飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

高級食材オマールエビをリーズナブルに提供!11月10日、神戸を中心に創作ダイニングを展開するBIPが「Kyobashi Euro Dining Omar’s 」をオープン

omaruebi_tannpin-thumb-214x161-174.jpg
「スチームロブスター」(レギュラー/500g)。3~4人でシェアできる大きさだ。
omaru_tennnai.jpg-thumb-214x161-176.jpg
赤と白を基調にしたスタイリッシュな店内。個室も多く、幅広い用途に使える。
omaru_kosu.jpg-thumb-214x161-178.jpg
コースは、飲み放題付き10品3000円~。アニバーサリー向けにケーキがついたプランもある。
omaru_yoshimori.jpg-thumb-480x360-180.jpg
代表取締役の吉森氏。慣例に縛られず柔軟な発想で新業態に着手。

高級食材のオマールエビ(ロブスター)を、破格で提供するお店が京橋に現れた。仕掛けたのは、神戸を中心に創作ダイニングを6店舗展開するBIP(神戸市中央区、代表取締役・吉森賢二氏)。11月10日、吉本興業の劇場「京橋花月」が入る複合商業ビル「KiKi京橋」に「Kyobashi Euro Dining Omar’s 」をオープン。新業態立ち上げの経緯などを代表取締役の吉森氏に伺った。一歩お店に入ると、オマールエビが泳ぐ大きな水槽が出迎える。「そもそも日本人は甲殻類が好き。自分も海老が好きで、オマールエビをメインにした業態はニーズがあるだろうと思った」と語る同氏。「高級食材であるオマールエビをリーズナブルに、いや極限に安く提供したい」と続ける。オマールエビを丸ごと蒸して、素材そのものの甘みを堪能できる「スチームロブスター」(レギュラー/500g)は、2500円。安かろう悪かろうではない。他店では倍の5000円ほどで提供されるような一品だという。「個人的にはもっと下げてもいいと思っている。極端な話、仕入れ値で出してもいいのでは―。これまでの飲食業界の常識にとらわれたくない。オマールエビの原価が高くとも、顧客の満足が得られたらいい。メニュー全体、いや全店舗で利益が確保できていれば問題ないのでは?」。そんな強気の姿勢は、「常にお客様の立場から価格を考える」という同氏のモットーから生まれるもの。もちろん企業努力は欠かさない。仕入れ値を最安にすべく、専門の輸入業者を厳選し大ロットで仕入れている。また店舗は居抜き物件でキッチンはほぼ変えず店内を中心にリニューアル。もちろん光熱費やロス削減といった日常のコスト対策も重視。同氏の信念と企業努力で、良質なオマールエビを破格で提供するに至っている。欧米を中心に全世界で食されているオマールエビ。同氏自ら「ユーロダイニング」と銘打つメニューには、イタリア・スペイン・フランス料理のエッセンスを取り入れた創作料理が並ぶ。「ロブスターのクリーム生麺パスタ~アメリケーヌソース~」(1554円)「ロブスターテールグラタン」(1554円)などはもちろん、前菜からサラダや一品料理、パスタやピザ、そして「和牛煮込みチーズハンバーグ」(1029円)といった本格的なストーブ料理までラインアップ。客単価はランチ1000円、ディナー3000~3500円と気軽に使える設定だ。神戸を中心に和食の創作ダイニングを6店舗手がけるBIPは、2010年4月に大阪(梅田)に初出店した。梅田や京橋、天王寺などで次の候補地を探すうちに、北新地などと比べて京橋は物件数が少なく、賃料が安いことに気付いたという。「物件数が少ない=つぶれる飲食店が少ないという捉え方もできる。京橋は賃料と集客のバランスが取れており、採算性のよい立地なのでは」と分析。今回の出店を決めた。駅から少し歩くとOBPがあり、大阪有数のビジネス街でもある京橋界隈で、20代~40代のビジネスマン・女性客の取り込みをねらう。18歳から飲食業界に入り、2000年に27歳で独立した同氏。2005年に法人化し、これまで年間1店舗ずつ着実にお店を増やしてきた。今後1年でさらに大阪で基盤を固め、ゆくゆくは東京進出を目指しているとのこと。独自の経営センスで突き進む同氏が、これからどんな新しいインパクトを業界にもたらしてくれるのか。目が離せない。 

(取材=箱部 佐知)

店舗データ

店名 Kyobashi Euro Dining Omar’s オマール KiKi京橋
住所 大阪府大阪市都島区東野田町1-6-22 KiKi京橋4F
アクセス JR・京阪京橋駅から徒歩5分
電話 京橋駅から徒歩5分
営業時間 17:00~23:00(L.O.料理22:50/ドリンク23:00)
定休日 無休
坪数客数 50坪・80席
客単価 ランチ1000円、ディナー3000~3500円
運営会社 株式会社BIP
関連リンク 株式会社BIP
関連リンク Kyobashi Euro Dining Omar’s オマール KiKi京橋(食べログ)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.