飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

「ポンパレ」で平日ディナータイムの集客などを改善 フレンチと中華を融合させた名店「シノワーズ厨花」HEPナビオ店

shinowa-zu_naikann.jpg-thumb-640x480-889.jpg
黒と赤を基調にした高級感あふれる店内。女子会やウエディングパーティーのニーズも高い。
00000203380150217-thumb-470x270-891.jpg
「ピュアチャイナコース」。通常4980円が2490円になるチケットを発売し、2日で500枚完売した。
sinowa-zu_tanakashi.jpg-thumb-480x640-893.jpg
マネージャーの田中将渡氏。「リクルートが運営しているという信頼感がいい。西宮ガーデンズ店もポンパレを利用する予定です」
sinowa-zu_gamenn.jpg-thumb-640x480-895.jpg
実際のポンパレ画面(6月30日時点で販売が終了)。トップ画面にはフラッシュ画像が組み込まれ惹き付けられる。
sinowa-zu_hutari.jpg-thumb-640x480-897.jpg
右がリクルート営業担当の米本氏。大手飲食チェーンの経理経験があり、的確かつ現実的な提案ができる。

フレンチの要素を取り入れた新感覚の創作中華料理を発信する「シノワーズ厨花」(イートアンド、大阪市中央区、代表取締役:文野直樹氏)。同業態は、梅田のHEPナビオ、西宮ガーデンズ、なんばパークスで出店している。今回、HEPナビオ店が同業態で初めて、リクルートが展開するチケット・クーポンの事前共同購入型のサービス「ポンパレ」を利用。平日のディナータイムの集客や広い世代への認知度など改善につなげている。実施したチケット内容は、既存の人気コース「食べるスキンケア!ピュアチャイナコース」を通常4980円が、2490円というもの。鮮魚のカルパッチョ、ふかひれの姿煮が入ったコラーゲンスープに始まり、ソフトシェルクラブや北京ダック、オマール海老、サーロインなど高級食材を使った全7品。美容効果が期待できる黒豆やスッポンなども加え、ヘルシーにアレンジされているのが特徴だ。このチケットを5月30日から6月30日まで販売し、500枚で取引成立となるよう設定。スタートしてから2日後には早くも500枚が売れ、最終的には695枚を販売した。「手ごたえは予想以上」と語るのは、同店のマネージャーを務めるイートアンド フードクリエイト営業本部、田中将渡氏。今回初めて「ポンパレ」を利用した理由を伺った。「まずは、平日の夜の集客を安定させること。値打ちのあるチケットで多くのお客様に来ていただくことで、いつ訪れても活気のある空間づくりを意識しました。また、より多くの方に向けて『シノワーズ厨花』を認知してもらおうという狙いがありました」。その背景には、2008年に行われたHEPナビオのリニューアルがある。それまで女性のハイブランドショップが集まる空間から男性をターゲットにした『阪急メンズ館』となったことで、同施設を利用する客層が劇的に変化。女性が好むヘルシーな食材や華やかなアレンジ料理を武器にしている同店にとっては、リニューアルの影響は少なくなかったようだ。JR大阪三越伊勢丹をはじめとする大阪市内のデパートのオープンラッシュも後押しとなった。とはいえ、「ポンパレ」の利用は初。田中氏は、「正直、チケットが本当に売れるのか心配でした。ピュアチャイナコースにしたのも純粋に価格と内容のバランスがよかったから。2490円という設定は難しいですが赤字にならなければいいとして、とにかく一度試してみようと思いました」。そんな田中氏が全面的に信頼を寄せたのが、リクルートサイドの営業・制作担当の米本貴久氏だ。「ほんまに売れるの?」という田中氏の疑問や不安を解消するべく、売上計算、500枚で完売という設定など緻密に計算し、チケット内容を提案。万が一、読者がチケット購入に至らなくても、「ポンパレ」サイトをきっかけにインターネット検索が確実に伸び、自然に販売促進に繋がることなどもアドバイス。田中氏は、サイトへの掲載から500枚達成までのやりとりも「スムーズに進んだ」と満足度も高い。実際に「ポンパレ」でチケットを購入して訪れた客層は、30代~40代の女性が中心。通常よりも若干年齢が低くなり、17~18時の予約で女性同士の会食ニーズが増えたという。「お客様には、ポンパレはリクルートが運営しているという点で安心感があることがわかりました。また、来店時に携帯電話会員になっていただき、今後のリピートにつながるよう販促もできています。それに、店舗の賑わい、活気、という点では十分に達成できました」「ポンパレ」では、さらに梅田エリアの活性化を目指し、「ポンパレ」と「ホットペッパーグルメ」を融合させた画期的なサービスをリリース予定。新しいフラッシュマーケティングが飲食業界にどのような影響をもたらすか、今後も注目したい。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 シノワーズ厨花 HEPナビオ店
住所 大阪市北区角田町7-10 HEPナビオ6F ( 阪急メンズ館6F )
アクセス 地下鉄御堂筋線、阪急各線「梅田駅」 から徒歩3分
電話 06-4709-4047
営業時間 ランチ11:00~22:30(L.O21:30)
定休日 不定休(施設の休館日に準ずる)
坪数客数 81坪・88席
客単価 ランチ2000円、ディナー3000円
運営会社 イートアンド株式会社
関連リンク シノワーズ厨花
関連リンク イートアンド株式会社
関連リンク ポンパレ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.