飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

京都に拠点を置くイコンが、旬の野菜料理でキタの女性にアピール 3月3日、NU茶屋町9Fに「FullB(フルブ)」オープン!

fullb_gaikan.jpg-thumb-480x640-509.jpg
NU茶屋町のグルメゾーン9F。同施設には女性をターゲットにしたヘルシー路線の店舗が多く、激戦区ともいえる。
fullb_tennnai.jpg-thumb-480x640-511.jpg
野菜のモチーフがアクセント。京都らしいテイストもある和みの空間。
fullb_mushinab.jpg-thumb-480x640-513.jpg
この日の蒸し鍋の野菜は、京丹波しめじ、水菜、金時人参、九条ねぎ、紫芋、豆苗。
fullb_arakarut.jpg-thumb-640x480-515.jpg
「京漬物盛合わせ」(500円)、「山形県産青大豆 自家製豆腐」(400円)、「椎茸と京の九条ネギグリル」(630円)などアラカルトメニューも充実。特製の器に注目を。
fullb_juce.jpg-thumb-480x640-517.jpg
大根のフルビューティードリンク(530円)。アルコールを入れてカクテル風にもできる。

イコン(京都市下京区、代表取締役・佐野哲也氏)は、「しゃぶしゃぶ温野菜」や「土間土間」などのFC店からスタートし、2006年よりオリジナル業態を開発。京都中心部をはじめ、西院、高槻、大和八木といった郊外エリアに居酒屋「小間蔵(こまくら)」「九州ばってん酒場」「ダイニング かがみ家」「ごきげん えびす」と、次々とオープンさせてきた。2007年には大阪・梅田に初進出。ハービスPLAZA内にベルギービールが楽しめる大人の女性向けの「FLANDERS TALE(フランダーステール)」を、2011年2月には同業態を三宮に出店。男性ターゲットの居酒屋から洗練されたキャリア女性までを取り込む柔軟な業態開発を得意とし、いま勢いに乗る外食企業の一つだ。そして今回NU茶屋町にオープンした「煮野菜と蒸し・鍋 musu×nabe FullB(フルブ)」は、野菜がメイン。野菜ソムリエが選ぶ京野菜をはじめ、甘みと弾力に定評がある長崎島原産の芳寿豚、こだわりのブランド米などの厳選素材を、ヘルシーな蒸し料理や鍋料理で提供する。スーパーバイザーの平林孝一氏に話を伺った。「今回は若い20~30代の女性の利用をイメージし、単価や雰囲気的には『FLANDERS TALE(フランダーステール)』に比べるとカジュアル。梅田周辺の再開発にあたり、弊社としては以前から茶屋町のマーケットに合う業態開発を考えてきたのですが、ようやく『FullB』という形になり、満を持してのオープンとなりました」代表的なメニューの一つが、旬の野菜と芳寿豚(または旬の魚)の「MUSU鍋」(1人前、1600円)。鍋は伊賀の粘土で作った三層からなる特製品で、熱伝性、昇温性に優れ、素材のおいしさを閉じ込めることができる。もう一つのメインは「旬の野菜と芳寿豚のしゃぶしゃぶ」(1人前、1600円)で鍋のだしが特徴的。青大豆の豆乳だし、昆布だし、あごだしと3種から選べ、芳寿豚のロース、バラ、野菜数種、雑炊またはきしめんまで付きボリューム大。このような特製鍋での提供やだしのバリエーションなど、元々しゃぶしゃぶや野菜を扱ってきたイコンだからこそできる内容で他店舗との差別化を図る。「今回の出店にあたり、京野菜の仕入れは独自でルートを構築しました。亀岡にある契約農家と提携し、その時々に一番おいしい素材を紹介していただいています」(同氏)さらにヘルシー志向の女性に支持されそうなのがフレッシュ野菜をミキサーにかけたドリンクで、その名も「フルビューティードリンク」(530円~)。アボカド、水菜、大根、トマト(季節によって変動あり)を、それぞれの野菜に合うフルーツジュースで割って飲みやすく、野菜をまるごと楽しめる。「『FullB』のBとは“ビューティー”の意味であり、メニューの随所に野菜本来のおいしさを味わっていただける工夫を凝らすことができたかと思います。これからの季節は蒸し鍋やしゃぶしゃぶだけでなく煮野菜メニューに力を入れ、せいろ蒸しも登場予定です」今後は、奈良や和歌山などのロードサイド店舗への出店を視野に入れているという同社だが、規模や業態がどうなるのかは立地とそのマーケット次第と、全方向性。次なる展開も驚かせてくれそうだ。

(取材=横田ちはる)

店舗データ

店名 煮野菜と蒸し・鍋 musu×nabe FullB
住所 大阪市北区茶屋町10-12 ( NU chayamachi9F )
アクセス 阪急梅田駅茶町口より徒歩1分、JR大阪駅より徒歩7分
電話 06-6225-7658
営業時間 月~金11:00~15:00、17:00~23:30、土・日・祝11:00~23:30
定休日 無休
坪数客数 32坪・62席
客単価 ランチ1000円、ディナー3000~3500円
運営会社 イコン株式会社
関連リンク イコン株式会社

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.