飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

「蕎麦しのぶ庵」を展開するエムアンドエムフーズが、9月29日、本格派スペインバル「Massa Vamos」をなんばにオープン!

massa_gaikan.jpg-thumb-856x571-109.jpg
前面ガラス張りで、テラス席もある開放的な店舗だ。
massa_naikan.jpg-thumb-783x555-111.jpg
貸切りパーティーにも対応し、パーティーメニューはコースで3500円から。
massa_tapas.jpg-thumb-679x451-113.jpg
タパスは一皿280円から。
massa_food.jpg-thumb-910x622-115.jpg
定番の魚介のパエージャが2500円(2~3人前)。ボトルワインは2500円。
massa5-thumb-649x527-117.jpg
エムアンドエムフーズ代表の大橋正伸氏。ラジオ関西AM558『大橋正伸の、夢は叶う!』(毎週木曜日21:40~22:00)で、パーソナリティも務める。

創業以来「蕎麦しのぶ庵」「うどん しのぶ庵」「天ぷら あっぱれ天風」などの和食系店舗をチェーン展開してきたエムアンドエムフーズ(大阪市中央区、代表取締役 大橋正伸氏)がなんばにスペインバル「Massa Vamos」をオープンした。これまでの和食系から、なぜ突然スペインバルを?という質問に、「一番に自分がすごくスペイン料理が好きなんですよ」と大橋氏。以前から自分自身が通いたいようなスペインバルがあればと思っていたとのこと。そこに周りの人からのアドバイスと現在の物件への誘いがあり、立ち上げが決まった。コンセプトは“本格的なスペイン料理をカジュアルに”。「美味しいスペイン料理とスペインという情熱的で明るい文化とを使って、ここを人と人が繋がる空間にしたい」と大橋氏。早朝から深夜まで人が動き集まる最高の立地だが、周辺は路地裏の小さい店舗が多く、同店のような規模の路面店がこれまでなかった。「周辺地域のコミュニティの場として発展させることができれば」と同氏は語る。「今世の中が求めているのは、美味しい、安い、オシャレ。それを守っていれば間違いはない」。そう言う大橋氏が、今回のMassaの立ち上げに際し、一番考えたのは「その上で自分自身が足を運んで食べに行く店かどうか」。これまでは、立地や採算など客観的視点のみで出店計画を考えていたため、自分自身の考えを入れることは単なる自己満足だと考えていた。しかし、Massaは自分自身もユーザーであるという観点に立ち戻って、コンセプトから店舗内装の詳細にまで関わった。メニューは、各種タパスのほか、「マッシュルームのアヒージョ」(680円)、「ソーセージとキノコのトルティージャ」(680円)、炭火焼料理として、「イベリコ豚」(780円)、「ホタテ」(480円)、「骨付き仔羊」(980)など。お薦めは本格派のパエージャで「魚介のミックス」(2500円/2,3人前)、「バレンシア風」(2600円/2.3人前)。ドリンクは、生ビールが380円、グラスワイン赤・白(480円)、ボトルワイン(2500円)など。大橋氏いわく、「去年までは、蕎麦しのぶ庵の三代目として、先代が築いてきたものを守る経営だった。好きなスペイン料理でMassaをオープンした今年、自身の色を出す経営に移行したと思う」。同氏は今年、同社を経営してきた経験から得たことをまとめた著書『夢を語れば、夢が広がり加速する!』を出版。講演活動などで後進の育成にも力を入れており、「人は誰でもやればできるということを多くの人に伝えたい」と熱く語る。コラム執筆やラジオ番組出演などもこなし、スタッフのモチベーションアップ研修や、子ども達に対する食育にも活動分野を広げている。オープン3カ月後にあたる1月の売り上げ目標を、1000万に掲げている同店。来年春には、2号店である「Massa Bonita」を阿倍野区天王寺にオープンすることがすでに決定しており、今後の展開が楽しみだ。

(取材=西村公美子)

店舗データ

店名 スペインバル Massa Vamos
住所 大阪市浪速区難波中1-17-11 フレイザーレジデンス南海大阪1階
アクセス 地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩3分
電話 06-6636-0039
営業時間 7:00〜11:00(L.O.12:00)
定休日 無休
坪数客数 40坪・78席
客単価 昼900円 夜2800円
運営会社 有限会社エムアンドエムフーズ
関連リンク エムアンドエムフーズ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.