飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

食の専門学校「レコールバンタン大阪校」にて、就職説明会開催 「MUSE」のエルワールド、スイスホテル南海大阪など関西の注目企業9社が参画

banntann_kaijouhirome.jpg-thumb-640x480-1010.jpg
「レコールバンタン大阪校心斎橋校舎」の一室に、人気企業が集まった。
banntann_kaijouyori.jpg-thumb-640x480-1012.jpg
生徒は、20代から30代までで飲食業界への未経験転職を目指す人も多い。
banntann_osakagasusetumeikai.jpg-thumb-480x640-1014.jpg
参画企業を対象に、大阪ガスの新商品「涼厨」の説明会も開催された。
banntan_osakagasubusu.jpg-thumb-480x640-1016.jpg
banntann_seitosann.jpg-thumb-640x480-1018.jpg
カフェ・バリスタコースの中川さん(左)と島岡さん(右)。カフェだけにこだわらず、ホテルやイタリアン業態の担当者とも面談。

8月25日、パティシエやカフェオーナー、フードコーディネーターなどを輩出する「レコールバンタン大阪校 心斎橋校舎」(大阪市中央区)にて飲食業界限定の就職説明会が行われ、飲食業界の就職を目指す生徒たちと関西の注目企業9社が集まった。「レコールバンタン大阪心斎橋校舎」で就職説明会が行われるのは2年ぶり4回目。飲食業界に特化した就職説明会は、同校以外の各地でも開催されていたがここ数年の外食不況により中止が相次いでいた。同校でも昨年は中止せざるを得ない状況だったが、今年は9社が参画して開催。外資系ホテル、洋菓子メーカー、成長著しい外食ベンチャーや堀江屈指の人気カフェなどがそろったこともあり、生徒たちも夏休みのさなかエントリーシートを片手に率直な質問をぶつけていた。おもな参画企業は、産食野菜、まぐろ、和牛などを取り入れた店舗を次々とオープンし、産地活性も視野に入れた業態開発で注目される「RETOWN」、関東・関西でバルや和食ダイニングなどの直営のほか、プロデュースやコンサルティングも得意とする「ワイズクルー・コーポレーション」、堂島プリンが一躍人気商品となった「堂島スウィーツ」、難波駅直結の大手外資系ホテル「スイスホテル南海大阪」ほか。募集職種はキッチン、ホール、パティシエ、和食調理、店長候補など。イタリアンダイニングや炉端焼、ドルチェ専門店を展開するレストランバンク代表取締役の林秀光氏は、「これまでアルバイトスタッフを中心に運営してきましたが、今後は正社員を積極的に採用し、現場スタッフはもちろん事業の中心人物となる幹部候補を探しています。当社の成長には欠かせない人材として、経験よりもヤル気を重視したい」と語る。生徒たちの印象については、「ふだん就職情報誌などで応募される方よりも、目標がはっきりしている方が多く話やすい」と好感触だったようだ。当日、就職説明会に訪れた生徒は、20代前半から30代半ばと幅広く、経験、目指す業態や職種もさまざま。カフェ・バリスタコースの中川さん(22歳)は、将来カフェでの独立をめざし、経営スキルも身につけられる企業を探している。「就職状況はすごく厳しいし、求人があってもアルバイトが多くて困っていました。今日は正社員募集ということで参加しました」。同じくカフェ・バリスタコースの島岡さん(27歳)は以前、カフェでアルバイト経験があるが「アルバイトで働いているだけでは会社のことまでわからない。いま飲食業界で元気のある企業はどういうところがあるのかを見に来ました」。生徒にとって、人事担当者と直接話せる就職説明会は雑誌やインターネットだけではつかみきれない企業体質や将来性、取り組みなどに触れる絶好の機会。これを機に次世代の注目プレイヤーが生まれることを期待したい。参画企業●株式会社RETOWN、株式会社ワイズクルー・コーポレーション、有限会社レストランバンク、株式会社MKSコーポレーション、スイスホテル大阪南海株式会社、有限会社中井レストラン企画、株式会社エルワールド、株式会社堂島スウィーツ、株式会社アルバータダイニング(順不同)主催●株式会社RETOWN HUMAN 共催●フードスタジアム関西 協賛●大阪ガス

(取材=編集部)

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.