飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

徳島県知事から「美味しいよ徳島ブランド店」に認定される寿司&海鮮居酒屋「阿波水産」 徳島産をはじめ全国の鮮魚を武器に、月間15000人を集客!

awasuisann_gaikann-thumb-421x300-440.jpg
元ファミリーレストランだった物件を利用。国道沿いに建つ。
awasuisann_itiba.jpg-thumb-696x437-438.jpg
awasuisann_suisou.jpg-thumb-214x285-435-thumb-214x285-436.jpg
毎朝四国沖で獲れた魚介を自社トラックで運ぶ。店内には大きな水槽が。
awasuisan_tennnai.jpg-thumb-615x461-433.jpg
目を惹く大漁旗が、数多く掲げられる店内。
awasuisann_isogayasann,jpg-thumb-1200x1600-442.jpg
ウエストリナ代表取締役の磯谷哲也氏。木津市場や市内の高級すし店への卸業も行っている。

徳島県にて毎朝水揚げされる新鮮な魚介を仕入れ、破格の安さで提供。関西ではなかなか出会えない四国沖の魚介やとびきりの鮮度、毎日変わる商品群と高品質低価格を打ち出した料理が話題となり、大阪郊外のロードサイドで月間15000人を集客。オープンから5年を経てもなお、人気の店が「にぎり寿司 漁師料理 阿波水産 泉北店」(大阪市西区、ウエストリナ、代表取締役・磯谷哲也氏)だ。そのお値打ち感とは、たとえば鳴門海峡の渦潮にもまれて育った「天然真鯛の造り」が780円、徳島産「釣りのノドグロ造り」が880円と、いずれも高級魚の代表格にして1000円以下。さらに、四国特有の魚介を取り揃え6月から旬を迎える最高級赤ウニにいたってはミョウバンに漬ける下処理を行うのが一般的だが、生で使用。通常一箱5000円~10000円の商品を1800円~2980円で提供するなど、本物の味と安さにこだわる。価格はそれぞれ漁獲量によって多少異なるが、甘鯛、活け〆真サバ、サヨリ、イサギなど、近海の地魚を豊富に取り揃え、現在の客単価は、昼980円~1200円、夜2800円~3000円。味の分かる中高年やカップルにも喜ばれ、子供連れでも利用しやすい使い勝手の良さからファミリー層も多く訪れ、大阪郊外のロードサイドで絶大な支持を得る。そんな高品質低価格を実現できるのは、「競りから直接立ち会う」という独自の仕入れ方法にある。通常、競りは仲買人に任せ、発注書通り仲買人から買うのが一般的だが、同社は競りに立ち会う時間を設け、直接入札する事で安価な仕入れを実現している。また、流通面でも市場から発送して輸送コストのかかる市場便には頼らず、自社トラックを導入して独自に輸送することでコストを削減。店舗ではパート・アルバイトの教育に力を入れ、サービスと厨房のオペレーションを強化。カウンター越しの板場に立つ板前のみ職人を採用し、厨房をパート・アルバイトでまかなうことで人件費の削減も行っている。そもそもの出店のきっかけは、徳島出身で魚が大好きな同社の代表取締役・磯谷哲也氏が、安いだけの回転寿司店が増え、業態の飽和状態を感じていたことにある。「もっと新鮮で旨い魚を使った本格的な握り寿司や料理を、低価格で提供できる大型店ができないだろうか?」という思いを抱えていたところ、実弟の昇氏も賛同。「実現すればお客様に喜んで頂き大繁盛するに違いない」と確信し、本格的なにぎり寿司を低価格で、腰を落ち着けて味わう現在の業態を兄弟で構想した。そして、当時まったく外食産業を知らなかった磯谷氏の真っ直ぐで熱い志が形となったのが「阿波水産」の始まり。船出となる一号店は、無謀とも言える150坪・130席の大型店舗で、原価率50~70%の商品も当たり前だったという。「当初、業界関係者には滑稽に見えたことでしょうが、何も知らなかったからこそすべてがお客様目線でできた」と同氏。まわりのスタッフや関係者からの協力にも恵まれ、一丸となって試行錯誤をしてきた結果、徳島県にて水揚げされる朝獲れ鮮魚の仕入れルートや漁師の雇用、輸送コストの削減など、開業当時から前述のシステムを整えることに成功。今では原価率42~45%となったが、「お客様目線で喜んでもらうことを第一に考え、原価率40%がボーダーラインとつねに思っています」と話す。2010年には泉北店から徒歩3分のところに「阿波水産 別館」をオープン。既存店で募ったお客様アンケートの意見を反映した店舗で、38席のこぢんまりとした空間、庭園の見える落ち着いた雰囲気が特徴。心静かに食事ができる「大人の隠れ家」をイメージしている。「これからは、第一次産業の漁師さんたちが安定した収入が得られるように、魚介類のブランド化、ボランタリーチェーンへの卸業、鮮魚中心の物販等を検討中」とのこと。今後も幅広い視野で旨い魚をとことん追求し、“大手外食チェーンにはできないこと”の実現を目指す磯谷氏と「阿波水産」から目が離せない。

(取材=佐藤良子)

店舗データ

店名 にぎり寿司 漁師料理 阿波水産 泉北店
住所 大阪府堺市南区小代360-1
アクセス 泉北高速鉄道泉ヶ丘駅よりバスで10分、南海バス小代常念寺前バス停下車、徒歩1分
電話 072-284-2020
営業時間 11:30~14:30、17:00~23:30
定休日 不定休
坪数客数 150坪・130席
客単価 ランチ1000円、ディナー3000円
運営会社 株式会社ウエストリナ
関連リンク 阿波水産

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.