飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

天満OAPで働く3000人のビジネスパーソンの「食」を変えるか 6月18日、インターセクションが展開する「肉匠 六感はなれ」オープン

IMG_5073-thumb-480x640-909.jpg
日本料理店の居抜き物件。店内は仕切りのあるテーブル席を中心に宴会ができる個室も充実。元の高級感ある趣を活かしている。
coure_01-thumb-600x400-913.jpg
「鹿児島産黒豚しゃぶしゃぶコース」(1980円~)。黒豚は甘みが強くもっちりとした食感が特徴。
-thumb-448x336-915.jpg
鉄板部分で焼き肉を食べ、下でしゃぶしゃぶを楽しめる特製の「焼きしゃぶ鍋」。
「季節野菜のサラダ」(600円)。

飲食店経営とコンサルティングを手がけるインターセクション(大阪市城東区、代表取締役・岡部幸冶氏)の新店「肉匠 六感はなれ」が、6月18日に天満の大阪アメニティタワー(OAP)B1にオープンした。同社は、京橋、北新地、福島などで9店舗を展開。ショットバーから本格和食、イタリアンなど異なる業態で個性ある店舗づくりを得意としている。今回の「六感はなれ」は、鹿児島の黒豚や高級黒毛和牛を使ったしゃぶしゃぶ、一品料理が充実し、OAP初の肉匠としてビジネスマンのランチニーズ、夜の接待使いなどを狙う。どれも駅近で路面店にある既存店と比べ、「六感はなれ」の立地は独特だ。OAPは帝国ホテルに隣接したオフィスビルで、カフェやレストランなど飲食テナントも20軒ほど入るが、梅田や天満から離れておりアクセス至便とは言いがたい。“陸の孤島”と揶揄されることもあるが――出店の経緯を代表取締役の岡部幸冶氏に聞いた。「OAPには大手企業が入り、実に約3000人が働いています。しかし、飲食テナントさんは撤退が相次いでいるためジャンルや内容が乏しくなりつつあり、店を選ぶ楽しみが多いとはいえません。働いている人たちはランチや仕事の後の一杯をどう楽しめばいいのか。私がそこに出店することで、働いている皆さんに美味しさや元気を与えたいと考えたのがきっかけですね」。そんな思いはタワーサイドにも伝わった。ターゲットはOAPタワー内のビジネスパーソンに限定されるといってもよく、「良い噂も悪い評判も口コミで一気に広がる」と同氏は怖さを隠さない。そのぶん、食材の仕入れや業態作りには慎重でオープン直前まで思考錯誤を重ねた。メインコンテンツとなる黒豚は、同氏自ら、地元で親しまれている味を求めて九州全体の畜産農家を探し歩いたという。「地元の新聞紙に小さく記事になっているような農家を見つけて直接連絡を取って。肉は簡単には取引できませんから、はじめはケンもほろろでしたよ」。粘り強く交渉すると同時に高級品である黒豚を「いかにして安くできるか?」にこだわった。価格はミートセンターと交渉することでリーズナブルな価格帯を実現した。メニューは、「鹿児島産黒豚しゃぶしゃぶコース」(1980円)が、黒豚のロース肉とバラ肉、旬の野菜盛り、豆腐、うどんまたは雑炊が付く。他にも黒豚と黒毛和牛が付いたコースや黒毛和牛のみのしゃぶしゃぶコースも。特徴は、選べる2つの鍋。まずは、4つの出汁<利子産昆布だし、ライムの香る醤油だし、まろやか濃厚豆乳だし、あっさり甘辛すき煮風だし>から好きなものを2種選び、2種同時に味わえる二色鍋で食べるスタイル。もう一つは、焼肉としゃぶしゃぶが同時に食べられる独自の鍋を使った食べ方で、他店と差別化を図る。一品も豊富で、「特上黒毛和牛たたき」(1280円)、「特上黒毛和牛 生 白センマイ」(700円)、「鹿児島産黒豚バラの塩わさび焼き」(780円)など肉本来の味を楽しむメニューはじめ、「京鴨ロースと長芋短冊のハリハリサラダ」(780円)、「だし巻き玉子のおひたし 黒毛和牛しぐれ煮のせ」(600円)「黒毛和牛の肉じゃが」(600円)など、家庭的な和みメニューも。岡部氏は大手飲食企業チェーンの幹部を務めた経験があり、業態開発のノウハウも豊富。今後も勢力的に店舗展開するのかと思いきや、業態開発や出店タイミングは職人のスキルや趣向ありきだという。「六感はなれ」でも岡部氏が信頼を寄せる職人をそろえ、メニューには彼らの意図を尊重。「職人が成長できる、独立を目指せる業態や組織を作ることが目的なので、出店も年に1店舗程度できれば」と話す。「いまの飲食業界は、料理が好きで頑張りたい人でも伸び悩みただ毎日の仕事に追われて疲弊していく世界。60歳になっても組織のいち職人で、深夜まで包丁を研いでいる人はザラにいます。私はそんな状況を変えたくて、できるだけ多くの人を独立できるようサポートしていきたい」。理想を現実のものとするため、経営者向けに人材教育の講演会なども行っている同氏。職人視点から見た飲食業界の活性を担う同氏に、今後も注目したい。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 肉匠 六感はなれ
住所 大阪市北区天満橋1-8-30 ( OAPタワーB1F )
アクセス JR大阪環状線「桜ノ宮駅」から徒歩5分
電話 06-6948-6544
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:30(L.022:00)
定休日 無休
坪数客数 76.3坪・90席
客単価 4000円
運営会社 インターセクション
関連リンク インターセクション

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.