飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム関西」

編集長コラム

空前の開催ラッシュ!バルイベントが増殖中!

PROFILE

佐藤こうぞう

今富 信至


今年の秋は空前のバルイベントラッシュです。バルイベントとは地域ごとに行われる飲み歩きイベントです。お客さんは5枚前後綴り3000円程度のバルチケットを購入し、開催日にチケットを参加店に渡すと飲み物と自慢の一品で迎えてくれる。以前ヘッドラインでお伝えした京都開催の日本酒イベント”ドロップキック”もその一つです。地域の飲食店オーナーが手を組み、地元活性化の一手として注目が集まっている証拠だと思います。今秋開催として現在こちらで把握しているだけで12イベントありますが、市内だけでなく郊外でも開催されるという情報もありますので、例年と比べるとかなりの数になるでしょう。・一丁目バル・フェスタ(大阪市西区新町一丁目)9月11日(日)12日(月)13日(火)・木屋町こころいきフェスタ 9月22日(木)23日(金)・京橋バル         9月30日(金)・奈良まちなかバル     10月14日(金)15日(土)・野田バル         10月15日(土)・わかやま城下町バル    10月15日(土)・大阪水辺バル2011   10月22日(土)・八尾バル         10月29日(土)・上本町バル        11月5日(土)・福島バル         11月5日(土)・伊丹まちなかバル     11月12日(土)・北浜バル         11月17日(予定)バルイベントだからといってバル・バールのワイン業態のお店ばかりではありません。”バル”を気軽に行けるお店というとらえ方をし、和食店やチェーン店なども参加店として名を連ねています。主体者は行政であったり、地域のリーダー的な飲食オーナー、地元ミニコミ誌運営企業だったりします。当編集部も京橋バルイベント開催にあたり”大阪グランド会議”が立ち上がりましたので参画しております。ひと晩で千人単位の人々が同じエリアに集い、今まで行ったことが無いお店を発見でき、お祭り的な雰囲気も楽しめる。飲食店側はたくさんの方々に知って頂く機会が創出できる。開催への労力はかかりますが、地元がつながりひとつの仕掛けをするのはいいですね。メディアや宣伝頼みの活性化でなく、手を取り協力しあうという原点回帰の活性化ではないでしょうか。木屋町ここいきフェスタは男女の出会いのイベント要素も盛り込まれているようで、これだけ増えてくると単純に飲み歩きできるだけでなく違う楽しみ方ができる要素も必要になってきますね。 

編集長コラム一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM KANSAI All Rights Reserved.