食」(一名から3000円)は、旬の食材を使ったボリューム大のオードブルとメイン、食事、デザート、ドリンクがセット。「ロッヂ名物 洋食小皿コース」(2名~6名、一人4200円)は、オードブルからデザート、コーヒーまで15種類で構成する小皿料理。定番もあればその日だけの即興の一品もあり、同店の味を余すところなく味わえる。メニューの開発はおもにオーナーの勝井氏が担当するが、基本的には当日の食材次第。たとえば泉南で天然海老が水揚げされれば漁港からすぐに連絡が入り、夜にはメニューに登場するという具合だ。今回、「ロッヂ」を仕切るのは松下幸一郎氏。勝井氏とは20年来の仲で、「洋食Katsui」を人気店に育ててきた一人。当然、勝井氏の思いも汲む。「腹一杯になれば何でもいいと、食べることが作業のようになるのはどうかと思います。私たちは落ち着いた空間で、食事や店員との会話を楽しむ時間と文化を提案していきたいと考えています」。勝井氏は「2軒を同時にやるのは初めてのことで今は思考錯誤」と話す。料理、サービスともに誤魔化しが一切利かない業態だけに、スタッフの育成にも余念がない。「心斎橋の路面店の店といえば、ファストフードかちょっと凝った店のどちらか。中間がないんですね。新鮮な食材を仕入れてきちんと丁寧に料理して、炊きたてのごはんをつける。それでいいやんて思うのに。僕はスタッフに料理に関してはそんな基本的なことを教えて、あとは料理以外のことをやれと伝えています。飲みに行くのもいいけど、たとえばマラソン大会に出るとかね。実際に自分で走ったからわかること、お客様に自信をもって話せることがある。釣りでもなんでもいいから、いろんな実体験を積んでほしい」。人生経験豊かな年配者の客層なら、飲食店に味だけでなく安心や信頼感も求める。それに応えるためには、スタッフには技術だけでなく人間力も必要というわけだ。シニア層がますます増える世の中にあって、「スタッフの人間力」は流行る店の条件になっていくのかもしれない。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 御堂筋ロッジ
住所 大阪市中央区南船場4-3-11 ( 大阪豊田ビルB1F )
アクセス 地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩2分
電話 06-6251-5064
営業時間 11:30~15:30(LO15:00)、17:00~22:30(LO22:00)
定休日 日曜・祝日・月曜昼
坪数客数 60坪・55席
客単価 ランチ1200円、ディナー6000円前後
関連リンク 洋食Katsui
関連リンク 御堂筋ロッヂ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.