飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

ヘッドライン

バールが立ち並ぶ天満屈指の勝ち組店「ラヴワイン」 飲食店経営未経験から躍進中の代表・東口氏の戦略とは!?

luvwine_gaikan_101019-thumb-640x480-1.jpg
施設再生の起爆剤となっているDDハウス店。店舗間口の広さやオープンスペースも使える点が東口氏の理想に叶った。
luvwine_wine_101019-thumb-640x480-3.jpg
ワインは、A、B、C、Sの4クラスで、ボトル1800円(グラス600円)~1万円(1800円)。ランチのワインはなんと無料で提供中。
luvwine_zensai_101019-thumb-640x480-5.jpg
前菜5種盛りあわせ(980円)。アンティパストから、魚介や国産牛のメイン料理、厳選ハムやサラミなどフードも多数。プロシェット(串焼き料理)は380円から。
luvwine_tennai_101019-thumb-640x480-7.jpg
店内はカウンター席とテーブル席があり、ラグジュアリーにもカジュアルにも使える雰囲気。
luvwine_mr-higasiguchi_101019-thumb-807x1076-9.jpg
セブンシーズ代表の東口浩二氏。

ここ数年のうちに、バール激戦区の様相を呈している天満界隈。このエリアにあって連日満席で賑わう10坪ほどの小さな店がある。赤いファサードとオープンエアの開放感が印象的な「luv wine(ラヴワイン)」だ。運営するのは、セブンシーズ(大阪市北区天満、代表取締役・東口浩二氏)。まだ天満界隈でバールが皆無だった2006年10月に、「ぷらら天満」近くにラヴワインを立ち上げ、2009年12月に四ツ橋店、2010年6月にDDハウス店をオープン。現在では、大阪市内はもちろん、東京の大型商業施設からもテナント出店の声がかかる人気店に成長した。とはいえ、東口氏は飲食経営ついてはまったくの素人でゼロからの出発。今回は、その躍進の裏側を探った。まずは、東口氏の経歴に注目したい。高校を卒業後、大手自動車メーカーに就職するも一年ほどで退職。その後は「ワーキングホリデーを利用しながらアメリカやオーストラリア、アジア各国をウロウロ。金がなくなったときは真珠の養殖場で働いたりもしました」。25歳で帰国した後は、ホテルのフロントやビジネス英語スクールの営業などを経験。一方、かねてから独立志向が強く、旅先で飲んだ各国のワインを手頃な価格で楽しんでもらいたいと35歳のときに飲食店の立ち上げに乗りだす。経営ノウハウは、大阪市主催のセミナーなどに通いながら身に付けた。ラヴワイン天満店の成功の秘訣とは?の問いに、同氏はこう話す。「当時の天満は立ち飲み店や韓国料理などが多く、“ワインなんて飲むやつおれへん”と反対されたエリアでした。でも、よくよく調べれば地元のスーパーではワインが頻繁に売れている。ワインを飲む人が近くにいるということだし、繁盛している店があり人通りも多いことから、“(店を)出したらいける”と思いましたね。あとは、圧倒的な商品力とスタッフのサービスレベルの高さだと考えています」。ワインはつねに10社ほどの卸会社と取引し、それぞれから提案を受けて同氏が厳選。フランスワインが登場した翌週はスペインと、産地を週代わりで変えるアイデアでリピーターを増やすことにも成功した。さらには、「おそらく大阪ではほかにない安さ」(同氏)という低価格を実現。一般的にグラス一杯1000円以上するワインを500~600円で提供し、ワイン好きの若年層はもちろん、高級志向の熟年層、宅飲み派のニーズも取り込んだ。スタッフにはソムリエのような知識よりも、あくまでお客目線の気持ちのよい接客を求めた。これを同氏は「大手コーヒーチェーンのようなワインバールにするため」と表現するが、特定の人材に依存せず多店舗展開できるよう想定してのことだ。そうして、天満店の売上はオープン半年後には5倍となった。今後について訊ねてみた。「あと2店舗増やし、現スタッフの独立を手助けするセミフランチャイズ化に加えて、東京出店の計画もあります。平行して、ファストフードでの出店や飲食業に特化したITシステムの構築も。とにかく、“いまのまま”というのは考えていないですね」経歴が示すとおり、高い行動力と好奇心をもつ同氏(ちなみに名刺には“昼からワイン推進委員会会長、大阪株式会社プロジェクト推進委員”など多数)。関西の飲食業界に新風を起こしそうなオモロイ社長が、また一人現れた。

(取材=横田 ちはる)

店舗データ

店名 ラヴワイン DDハウス店
住所 大阪市北区芝田1-8-1 DDハウスB1
アクセス 阪急梅田駅から徒歩1分
電話 050-1317-7172
営業時間 11:30~25:00
定休日 無休
坪数客数 23坪・80席
客単価 3000円
運営会社 株式会社セブンシーズ
関連リンク ラヴワイン

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.