飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

神戸発のオベーションプラスが99円タパスとチョイスクッキングで大阪進出! 9月17日北浜に「トラットリア酒場 ピグボッテ」をオープン!

pigbotte_gaikan_101019-thumb-640x480-27.jpg
ビビッドなオレンジが目を引く外観。
pigbotte_yasai_101019-thumb-640x480-29.jpg
“チョイスクッキング”は選んだ野菜の値段+調理代金315円で好みの料理に。
pigbotte_tennai_101019-thumb-512x362-31.jpg
店のシンボルキャラクターをタイルで描いた大テーブルでは立ち飲みもできる。
pigbotte_mr-umemura_101019-thumb-499x622-33.jpg
オベーションプラス代表の梅村雄士氏。「この店が、北浜界隈で暮らす方々や働くみなさんのコミュニティの場になれば」と語る。

夜景の見えるラグジュアリーなダイニングラウンジ「リベラルオリエンテ」やリーズナブルなイタリアンバール「バルザル」など、神戸で5店舗を運営するオベーション プラス (神戸市中央区、代表取締役 梅村雄士氏)が、9月17日大阪北浜に「トラットリア酒場 ピグボッテ」をオープンした。北浜は大手証券会社や銀行、製薬会社が建ち並ぶオフィス街。ランチタイムは周辺のサラリーマンで賑わい、大阪証券取引所1階にある高級イタリアン「ポンテベッキオ」をはじめ、客単価5000円以上のイタリアンやフレンチが立ち並ぶレストラン激戦区でもある。また2008年、54階建ての商業施設複合型レジデンス、通称“北浜タワー”が建設され、高級マンションの新築が続く富裕層の居住地域としても注目を浴びているエリア。周辺飲食店は、証券マンや富裕層が出入りする小規模高級店が多いなか、60坪80席と比較的大きな箱で展開する同店。99円均一のタパスを前面に押し出し、熊本や兵庫から直送した野菜と調理法をお客自ら選んで注文する“チョイスクッキング”で、リーズナブルに新鮮な野菜料理を提供する。「99円はキラーコンテンツ。でも単なる引き込み動線で、メインは“チョイスクッキング”」と話す梅村氏。狙いはお客を巻き込んだオペレーション。「高級店に月1回通うよりも、月5回通ってもらう。地域のコミュニティの場を目指したい」と梅村氏は同店の将来像を語る。エントリーとなる99円タパスの他に、「丸鶏の香草焼き」(Half810円、Full 1344円)、「ホタテとサーモンの焼きリゾット」(1029円)などのココット料理、「有機野菜の鉄板味噌バーニャカウダ」(714円)、「キノコの鉄板アヒージョ」(504円)などの鉄板料理がある。ドリンクは、生ビールが409円、ハイボール(346円〜)を13種取り揃え、特にソフトドリンクに関しては、ポットティー(504円)を用意し、お酒の飲めない女性や、“夜カフェ”使いを想定している。ランチも500円〜とリーズナブルだ。「色んなシーンに合うように」と考えられたバリエーションのあるメニュー構成は、この場所が決まってから考えたそう。大阪への出店計画のため、昨年から出店場所を探していたが、今回の出店場所に出会い、店舗ありきで同社が新たに業態を作り上げた。広い店舗を逆手に取ってエリアごとに様々な使い方をしている。適度な仕切りの配された壁際テーブル席、店舗名にもある樽を意味する“ボッテ”をテーブルの足に使った同店のシンボル的大テーブルには気軽に腰掛けられる腰高のスツール、テラスにも樽のテーブルとスツールを設置。「利用動機の間口をとことん広げたい」という梅村氏の考えが店舗内随所に感じられる。格安狙いのサラリーマン、野菜を楽しみたい女性客、日常使いにしたい北浜アッパー達。確かに客層は豊富だ。同店の売上目標は月額500万円。同社の今後としては、これまで神戸で展開してきたリーズナブルなイタリアンバール「バルザル」を2店舗大阪にオープンさせたいと計画しているそう。これから続く大阪への出店計画の足がかりとして、同店は注目される存在となりそうだ。 

(取材=西村 公美子)

店舗データ

店名 トラットリア酒場 ピグボッテ
住所 大阪市中央区今橋1-4-1 モンサンミッシェル北浜1F
アクセス 地下鉄堺筋線北浜駅3番出口より徒歩3分
電話 06-6204-3535
営業時間 ランチ11:00〜15:00 ディナー17:00〜24:00
定休日 不定休
坪数客数 60坪・80席
客単価 昼700円、夜2300円
運営会社 株式会社 オベーション プラス
関連リンク オベーション プラス
関連リンク ピグボッテ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.