飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

編集長コラム

世界発信していく大阪のラーメン店

PROFILE

佐藤こうぞう

今富 信至


フードスタジアム関西創刊の頃から、密かに追っかけているテーマがあります。世界に向けた、大阪発祥・大阪本社の大ラーメンチェーンを追っかけたいと。誕生してもおかしくはないのに、大阪にはあんなにラーメン店があるのに、なぜ特に見当たらないのだろうといつも感じておりました。天下一品は京都府、来来亭は滋賀県、神座は本社が奈良県。関東に負けじと関西でも個性派ラーメン店のOPENが非常に多く感じます。某サイトで検索した店舗数でも、東京のラーメン店は5546店舗、神奈川は2452店舗、大阪は1703店舗。関西はうどん文化がありますが、まだまだラーメン文化には伸びしろがあるようにも感じます。ラーメン店オーナーが多数集まる交流会にはいつも参加させて頂き、色んなお話も伺います。皆さん非常に元気で、情報交換や交流を深めつつ日々競争されておられます。そんな様子を見ていると、来年はいよいよ新しいイノベーションが起こるのでは?と、いつも感じます。先日、関西の話題のラーメン店「金久衛門」の代表・大蔵氏とお会いし、会食の機会がありました。大蔵氏も大阪から大ラーメンチェーンにしたい思いで日々運営されていらっしゃいます。関西だけでなく、もう既に海外にも展開をされています。ラーメンの味だけでなく、オリジナルの展開ノウハウも初期から研究し、FCも含めて出店をされるお店が誕生する予感を感じました。来年は大阪から世界にとどろくラーメンチェーンが生まれる。そんな思いで業界を追いかけたいと思います。

編集長コラム一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.