飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

7月24日、天満橋の大川左岸に「にぎわいXing(クロッシング)」がオープン 川の駅・はちけんやの新たな交流拠点として、カフェやヨガイベントをスタート

大川から東側には京橋のオフィス街などを望む。春は桜が咲き誇る絶好の景観。
「川の駅 はちけんや」。天満橋駅上の京阪モールから徒歩すぐ。
“立てるカヌー”に乗って大川を水上散歩できるアクティビティが毎月1回開催予定。
オープニングセレモニーで行われた大起水産による生まぐろの解体ショー。解体後、大トロの寿司がふるまわれた。
大阪、ベトナムで飲食店を多数運営するRETOWNはカフェ「クロッシングガーデン」で参画。サンドイッチやカレー、アルコールも提供。

戦国時代~江戸時代にかけ、京都と大阪を行き交う物資輸送船の船着場として栄えていた天満橋の八軒屋浜。2008年には、“水都大阪”再生のランドマーク施設「川の駅 はちけんや」が登場し、目下の八軒屋浜は名物の水上バスの発着地として生まれ変わった。このはちけんやのみならず、大川リバーサイドの再開発はここ数年活発で、公園の造成、カフェやレストランのオープン、公園を使ったイベントなど話題には事欠かず、「大川沿い」は注目のエリアでもある。そして今回、はちけんB1Fに新たなスポットが登場する。NPO法人水上安全協会、RETOWN、日本ウォーキング協会、大起水産らが中心となって運営する、名づけて「にぎわいXing」だ。“川、まち、ひとが集まり広がる、水都大阪の新しいにぎわい空間”をテーマに、カフェ「クロッシングガーデン」、水都大阪の水辺環境や歴史がわかる展示スペース「エキシビジョン はちけんや」、ウォーキング情報カウンター「ウォーキングステーション」を常設。ほかにも、定期的にリバーサイド・ヨガや季節の鮮魚を即売する「天下の台所 八軒屋浜市」開催が予定されている。7月22日には盛大なオープニングセレモニーが行われた。和太鼓の演奏やヨガのデモンストレーション、RETOWNよりふるまい酒やドリンクサービス、大起水産からは生まぐろの解体披露と豪勢なふるまい寿司なども。この日は猛暑も落ち着き大川から風が吹き、参加者たちは川沿いの心地よさを感じながら水都大阪のさらなる活性に期待を寄せていた。2008年からスタートした水都大阪再生プロジェクトは勢いを強め、リバーサイドの開発は西へと歩みを進める計画もある。キタでもミナミでもなく、大阪ならではの「リバーサイド」というエリアから発信される新たな外食シーンの動向にも注目したい。 

(取材=編集部)

店舗データ

店名 にぎわいXing
住所 大阪市中央区北浜東1-2
アクセス 京阪電車・地下鉄谷町線「天満橋駅」から徒歩3分
電話 にぎわいXing管理運営事務局06-6942-0555
営業時間 カフェ10:00~22:00(予定)、ウォーキングステーション10:00~17:00予定
定休日 なし
運営会社 NPO法人 大阪水上安全協会、株式会社RETOWN、社団法人日本ウォーキング協会大阪事務所、大起水産株式会社、大阪水上バス株式会社、株式会社ランドマーク・ジャパン

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.