飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

王子公園で26年間にわたり愛される地鶏炭火網焼店が、ついに暖簾分け 11月1日、業態力に磨きをかけ「とり徹 三宮店」がオープン!

神戸サウナ横の路地を少し南に入ったあたり。本店の雰囲気を壊さないシンプルな店作りだ。
臭みが一切ない新鮮な刺身。肝、ズリ、鶏刺し(600円~)ほか、3種・5種盛り(2000円)がある。
「地鶏盛り合わせ」(6種・2500円、写真は2人前)。椎茸やキャベツなど野菜の鮮度にもこだわる。
シメには本店でもファンが多い「地鶏卵の卵かけご飯」(500円)。ほか、雑炊や出汁茶漬けも。
toritetu_staff-thumb-800x600-1190.jpg
中央が本店オーナーの、古江忠彰氏。右隣が、「とり徹」を引き継ぐ砂泊氏。

11月1日、三宮で自然派創作和食「雪月風花」「にくなべ屋びいどろ」などを展開しているイデアコーポレーション(神戸市中央区、代表取締役・砂泊慶昭氏)が、地鶏の炭火網焼き店「とり徹 三宮」をオープンした。

本店の「とり徹」は王子公園にあり、70歳代の古江夫妻が26年にわたって営む名店。大分の豊かな自然のもと育てられた地鶏を七輪で網焼きし、塩や醤油で食べるというシンプルなスタイルで、阪神間の鶏好きにはよく知られている。

一方で、“寡黙な大将が仕切る店”としても有名だ。お客との馴れ合いがないかわりに過剰な接客もなし。時には一見お断り、20時までには入店必須の暗黙ルールもあるとか。そんな頑固一徹な店とどのような経緯で暖簾分けにいたったのか? 誰もが気になるところだが、きっかけは代表の砂泊氏が、約1年前に本店「とり徹」に客として食べにいったことにはじまる。

「鶏のおいしさに驚いて週2回通うくらいはまってしまって。経営視点から見ても、鶏を七輪で焼くという提供スタイルやオペレーションの効率などから、非常に魅力的な業態だと感じていました。それとは別に普通の客として大将と仲良くなり、僕が地鶏の養鶏場に興味があることを話したら、大分の養鶏場に連れて行ってくれたんです」。そこで見たのは、平飼いで伸び伸びと育てられた健康そのものの地鶏たちだった。

「とり徹」を引き継いでくれる人間はいないものと諦めていた大将と、「とり徹」の業態に強く惹かれた砂泊氏。両者の思いが見事に合致し、砂泊氏からの提案でライセンス契約が結ばれた。「大将には、高齢の自分に代わって大分地鶏の味を広めてほしいという思いがあります。私が、『とり徹』ブランドの強化や出店を進めることで、その役割を担いたい」と砂泊氏。ちなみに、同氏は「とり徹」と出合うまで、鶏料理系の店舗を出す予定はまったくなかったというから、何が起きるかわからない。

三宮店は、本店の良さを崩さないよう同じ素材、同じ食べ方にこだわっているが、養鶏場がある「大分」をフィーチャーしているのが特徴。刺身の薬味には大分特産の柚子胡椒をあわせ、焼酎には大分の香り高いかぼすを絞る(季節限定)ユニークの飲み方を提案する。焼酎は、同じく大分のプレミアム品「兼八」(500円)「宇佐麦」(480円)などを独自ルートで安価に仕入れ、手頃な値段で揃えている。

看板メニューは、本店同様、炭火網焼きの「地鶏盛り合わせ(6種類)」(2500円)。部位ごとに異なる焼き方を薦めているが、ほとんどが生でも食べられる鮮度のため、表面をさっと焼く程度でOKとか。刺身は、「肝差し」(850~1300円)、「ズリ刺し」(600円)、「3種盛り」(1400円)やなど。ほか、一品が4種に食事が3種ほど。サラダや創作料理などは一切ないシンプルなメニュー構成が自信を物語る。

ガラでじっくりとダシとった「地鶏鍋」(2800円)では、追加で「地鶏のしゃぶしゃぶ」(580円)も楽しめる。スライスしたむね肉をさっと湯にくぐらせて食べるという、ありそうでなかった食べ方で、砂泊氏が考案した。このように本店と全く同じものだけではなく、大分地鶏のおいしさを引き出す食べ方があれば、本店の大将にも伝え共有しているという。

最近、三宮界隈の飲食店の多くから「厳しい」という声を聞くが、砂泊氏の表情に曇りはない。「『とり徹』には、立地や値段に左右されない絶対的なブランド力があると信じていますから、キャンペーンや広告なども極力せずにオープンさせました。これは実験でもありますが、でも飲食業界で残っていくのは『とり徹』のような本物の味ではないでしょうか」

今後はFC本部としても機能し、FCの出店も進めていく意向で、すでに1社から希望が出ているとか。26年間の重みと変わらぬ味とを、どう広げていくのか注目したい。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 とり徹 三宮店
住所 神戸市中央区下山手通2-1-5
アクセス 各線「三宮駅」から徒歩5分
電話 078-332-7713
営業時間 17:00~24:00(LO23:00)、金・土曜~翌1:00(LO24:30)
定休日 無休
坪数客数 20坪・30席
客単価 4000~4500円
運営会社 株式会社イデアコーポレーション
関連リンク とり徹 三宮店(食べログ)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.