飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

サムギョプサル専門店「ベジテジや 堺筋本町店」が10月7日にオープン!サムギョプサルの新業態でブームを巻き起こすか?!

-thumb-693x461-1135.jpg
各店舗にテーマを設け店舗限定トッピングを出す。堺筋本町店はスペインがテーマ。
-thumb-509x574-1137.jpg
サンチュは食べ放題。玄米クレープやトルティーヤ、京風包みもちなど、包むものon包むものでサンチュだけではない楽しさを演出。
-thumb-542x658-1139.jpg
「このプレートがないとうちのサムギョプサルは語れない」というオリジナルの鉄板。手前の鉄板で肉を焼き、余分な油を手前に流して集める。集めた油は後のお楽しみで。
-thumb-543x368-1141.jpg
社外秘となっている同店オリジナルテキスト。客の来店から見送りまでの詳細な内容が網羅されている。
-thumb-505x630-1143.jpg
株式会社ゴリップ 代表取締役・勝山昭氏。突き詰めた志向と徹底的な行動力で、新たなスター経営者となるか注目株だ。

サムギョプサルといえば、肉や薬味をサンチュに包んで食べる韓国料理。ここ10年に及ぶ韓流ブームのおかげもあって、いわゆる焼肉やキムチ以外の韓国料理も広く一般に浸透してきた。サムギョプサルもしかり、だ。しかし「ベジテジや」は、他のサムギョプサルのお店とちょっと違う。“サムギョプサル革命”と銘打ち、サムギョプサルをベースにこれまでにない新業態として作りあげ展開しているのだ。京都に5店舗、今回大阪進出2店舗目をオープンさせたサムギョプサル専門店「ベジテジや」を運営するのはゴリップ(京都市中京区、代表取締役・勝山昭氏)。サムギョプサルのベースとなる豚肉は、種類や味付けの違う20種。銘柄豚には特にこだわらず、味付けによって品種を決めている。一緒に包むトッピングは各店舗限定のものも含め30種以上。単純に考えると、その組み合わせは1000種類以上となるそうだ。ベジテジやのサムギョプサルについて代表の勝山氏は、「うちのサムギョプサルは肉を焼いて野菜に包む・・・というだけのものではなく、肉も包む、キムチも包む、野菜もチーズも包む、とにかく“包む”ということをキーワードに、“包むこと”自体がベジテジや」と語る。包むサンチュにもこだわりが。「1枚1枚が女性の片手にすっぽり収まる大きさの手摘みサンチュ」を契約農家に特注している。同店の主な客層は20代30代の女性で、75%を占めるのだ。「とにかく24時間サムギョプサルのことを考えています」と笑う勝山氏は、元々会社勤めのビジネスマンだった。25歳の時、一念発起し会社を退職。手持ちの20万円を握りしめ、唯一行った事のあった海外である韓国へ。韓国で貿易関連の会社を起業し、軌道に乗ってきたところで韓国のスタッフに会社を譲って日本に帰国。その韓国での起業時代に一番よく食べたのがサムギョプサルだったという。ところが日本に帰国しても、美味しいサムギョプサルを気軽に食べることが出来ない。「だったら自分で作ろう!」というのが「ベジテジや」のスタートだった。「ベジテジや」のスタッフは店舗に出る前に“サムギョプサルの伝道師”なる資格を得るため、“ベジテジカレッジ”で52時間3ヶ月の研修を受ける。そこで肉の焼き方や組み合わせ、接客などを学んで現場へ。現場でもオリジナルのOJTテキストでスキルを上げて行く。さらに、表紙と裏表紙に同店の理念や想いが印刷されているノートを自社で作り、学生にはそれを無料で配っているという。「授業の休み時間や空き時間に見てもらえるように」と同氏。「何も説明しなければ、ただ肉を野菜で包んだだけなんですよ。トッピングだけ食べても美味しくないですし。美味しい食べ方を伝道師が伝えて行く事で、“美味しい魔法”にかかって本当に美味しくなる」。同氏は「スタッフの知識の深さが、お客さまの満足度に直結する」と研修の重要性を強調する。メニューは、「センサムギョプサル」(680円)、「壷カルビサムギョプサル」(730円)、ガーリックロースサムギョプサル(1180円)、トッピングは「とろ〜りチーズ」(300円)、「赤トッポギ」(300円)、「玄米クレープ」(200円)など。メニューを眺めていると、同店独自の造語が非常に多いことに気づくが、その極めつけはデザートの「パッピンス」。「パッピンスってなんですか?」という問いに、「パッピンスは、パッピンスです!」と満面の笑みの勝山氏。かき氷をベースにして小豆、コーンフレークなどとソース、トッピングで作るオリジナルスイーツなのだが、これもサムギョプサル同様、客自身で組み合わせを考え楽しめる仕組みとなっている。同店の目標は月商1000万円。11月には名古屋、草津、大阪難波で3店舗、12月にも大阪に1店舗のオープンを予定している。来年は東京へ進出するそうだ。京都から始まり、快進撃を続ける「ベジテジや」の勢いに目が離せない。

(取材=西村公美子)

店舗データ

店名 ベジテジや 堺筋本町店
住所 大阪市中央区瓦町1-5-11 ( ループビル1F )
アクセス 地下鉄「堺筋本町」駅より徒歩5分、京阪電鉄「北浜」駅より徒歩10分
電話 06-6208-0072
営業時間 17:00〜23:00
定休日 不定休
坪数客数 34坪・65席(テラス席29席)
客単価 3600円
運営会社 株式会社ゴリップ、株式会社ベジテジOSAKA
関連リンク ベジテジや

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.