飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

特集2

topdesign.jpg

ポンパレ1周年インタビュー

2008年に登場した米国「Groupon」以降、日本でも盛り上がりをみせるフラッシュマーケティング。現在、日本だけでも250以上のサービスがあると言われている。その中でもトップを争う規模にあるのが、リクルートの共同購入サイト「ポンパレ」だ。
「新しい体験、プチ贅沢」をテーマとして、グルメの割引チケットや、ホテル、レジャー、エステなど各種サービスのプレミアムチケットを驚きの価格で提供、期間内に同じチケットの購入希望者が一定数以上集まった場合に格安で購入できる。
2011年7月21日に1周年を迎える「ポンパレ」は、この1年間、どのような取り組み、運営を行いどのような影響をもたらしたのか、特に飲食業界においてポンパレの与えた影響とは。今回は、ポンパレの編集長、前澤 隆一郎氏(リクルート ネットビジネス推進室 ポンパレチーム)と、飲食領域のポンパレ、ホットペッパーを統括するカンパニーオフィサー、岩下 順二郎氏(リクルート カスタマーアクションプラットフォームカンパニー 飲食情報ディビジョン)にお話を伺った。


 

ポンパレについて

【ポンパレとは何かについて、また事前購入型クーポンに参入されたきっかけを、創業した背景も踏まえお聞かせ下さい】
ポンパレバナー.png
「ポンパレ」とは、リクルートが提供している共同購入クーポンサイトです。事前購入型クーポンに参入したきっかけは、海外でフラッシュマーケティングが流行っていたことがあります。日本でも フラッシュマーケティングを用いた共同購入サイトがいくつか出てきた頃、リクルートでは、これまで旅行は「じゃらん」、習い事は「ケイコとマナブ」などそれぞれ媒体が別々だったのですが、ちょうど組織横断でネットビジネスを推進する組織が編成されました。リクルートの持っているアセットを統合する環境が整い、ツイッターやフェイスブックの普及もあって、フラッシュマーケティング参入のタイミングとしては良いと考え、創業にいたりました。(前澤氏)

【飲食店向けにはホットペッパーというサイトを運営されていますが、違いはどんなところでしょうか?】

ポンパレバナー2.pngのサムネール画像既存ホットペッパーグルメは、忘年会や食事会など、目的や日時、人数が決まっている場合に使われています。やはり事前に決まっている食事会を予約する場合は、目的別や値段別で検索できるホットペッパーグルメが使われているようです。
ポンパレは、偶然の出会いを求めるカスタマーが利用しています。こんなお店があった!こんなプランがあった!など、気づきがある買い方をされています。ポンパレを含むeコマース全体的にいえることですが、人数がはっきりしない場合は使わない、少人数、平日での利用が多いです。女性は特に決済してもいいかをツイッターやフェイスブックで確認して購入されているようです。最近は、カスタマーも時と場合によって使い分けができているようですね。(前澤氏)

 

【ポンパレの創業から現在までの規模感についてお聞かせ下さい】

2人ミーティング.JPG1年前のサービス開始当時は、月数千万の規模の事業でした。現在は月数億の規模へと成長しています。(前澤氏)

その中でも飲食は伸びており、取り扱うチケットの半分弱が飲食領域のチケットです。(岩下氏)

【カスタマーが安全に利用できる為にどのような体制と施策を実施されてますか?】

安全性の面では2つあります。まずシステム的なところでは、個人情報はセキュリティのレベルが高い状態で管理していることはもちろん、決済の情報はリクルートでは持たず、決済会社に格納しています。またクレジットだけでなく、Edyやスイカ、楽天でも決済でき、カスタマーの使いやすい決済方法が選択できます。

2つ目に商材については、今までリクルートが培ってきた媒体での経験を生かし、掲載にあたって数段階の審査を経ています。掲載する時点で店舗に問題がないか、商品自体が扱っていいものか、法律的な問題、二重価格ではないかなど、それぞれの担当が別の組織で行っているので、掲載に至っている商材は安心して使っていただきたいです。

さらに、「ポンパレポリシー」という制度をつくり、本来ポンパレはこうあるべきだ!というポリシーに従い、カスタマーに満足いただける商材、仕組みを作っています。まずは買っていただいて、試していただいて、それでもご納得いただけない、「ポンパレポリシー」に反している場合は、サポートデスクに相談いただきたいです。(前澤氏)

【ポンパレを展開することにより飲食業界にどのような影響があるとお考えですか?】

めがねさんインタビュー.JPG今までは、行きつけの店だったり、人から紹介されたお店だったり、あるいは目的を持って検索して探した店にしか出会いのなかったカスタマーが、行ったことのない店に行く「きっかけづくり」にはなっていると思います。実際に私は、ポンパレで新しく出会った店に既に30件は行ったでしょうか。この出会いの効果は大きいと思います。(前澤氏)

カスタマー(お客様)について

【カスタマーについてお聞かせ下さい】

ポンパレ全体では、54%が女性、年齢層は20~40代が中心で、30代が最も多く35%、次いで20代が26%、40代が23%、50代も9%を占めます。(前澤氏)

飲食領域の実感では、ホットペッパーの利用者層が20代中心なのに対して、ポンパレの利用者層は20代後半~50代とホットペッパーよりは年齢層は高く、幅広いです。ポンパレはカード決済のため学生は多くないですね。(岩下氏)

商材によってカスタマーの購入層にばらつきがあり、60代以上を対象にした商材を販売した時もすぐに完売しました。ポンパレの企画は、プランナーが内容や見せ方を、季節感などを取り入れながら企画するので、他では見られないような尖った企画が多く、企画によってカスタマーの購入層も変化します。(前澤氏)


【利用満足度についてお聞かせ下さい】

カスタマーからは、こんな値段でありがとう!と感謝の言葉が入ってきます。具体例としては、半額で食べて、かつ次回来た時の割引券までもらった。など、更なるサービスを受けて大満足した声もあります。利用時に満足した経験のあるカスタマーは、御節などの事件があった後も、自分との判断で使い続けているようです。一方で、共同購入サイトを使ったことがないカスタマーがまだまだ多いのも事実です。(岩下氏)

年末に行ったクライアント満足度調査では、ほとんどのお客様が満足されていました。クライアント様がポンパレに参画している第一の理由は、「ポンパレの話題性により、多くの人に見てもらえる 47%」でした。圧倒的なポンパレの集客力を広告として見て下さっているようです。1日で6000枚のチケットが売れることもある、集客のチャネル力の価値はクライアント様には評価いただいているようです。(前澤氏)


【カスタマーは利用後にリピーターとなることがキーになると思いますが、どのようにお考えですか?】

クライアント様も、ポンパレで来た新規カスタマーがリピーターになるように全力で接客して下さっているようです、この値段でこのサービスありがとう!と満足したカスタマーや、大事にしてくれた感覚を持ったカスタマーは2回目、3回目と再来訪しているようです。(岩下氏)

ページ: 1 2

特集2一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.